2019年07月02日 05時00分 公開
特集/連載

Amazon EC2を採用京都大学が基幹系をオンプレミスから「AWS」へ移行した理由

旧式のITインフラやシステムを刷新するに当たり、京都大学は「Amazon Elastic Compute Cloud」(Amazon EC2)を採用した。システムが抱えていた課題は、なぜオンプレミスでは解決できなかったのだろうか。

[大久保 心織,TechTargetジャパン]
画像

 京都大学は基幹システムの運用基盤を、旧来のオンプレミスからAmazon Web Service(AWS)の「Amazon Elastic Compute Cloud」(Amazon EC2)へと移行した。主な目的はシステムの可用性確保と事業継続計画(BCP)/災害復旧(DR)対策だ。同大学でITインフラの運用を担当する永井靖浩氏が、2019年6月12日開催のイベント「AWS Summit Tokyo 2019」で講演した内容を基に、インフラ移行の実例を紹介する。

活断層のそばに立つ大学、急務だったBCP/DR対策の打ち手は

永井氏 京都大学の永井靖浩氏

 2014年から2015年にかけて、京都大学は全学のシステムを1つの施設に集約し、学生と教職員が利用するポータルサイトや業務システムなどを運用していた。一方で学生用・教職員用メールシステムやグループウェアなどの業務アプリケーションについて、利用者からパフォーマンス面への不満が出ていた。

 そうした折、2014年8月に広島県で豪雨による土砂災害が発生、2016年4月には熊本県で最大観測震度7の地震が発生するなど、西日本で大きな自然災害が相次いだ。これらのニュースを受けて京都大学のITインフラ運用における危機感がいっそう募ったという。同大学のメインキャンパスである吉田キャンパスは「花折断層」という活断層付近に位置しており、そこに起因する地震が発生した場合、同大学が甚大な被害を受けることは必至だったからだ。

 これらの問題に対して、可用性の確保と、事業継続計画(BCP)に基づくディザスタリカバリー(DR)を実現するために、京都大学は2017年にクラウドへのシステム移行に踏み切った。

AWSを選んだ理由は

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

社名に「令和」を含む企業は全国で何社ある?――東京商工リサーチ調べ
即位礼正殿の儀を前に新設法人334社、社名変更で97社の「令和」企業が生まれています。

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...