2021年01月15日 05時00分 公開
特集/連載

いまさら聞けない「Objective-C」の基礎 macOS向けレジェンド言語の利点は?Apple製OS用プログラミング言語比較【前編】

Apple製OS用アプリケーション開発で利用される主なプログラミング言語の一つが、オブジェクト指向プログラミング言語である「Objective-C」だ。その特徴を紹介しよう。

[Kerry Doyle,TechTarget]

 Apple製OS用アプリケーションの開発には多種多様なツールやフレームワーク(特定の設計思想に基づくプログラム部品やドキュメントの集合体)、ライブラリ(特定機能を実現するプログラム部品群)を利用できる。開発するプログラミング言語にも選択肢があり、「Objective-C」と「Swift」のどちらかを選ぶことが一般的だ。

 両者の違いは、Apple製OS用アプリケーション開発を取り巻く環境の変化に伴い、明確になってきている。実績と安定性はあるが時代遅れになりつつあるObjective-Cと、新しい機能を提供するSwiftのどちらを選ぶべきなのか。本稿は、この2つのプログラミング言語の歴史、特徴、選択時の考慮事項を解説する。

「Objective-C」の基本をおさらい メリットは

 1980年代に登場したObjective-Cは、Apple製のOS「macOS」用アプリケーション開発のためのフレームワーク「Cocoa」の中核言語だ。Objective-Cは「オブジェクト指向」というプログラミング手法を採用している。オブジェクト指向はデータと、データに対する処理(メソッド)をまとめた「オブジェクト」をプログラムの基本要素とする。

ITmedia マーケティング新着記事

news040.jpg

TikTokは若者よりむしろ大人にこそ向いているかもしれないと考えられる理由
TikTok For Businessが「X世代白書〜理由が必要なX世代へ、架け橋を。〜」を発表。若者向...

news084.jpg

2021年の国内動画広告市場は前年比142.3%の成長、コロナ禍の落ち込みから反転――サイバーエージェント調査
インターネットを通して配信される動画広告の年間広告出稿額推計とこれからの市場規模推...

news053.jpg

対Amazon包囲網も? ポストCookieにおけるCriteoの勝算
Criteoが3億8000万ドルでIPONWEBを買収する。サードパーティーCookie廃止はアドテク企業...