2021年01月21日 05時00分 公開
特集/連載

Intelは何を間違えたのか? NVIDIA、AMDにかすむ“巨人”の焦りM&Aに乗り出す半導体3社の思惑【第3回】

NVIDIA、AMDなど競合の半導体ベンダーが勢いづく中、Intelの存在が相対的にかすんでいる。かつて支配的な力を誇った“巨人”Intelは、何か間違いを犯したのか。そうだとすれば、何を間違えたのか。

[Ed Scannell, Carol Sliwa,TechTarget]

関連キーワード

AMD | Intel(インテル) | x86 | HPC


 Intelも、AMD(Advanced Micro Devices)やNVIDIAなどのライバルに負けじと企業買収を進めている。2020年11月にはAccessible Labs(cnvrg.ioの名称で事業展開、以下cnvrg.io)を買収したことが明らかになった。cnvrg.ioは、機械学習モデルの構築や運用のための製品を手掛けるイスラエルの企業だ。Intelは、2020年10月にもSigOptを買収すると発表した。SigOptは、機械学習モデルの作成やシミュレーションを最適化する製品を手掛ける。

 AMDとNVIDIAはIntelを追撃する構えだ。だが2019年会計年度の年間売上高ではIntelが約720億ドルであるのに対し、AMDは約67億ドル、NVIDIAは約117億ドルにとどまる。

Intelは取り返しのつかない失敗を犯してしまったのか

 Intelは7ナノプロセスで製造するチップを2020年に市場投入できなかった。製造プロセスにおける問題が遅れの原因だ。AMDやNVIDIAは7ナノプロセスによるチップを既に製品化している。あるアナリストは「Intelが立ちいかなくなるとは予想していない」と前置きをしつつも、「出荷の遅れやお粗末な経営のせいでIntelは劣勢だ」と話す。

 これまでIntelは、悪いニュースに直面してもことごとく復活してきた。だが「この数年は復活するたびに改革が少しずつ小粒になり、革新的ではなくなっている」と、調査会社Nucleus Researchのアナリスト、ニコラス・グリゼル氏は言う。

 Intelは競合他社の積極的な攻勢にあおりを受けているだけではない。Intel設立者であるゴードン・ムーア氏が生み出した「ムーアの法則」が限界に近づいている。x86プロセッサにおける処理性能の向上に制約がある点を、十分補えるだけの魅力的な技術を生み出せていない。Intelは大きな困難に直面している。

 以前のようにプロセッサ市場で支配的な力を維持し、確実に成功を手中に収めることもIntelにはできたはずだ。しかしIntelは、さまざまな製造プロセスを必要とする特殊なデバイスの開発にリソースを分散させてきた。「これではどこにもたどり着けない。Intelは数年でNVIDIAとAMDに追い越される」。調査会社Technology Business Researchでシニア戦略コンサルタント兼主席アナリストを務めるジェフリー・ウォーラコット氏はそう語る。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news089.png

中小企業のDX支援へ「HubSpot CRM」と「Eight 企業向けプレミアム」が機能連携
名刺情報をコンタクト情報と同期させることでユーザー企業は社員が個別に蓄積してきた名...

news065.jpg

「E-Waste」最新事情 国民一人当たりで最も多くの電子廃棄物を排出しているのは?
マーケターの頭の片隅を刺激するトピックをインフォグラフィックスで紹介。

news154.jpg

「不祥事によって購入・利用意向が下がる」 回答者の6割以上――ネオマーケティング調査
20〜69歳の男女1000人に聞いた、広報のリスク管理に関する調査の結果です。