2014年06月02日 08時00分 公開
特集/連載

“IT嫌い”の先生が変わるたった1つの工夫――神戸大学大学院 杉本真樹医師iTeachersに聞く、IT活用「3つの秘訣」【第5回】

医療教育でのIT活用に積極的に取り組む、神戸大学大学院の杉本真樹医師。IT活用に積極的でない医師までもIT活用の取り組みに巻き込んでいる杉本医師が、IT活用のコツを明かす。

[神谷加代]

関連キーワード

iPad | 教育 | 教育IT | 医療IT


 教育現場でのIT活用を実践する教育者チーム「iTeachers」。そのメンバーの中で唯一、医療の世界に身を置くのが、医師/医学博士の杉本真樹氏だ。現在は神戸大学大学院 医学研究科の特命講師を務め、帝京大学医療情報システム研究センターの客員教授や他大学の講師なども兼務する。

 杉本医師は大学卒業後、帝京大学医学部附属病院の外科や米VA Palo Alto Health Care System(米国退役軍人省パロアルト病院)で医師として勤務。その後、神戸大学で特命講師として医学生の育成に携わる。医療教育でのIT活用に積極的で、患者の内臓データを3次元(3D)画像にする医療画像解析用iOSアプリケーション「OsiriX HD」を使ったり、3Dプリンタを使った特許取得済みの「生体質感造形」技術を使って患者の内臓を模型で再現したりするなど、画期的な指導を実践。これらの新しい取り組みは、医療関係者のみならず、教育関係者の注目も集めている。

 「医療ICTシステム」「手術支援」「低侵襲内視鏡手術」「手術ロボット」など最先端医療技術の研究開発にも幅広く参加し、医学系学術会議で国際11件、国内8件の学会賞を受賞している杉本医師。現在は神戸大学の「生命医学イノベーション創出リーダー養成プロジェクト」などの推進を通じ、科学教育や若手人材育成に貢献中だ。米Appleが「Macintosh」の誕生30周年にちなんで選んだ、重大な影響を与えた先駆者としての30人のクリエイターの1人でもある。

 IT活用が積極的な医療の世界。教育現場との共通点も多く、そこから学ぶことも多いだろう。今回は、医療教育の視点を持つ杉本医師から、教育機関がIT製品/サービスを生かす秘訣を聞く。

秘訣1:ITで“本物”を感じさせる

ITmedia マーケティング新着記事

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...

news110.jpg

メルカリ調査 フリマアプリで売れる価格は新品の購買意思決定にどれほど影響する?
フリマプリ出品経験者は、フリマアプリでの再販価格が10%上昇すると、新品に支払える上...

news024.jpg

Google検索における2020年上半期の動向 新型コロナの影響でSEOはどう変わる?
新型コロナウイルスの影響が大きかった2020年の上半期ですが、Google検索の動向において...