いまさら聞けない「Swift」の基礎 Windowsアプリも作れるApple製オープン言語Apple製OS用プログラミング言語比較【中編】

Apple製OS用アプリケーションを開発可能なプログラミング言語として2014年に登場した「Swift」は、それまで主流だった「Objective-C」と何が違うのか。Swiftの特徴を整理する。

2021年01月22日 05時00分 公開
[Kerry DoyleTechTarget]

 「macOS」「iOS」などのApple製OS用アプリケーションを開発するための代表的なプログラミング言語が「Objective-C」と「Swift」だ。Objective-Cを解説した前編「いまさら聞けない『Objective-C』の基礎 macOS向けレジェンド言語の利点は?」に続き、中編はSwiftの特徴を説明する。

「Swift」の基本をおさらい メリットは

ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

郵送業務を電子化する理由 3位「テレワークへの対応」、2位「業務の迅速化・省力化」で1位は?――リンクス調査
キャンペーンのお知らせや新商品の紹介のダイレクトメールなど、個人宛てに送付する郵便...

news172.png

WACULが「AIアナリストSEO」を大幅刷新 コンテンツ作成×外部対策×内部対策×CVR改善をワンストップで支援
月額30万円でAI技術を活用したコンテンツ制作、約4万サイトの支援データ、熟練コンサルタ...

news150.jpg

SFAツール「Kairos3 Sales」にモバイルアプリ版 訪問営業の生産性向上へ
モバイルアプリ上で、リアルタイムで営業活動の確認・記録が可能になる。