2021年01月22日 05時00分 公開
特集/連載

いまさら聞けない「Swift」の基礎 Windowsアプリも作れるApple製オープン言語Apple製OS用プログラミング言語比較【中編】

Apple製OS用アプリケーションを開発可能なプログラミング言語として2014年に登場した「Swift」は、それまで主流だった「Objective-C」と何が違うのか。Swiftの特徴を整理する。

[Kerry Doyle,TechTarget]

 「macOS」「iOS」などのApple製OS用アプリケーションを開発するための代表的なプログラミング言語が「Objective-C」と「Swift」だ。Objective-Cを解説した前編「いまさら聞けない『Objective-C』の基礎 macOS向けレジェンド言語の利点は?」に続き、中編はSwiftの特徴を説明する。

「Swift」の基本をおさらい メリットは

 Appleがオープンソースのプログラミング言語としてSwiftを公開したのは2014年のことだ。Swiftの公開は、Objective-Cのようなプロプライエタリ言語からオープンソース言語への戦略的な転換を示す。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...