2021年01月22日 05時00分 公開
特集/連載

Windows 10プレビュー版が使える「Windows Insider Program」の利点と課題は?「Windows Insider Program」の基本【前編】

「Windows Insider Program」は一般公開される前のWindowsプレビュー版を利用できるプログラムだ。これを利用することでどのようなメリットが期待でき、どのような潜在的な問題があるのか。

[Brien Posey,TechTarget]

 「Windows Insider Program」は、Microsoftが「Windows 10」のプレビュー版を企業のIT管理者やパワーユーザーに提供するプログラムだ。同社は、企業向けには「Windows Insider Program for Business」を用意している。Windowsの機能更新プログラムを全社配布する前に最新版をテスト環境で試験運用できるため、トラブルを回避したいIT管理者にとって魅力的だろう。ただし利用する場合はバグなどの問題に見舞われる可能性もあるため、問題への対処方法を知っておく必要がある。

Windows Insider Programのメリット

 Windows Insider Programに参加することでWindows 10のプレビュー版「Windows 10 Insider Preview」(以下、プレビュー版)を利用できる。次期Windows 10がどのように変わるかを知り、前もって新機能の使い方を学ぶことができる。

 ユーザーだけでなくMicrosoftもWindows Insider Programによる恩恵を受ける。新しいバージョンを一般向けにリリースする前に、プレビュー版のユーザーからフィードバックを集めることができるからだ。これを基にMicrosoftは報告されたバグを修正したり、不評の機能を改良したりできる。

 このようにWindows Insider ProgramはユーザーにもMicrosoftにもメリットがある。一方で一部の専門家は「“非公式の品質保証プログラム”としての役割が大き過ぎる」と指摘する。Microsoftが自社で担うべき問題発見の役割までユーザーに任せているからだ。

Windows Insider Programのよくある問題

 Windows Insider Programのプレビュー版が機能しない場合の主要な原因として、未発見のバグが挙げられる。プレビュー版にバグが混入することはあるが、それほど頻発するわけではなく、たいていその問題の影響範囲は狭い。とはいえ重大なバグが発生する場合もある。過去には「特定のアプリケーションウィンドウが、時間とともに徐々に小さくなる」というバグが発生した。「JPEG画像がファイル破損しているかのように表示される」というバグが発生したこともある。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news089.png

中小企業のDX支援へ「HubSpot CRM」と「Eight 企業向けプレミアム」が機能連携
名刺情報をコンタクト情報と同期させることでユーザー企業は社員が個別に蓄積してきた名...

news065.jpg

「E-Waste」最新事情 国民一人当たりで最も多くの電子廃棄物を排出しているのは?
マーケターの頭の片隅を刺激するトピックをインフォグラフィックスで紹介。

news154.jpg

「不祥事によって購入・利用意向が下がる」 回答者の6割以上――ネオマーケティング調査
20〜69歳の男女1000人に聞いた、広報のリスク管理に関する調査の結果です。