2021年01月22日 05時00分 公開
特集/連載

いまさら聞けない「Swift」の基礎 Windowsアプリも作れるApple製オープン言語Apple製OS用プログラミング言語比較【中編】

Apple製OS用アプリケーションを開発可能なプログラミング言語として2014年に登場した「Swift」は、それまで主流だった「Objective-C」と何が違うのか。Swiftの特徴を整理する。

[Kerry Doyle,TechTarget]

 「macOS」「iOS」などのApple製OS用アプリケーションを開発するための代表的なプログラミング言語が「Objective-C」と「Swift」だ。Objective-Cを解説した前編「いまさら聞けない『Objective-C』の基礎 macOS向けレジェンド言語の利点は?」に続き、中編はSwiftの特徴を説明する。

「Swift」の基本をおさらい メリットは

 Appleがオープンソースのプログラミング言語としてSwiftを公開したのは2014年のことだ。Swiftの公開は、Objective-Cのようなプロプライエタリ言語からオープンソース言語への戦略的な転換を示す。

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。