名門大学は13万人が利用する「VDI」をどのように構築したのか大学の「VDI」に必要なこと【前編】

仮想デスクトップインフラ(VDI)運用環境を構築したインディアナ大学。13万人のユーザーを支えるVDIの構築と運用の実態は、どのようなものか。

2019年08月07日 05時00分 公開
[Erica MixonTechTarget]
画像

 仮想デスクトップインフラ(VDI)の管理に困難が伴うことはしばしばある。大人数のエンドユーザー、リソースの変動、ライセンスの制約などの要因があると、IT部門の職務はさらに難しくなる可能性がある。

 VDIを導入したインディアナ大学(Indiana University)のIT部門は、それらの要因に日々対処しなければならない。名門州立大学として知られる同校には9つのキャンパスがあり、13万人の学生と2万人の教職員が活動している。20万台のエンドポイントが任意の時間に無線LANに接続する。

 Citrix Systemsの年次ユーザーカンファレンス「Citrix Synergy 2019」では、インディアナ大学で仮想化サービス部門のマネジャーを務めるステファニー・コックス氏が、VDIを中心とした大規模な仮想環境の運用に伴う課題について説明した。IT部門とエンドユーザー両方が利益を享受する手段として、「Citrix Virtual Apps」や「Citrix Virtual Desktops」など、Citrixの仮想デスクトップ管理ツールを使用した取り組みを語った。

エンドユーザーと管理者両方にメリットをもたらす

―― 大きなユーザー基盤で機能させるために、Citrix製品でどのようにVDIを構築したのでしょうか。

ITmedia マーケティング新着記事

news190.jpg

シンフォニーマーケティングが日立グループに「ABM研修特別編」を提供
シンフォニーマーケティングが日立アカデミーと教育プログラムを共同で設計・開発。世界...

news045.jpg

「現金で買い物」は少数派? 意外なポイントの使い道は? 調査で見えたお金への意識の変化
メットライフ生命保険が「全国47都道府県大調査 2024〜社会情勢の変化と将来への備え〜...

news100.png

どこどこJPに「匿名ネットワークアクセスレポート」が追加
Geolocation Technologyは、「どこどこJP」に新機能「匿名ネットワークアクセスレポート...