COBOL人材不足の危機【後編】
COBOL技術者“コボラー”がいなくても「脱COBOL」が正解とは限らない訳
COBOLの技術者不足が深刻化する中、COBOLで開発したシステムが稼働する組織で課題になっているのが、既存システムの維持や移行だ。別のプログラミング言語への移行は、必ずしも最適解にならないという見方がある。(2024/7/23)

Computer Weekly日本語版+セレクション
「エンジニアがやる気をなくす」これだけの理由
ITエンジニアは開発現場で何に不満を抱き、やる気をなくしてしまうのか。調査で明らかになった開発現場における懸念や、エンジニアが転職を決意する理由とは。(2024/7/18)

生成AIで変わるコーディング【前編】
AIコーディングと「コード補完」「ローコード」「静的解析」の違いとは?
コーディング支援ツールはAI技術を活用することで、どのように進化してきたのか。「コード補完」「ローコード」「静的解析」などとの違いを踏まえて解説する。(2024/7/12)

ホワイトボックスネットワークの始め方【後編】
「ホワイトボックススイッチ」によるネットワーク刷新のメリットとは?
「ホワイトボックススイッチネットワーク」は、特定ベンダーの製品に依存しないノーブランドのネットワーク機器だ。これを使うメリットや、ネットワーク構成の刷新方法とは。(2024/7/9)

CIプロセスを22分から5分に短縮
数百の開発チームでDevOpsを実現 航空会社があの「CI/CDツール」を選んだ理由
新型コロナウイルス感染症の影響を大きく受けたユナイテッド航空は、旅行需要の変動に柔軟に対処できるよう開発体制を見直した。同社が新しく導入したCI/CDツールとは。(2024/7/5)

GPT-4とは何か?
「GPT-4」や「GPT-4o」とGPT-3の違いとは “OpenAI製LLMの進化”を解説
OpenAIの大規模言語モデル(LLM)「GPT-4」は、「GPT-3」などの同社製LLMとは何が違うのか。GPT-4の主な機能や利用方法を説明する。(2024/7/4)

プロに学ぶ「第三者検証」のすすめ
「バグを憎んで人を憎まず」 安全安心なシステムやアプリの作り方
日々多くのデジタルコンテンツが生み出される今日。セキュリティやバグなどの品質に関わるリスクを減らし、ユーザーに快適に利用してもらえるようにするために企業が取るべきアクションとは。第三者検証の必要性と可能性を考える。(2024/5/23)

生成AIで変化する開発【第2回】
なぜ開発者は「ソースコード自動生成」を素直に喜べないのか?
開発分野における生成AI導入が広がっている。生成AIツールを使うことで開発が効率化することが期待できる一方で、開発者がそれを素直に喜べない事情もある。どういうことなのか。(2024/4/10)

TechTargetジャパンエンジニア読本集
“バグの出にくい”プログラミング言語「Haskell」「PureScript」の基礎知識
堅牢性や再利用性を高め、よりバグの少ないソースコードを作成したいならば、関数型プログラミングの利用を検討しよう。主要な関数型プログラミング言語「Haskell」「PureScript」の概要を紹介する。(2024/4/10)

Appleの“ポスト量子暗号化”技術とは【後編】
Appleが発表した“量子時代”の暗号化技術「PQ3」は何がすごいのか?
Appleが、量子コンピューティングを使った攻撃対策として打ち出した暗号化技術「PQ3」は、どれほどの防御力を持っているのか。セキュリティ専門家に聞いた。(2024/4/4)

Appleの“ポスト量子暗号化”技術とは【前編】
Appleが“量子時代”の暗号プロトコル「PQ3」を早くも採用したのはなぜ?
量子コンピューティングの実用化を見据えて、各種技術の進化が起きている。Appleが打ち出した暗号プロトコル「PQ3」の仕組みと、同社がなぜこの技術を採用したのかを解説する。(2024/3/28)

LLMで変わる開発【前編】
「生成AIでアプリ開発」がもたらす、効率化どころじゃない“根本的な変化”とは
大規模言語モデル(LLM)などのAI技術を用いたアプリケーション開発は、従来の開発と何が違うのか。考慮すべきポイントと併せて解説する。(2024/3/22)

Windowsファイルサーバ移行の方法
サポート切れ「Windows Server 2012」放置はNG サーバ移行に使えるあの方法
Windows Serverのサポート終了後はパッチの提供がなくなるので、使い続けることにリスクが伴う。「Windows Server 2012」でファイルサーバを運用してきた場合、どのような選択が求められるのか。(2024/3/21)

Javaの代替言語Kotlinの魅力【前編】
もうJavaには戻れない? 開発者が「Kotlin」を好きになる5つの理由
幅広い開発に使えるプログラミング言語「Kotlin」は、「Java」に代わる選択肢になる。JavaではなくKotlinを使う理由は何か。その魅力を解説する。(2024/3/19)

RISE with SAPがもたらした亀裂【後編】
SAPユーザーが陥った「SAP製品の未来が見えない“闇”」の真相
先進的な機能の利用には「RISE with SAP」が必要になる――というSAPの発表が、ユーザー企業の間で波紋を呼んでいる。オンプレミスでSAP製品を利用しているユーザー企業の反応は。(2024/2/9)

RISE with SAPがもたらした亀裂【前編】
SAPユーザーの信頼に“暗い影”を落とした「RISE with SAP」を巡る騒動
SAPが新機能の提供に関して打ち出した方針が、ユーザー企業の間で波乱を呼んでいる。ユーザー企業団体が強い懸念を示すのはなぜなのか。(2024/2/2)

HaskellとPureScript【後編】
「PureScript」が「JavaScript」より優れる点、劣る点 開発に役立つのは?
「PureScript」は「JavaScript」に変換されることを目的としたプログラミング言語だ。強力な型システムや型推論といった、PureScriptが備える特徴と、活躍する場面を紹介する。(2024/1/27)

HaskellとPureScript【前編】
「Haskell」は何ができるプログラミング言語? 4つの特徴とは
「Haskell」は、シンプルな構文ながらも強力な型システムを備えるプログラミング言語だ。Haskellが持つ4つの特徴「遅延評価」「不変性」「厳密な型」「モナド」を解説する。(2024/1/20)

Safariを狙う「iLeakage」攻撃とは
MacやiPhoneを標的にする「Spectre」「Meltdown」の亡霊
「iPhone」をはじめとしたAppleデバイスを標的にする攻撃手法「iLeakage」が広がっている。iLeakageはどのような仕組みなのか。ユーザーが気を付けなければならない点とは。(2023/12/15)

iOSはAndroidより安全なのか【後編】
「iOS」でも「Android」でも攻撃される隙を与えない“3大ルール”とは
モバイルOSを利用する際は、どのモバイルOSを利用するかよりも、どのように安全策を講じるかが重要だ。「iOS」と「Android」の安全利用につながる、セキュリティの注意点とは。(2023/11/30)

iOSはAndroidより安全なのか【前編】
「iPhone」が「Android」端末より絶対に安全とは言い切れない理由
モバイルデバイス導入に当たり、企業は安全性を確保するために「iOS」と「Android」の何に着目すればいいのか。どちらが安全なのか答えを出すのは簡単ではないが、セキュリティの観点から両OSを比べてみた。(2023/11/24)

データセンターは生成AIでどう変わるのか【中編】
「生成AI」の活用前に知っておくべき“限界とリスク”
生成AIの導入は、業務を効率化するメリットをもたらすだけでなく、セキュリティやデータセンターに影響を与える可能性がある。具体的にはどのようなメリットとリスクが考えられるのか。(2023/11/22)

Panaya Japan株式会社提供Webキャスト:
SAP S/4HANA 2023への移行でよくある課題とは? 人材不足でも円滑に進める方法
多くの企業が2024年にかけてSAP S/4HANA 2023への移行・アップグレードを計画している。国内50を超えるSAP S/4HANA移行プロジェクトを実施してきた企業が、その経験に基づき、直面しがちな代表的な課題と解決策について解説する。(2023/11/20)

Oracle Databaseの無視できないコスト【前編】
「Oracle Database」のサポート体系が変更 料金への影響は?
Oracleは2023年6月、「Oracle Database」の「19c」よりも前のバージョンにおけるサポートの種類を変更した。Oracle Databaseを運用中の企業に影響はあるのか。Oracleの狙いとは。(2023/11/8)

「vSphere」「ESXi」のサポート終了を乗り切るには【第2回】
VMware vSphereのバージョン6、7、8の違い バージョンアップの利点とは?
「VMware vSphere 6.0」のサポートが終了する。vSphereのバージョンアップをすることでユーザー企業はどのようなメリットが得られるのか。移行先のハードウェア選びのポイントと合わせて説明する。(2023/11/22)

ChatGPTとは何か?
ChatGPTの「GPT」とは? 仕組みや用途など“ChatGPTの基本”を解説
OpenAIが開発したAIサービスの「ChatGPT」は、ユーザーとの対話を基に文章を生成する。ChatGPTはどのような仕組みで動き、どのような用途に役立つのか。基本を説明する。(2023/10/31)

「vSphere」「ESXi」のサポート終了を乗り切るには【第1回】
サポート切れの「vSphere」はなぜ危険なのか? “安定稼働”に油断できない訳
「VMware vSphere」のバージョン6.5と6.7のテクニカルガイダンスが2023年11月に終了する。一見安定稼働しているように見えても、サポート切れのvSphereを使い続けることにはリスクが伴う。そのリスクとは何か。(2023/11/21)

コンピュテーショナルストレージへの期待【第4回】
「コンピュテーショナルストレージ」が“扱いにくい異端児”なのはなぜ?
コンピュテーショナルストレージの利用を考える場合、一般的なSSDなどのストレージとは異なる視点で検討すべき点があり、ストレージの利用に問題を引き起こす可能性がある。その論点を整理しよう。(2023/10/29)

スクラムとカンバンの違い【第3回】
「カンバン」でのアジャイル実践 「スクラム」よりも好まれる利用シーンは?
「カンバン」に沿ったアジャイル型開発は、どのような流れで進むのか。「スクラム」ではなくカンバンを選ぶ方がより良い場合はあるのか。(2023/10/28)

開発や運用における「生成AI」の実力【第3回】
生成AIで「オブザーバビリティ」「レジリエンス」はどう変わる?
生成AIが進化することで、企業のオブザーバビリティ(可観測性)やレジリエンス(障害発生時の回復力)にどのような変化をもたらすのか。専門家の意見を踏まえて紹介する。(2023/10/2)

クラウド時代のバックアップ【第5回】
クラウドバックアップを強化する「PITR」「バージョン管理」とは何か?
「PITR」(Point In Time Recovery)や「バージョン管理」は、クラウドバックアップの強化にどう役立つのか。専門家の意見を踏まえて解説する。(2023/9/29)

脆弱性と戦うGoogle【後編】
「Chrome」の“週1更新”がもたらす安全だけじゃない影響とは?
GoogleはWebブラウザ「Chrome」のアップデート頻度を上げる。この変更がエンドユーザーに与える影響とは。エンドユーザーは何をすればいいのか。(2023/9/14)

脆弱性と戦うGoogle【前編】
人気ブラウザ「Chrome」が“危ない”とGoogleが決断したのはなぜ?
世界的に普及している「Chrome」を狙うサイバー攻撃が激しい。この動きに対抗するため、GoogleはChromeに対してある決断を下した。その内容と背景とは。(2023/9/7)

セキュアコーディングの極意【第6回】
セキュアなアプリケーション開発に求められる「4つの指標」とは?
セキュリティを意識したアプリケーション開発プロジェクトを進めるには、何を重視すればよいのか。プロジェクトを評価するための4つの指標と、リスク要因として懸念すべき事項を紹介する。(2023/8/24)

無線LANの未来はどうなる?【前編】
「無線LANコントローラー」はもう必要ではなくなるのはなぜ?
企業のビジネスの変化に応じて進化してきた無線LAN。今後はどのような変化が考えられるのか。無線LANコントローラーに起こり得る変化とは。(2023/8/14)

「もろ刃の剣」の生成AI【中編】
「生成AIでマルウェア」は作れるか? 攻撃者が目を付ける“悪用手段”のまとめ
ChatGPTをはじめとする生成AIツールは、企業にメリットだけではなくセキュリティリスクをもたらす可能性がある。サイバー攻撃者は、生成AIをどのように悪用しようとたくらんでいるのか。(2023/7/28)

Herokuの「代替PaaS」を比較【第2回】
「Heroku無償プラン」に依存し過ぎた企業が陥る“最悪の末路”
廃止になった「Heroku」の無償プランを利用していた場合、多かれ少なかれ影響が生じることは避けられない。どのような影響があるのか。(2023/6/23)

プログラマーが知るべき「良いコメント」の条件【第1回】
「コメント」の“本当の意味”を誤解していないか?
ソースコードにおいて「コメント」は重要だ。ところが内容や意図が分からないコメントはよくある。書き方によっては、自分が書いたコメントさえ“判読不能”になることも。そもそもコメントとは何のためにあるのか。(2023/6/10)

APIの取り扱いミスが引き起こす問題【中編】
ソーシャルメディア連携ログインに脆弱性 Booking.comはどう乗り越えた?
宿泊施設予約サイト「Booking.com」で、ソーシャルメディアのアカウントによるログイン機能に深刻な脆弱性が見つかった。実際に被害が判明する前に対処を完了させた、サイト運営元と発見者の行動とは。(2023/5/11)

Googleが考える「Go」の未来【第4回】
プログラミング言語「Go」に専門家が渇望する“あの機能”とは?
Googleが示すプログラミング「Go」の改良方針を歓迎する開発者もいれば、物足りなさを感じる開発者もいる。何が議論の的になっているのか。(2023/3/3)

Appleデバイスは「安全」になるのか【後編】
Appleが“安全なデバイス”にいよいよ本気? 新機能で変わる点は
Appleは2022年頃からセキュリティの強化に本腰を入れ始めた。2023年は3つの新しいセキュリティ機能を投入する。攻撃者に対抗するAppleの本気度とは。(2023/3/1)

Appleデバイスは「安全」になるのか【中編】
Appleの肝いり「物理キーでログイン」機能は本当に安全なのか?
Appleは同社製デバイス向けに、物理セキュリティキーを使った認証機能を投入する。ワンタイムパスワードなど他の認証要素と比べ、物理セキュリティキーにはどのようなメリットがあるのか。(2023/2/24)

Appleデバイスは「安全」になるのか【前編】
Appleの安全神話は揺るぎない? セキュリティ“3つの切り札”の中身
Appleは2023年中に、物理セキュリティキーを使用する機能を含め、3つの新しいセキュリティ機能を提供する。Appleユーザーを狙った攻撃が勢いを増している中、どのように安全性を高めるのか。(2023/2/15)

「ChatGPT」は開発者を不要にするか【前編】
衝撃の「ChatGPT」 その可能性と“限界”とは?
公開から1週間で100万人が利用した「ChatGPT」。製品ジャンルとしては「チャットbot」だが、そうした分類にとらわれ過ぎると、ChatGPTの実力を見誤る可能性がある。そもそもChatGPTとは何なのか。簡潔にまとめた。(2023/1/29)

Googleが考える「Go」の未来【第1回】
プログラミング言語「Go」のなぜか話題にならない“あの機能”とは?
Googleはプログラミング言語「Go」をどのように進化させようとしているのか。主な計画の一つが、安全なプログラム開発を支援する“ある機能”の改良だ。それは何なのか。(2023/1/12)

コーディングスキルがいらないIT職8選【第2回】
コーディング不要のIT職「プロジェクトマネジャー」「ソフトウェアテスト担当者」が担う役割とは
コーディングスキルがいらないIT職であるプロジェクトマネジャー」「ソフトウェアテスト担当者」とは何か。それぞれの具体的な業務や必須スキルを解説しよう。(2022/11/30)

無線LANの将来を占う「5大要素」【第1回】
無線LANのコストはなぜ上がり続けるのか
企業の業務に欠かせない無線LANは大きく進化してきたが、さまざまな課題も残っている。無線LANは今後、どうなるのか。その将来を占う。(2022/11/17)

株式会社SCREENアドバンストシステムソリューションズ提供Webキャスト
同義語辞書作成コストを約90%削減、AI技術を利用したナレッジ活用術
ナレッジ活用システムにおける「言葉の揺れ」の解決には同義語辞書が有効だが、作成に膨大な手間がかかることから、効果を認識しつつも取り組めない企業は多い。こうした問題を解決するのが、AI技術を活用したソリューションだ。(2022/11/16)

波紋を広げる、Uberへの攻撃【後編】
Uberへの不正侵入犯が愛用していたロシア発の“あのツール”とは?
Uber Technologiesが「AWS」「GCP」といったクラウドサービスで運用するシステムに、攻撃者が入り込んだことが明らかになった。なぜ、そのようなことができたのか。攻撃者の行動を追う。(2022/11/8)

波紋を広げる、Uberへの攻撃【前編】
犯人はまさかの18歳 若者はUberに「なぜ」「どうやって」侵入したのか
2022年9月中旬、Uber Technologiesの社内ネットワークが攻撃された件について、詳細が明らかになりつつある。「攻撃を実行した」と主張しているのは、18歳の若者。どのようにUberに侵入したのか。(2022/10/25)