2014年08月04日 12時00分 公開
特集/連載

先生をIT好きに変える一言、IT嫌いを生む話し方――大和中学校 中村純一教諭iTeachersに聞く、IT活用「3つの秘訣」【第7回】

自己負担で購入した「iPad」を授業で活用するなど、積極的なIT活用を進めるのが、佐賀市立大和中学校の中村純一教諭だ。他の教員にIT活用をどう広めるかなどのノウハウを同教諭に聞く。

[神谷加代]

関連キーワード

Apple | 教育IT | iTeachers | 教育 | iPad | Google+ Hangouts


写真 大和中学校の中村教諭

 佐賀市立大和中学校の英語科教員である中村純一教諭は、自費で購入したAppleのタブレット「iPad」10台を授業などの学校活動で活用している(参考:もし“普通の公立中学”がiPadで英語授業を始めたら)。教育の情報化にかけては先進的だといわれる佐賀県にありながら、同校にはタブレットはおろか、無線LANや電子黒板なども十分に配備されていない。「教育の情報化を進めるには、教員や生徒が実機を触ることが第一だ」という自身の考えから、自費購入によるタブレットの授業での活用に踏み切ったという。

 中村教諭は、韓国の教育事情に詳しい“韓国通”でもある。韓国人の教員や研究者とのつながりも多く、親交も深い。Googleのビデオチャット「Hangouts」を使って韓国の学級と国際交流するなど、語学とITを生かした教育活動を積極的に実践している。こうした取り組みは、韓国・ソウル市で開催される年次の教育展示会「e-Learning Korea 2013」で第3位に相当する「the Bronze Prize of Best Paper Award」を受賞するなど、韓国の教育関係者からの評価も高い。

 SNSの「Facebook」に300種以上ものアプリ情報を投稿するなど、アプリやWebサービス、デバイスの知識も豊富な中村教諭。その豊富な知識を基に、佐賀県高度情報化推進協議会主催の情報化セミナーやiPad活用研究会佐賀支部などでの指導を通して、教育現場でのIT活用の推進に貢献している。そんな中村教諭から、教育現場でITの可能性を引き出すための3つの秘訣を聞く。

秘訣1:IT活用を広めるなら「言葉選び」にこだわるべき

ITmedia マーケティング新着記事

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...

news110.jpg

メルカリ調査 フリマアプリで売れる価格は新品の購買意思決定にどれほど影響する?
フリマプリ出品経験者は、フリマアプリでの再販価格が10%上昇すると、新品に支払える上...

news024.jpg

Google検索における2020年上半期の動向 新型コロナの影響でSEOはどう変わる?
新型コロナウイルスの影響が大きかった2020年の上半期ですが、Google検索の動向において...