2021年01月15日 05時00分 公開
特集/連載

いまさら聞けない「Objective-C」の基礎 macOS向けレジェンド言語の利点は?Apple製OS用プログラミング言語比較【前編】

Apple製OS用アプリケーション開発で利用される主なプログラミング言語の一つが、オブジェクト指向プログラミング言語である「Objective-C」だ。その特徴を紹介しよう。

[Kerry Doyle,TechTarget]

 Apple製OS用アプリケーションの開発には多種多様なツールやフレームワーク(特定の設計思想に基づくプログラム部品やドキュメントの集合体)、ライブラリ(特定機能を実現するプログラム部品群)を利用できる。開発するプログラミング言語にも選択肢があり、「Objective-C」と「Swift」のどちらかを選ぶことが一般的だ。

 両者の違いは、Apple製OS用アプリケーション開発を取り巻く環境の変化に伴い、明確になってきている。実績と安定性はあるが時代遅れになりつつあるObjective-Cと、新しい機能を提供するSwiftのどちらを選ぶべきなのか。本稿は、この2つのプログラミング言語の歴史、特徴、選択時の考慮事項を解説する。

「Objective-C」の基本をおさらい メリットは

 1980年代に登場したObjective-Cは、Apple製のOS「macOS」用アプリケーション開発のためのフレームワーク「Cocoa」の中核言語だ。Objective-Cは「オブジェクト指向」というプログラミング手法を採用している。オブジェクト指向はデータと、データに対する処理(メソッド)をまとめた「オブジェクト」をプログラムの基本要素とする。

ITmedia マーケティング新着記事

news016.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年9月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

news018.jpg

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。

news162.jpg

テレビと広告とTwitterと人間の脳の関係について、いま分かっていること(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...