転職先はまさかの赤字状態 期待のCIO「異色のキャリア」とは?大学CIOが取り組む教育機関のDX【第1回】

赤字を発表しつつもIT投資の勢いが衰えない大学がある。この大学でITチームを率いるCIOは異色のキャリアを積んできた。

2023年08月24日 07時15分 公開
[Karl FlindersTechTarget]

 ショーン・グリーン氏は、IT職からマーケティング職に転身後、再びIT職に戻り、英国のイーストアングリア大学(The University of East Anglia、以下UEA)で同校のITチームを率いる最高情報責任者(CIO)を務めている。UEAは2023年に入り、2023〜2024年に3000万ポンドの赤字が見込まれることを公表した。だがIT投資の勢いは衰えていない。

 UEAのCIOに就任する以前、グリーン氏はさまざまな分野で多種多様な経験を重ねてきた。その出発点となったのが、英国ウォーリック大学(The University of Warwick)で取得したITの修士号だ。UEAのCIOという役職を「非常に円熟した職務」だと語る同氏は、どのようなキャリアを歩んできたのか。

異色キャリアが生んだ、期待の大学CIO

 グリーン氏はウォーリック大学を卒業後、英国の大手ガス会社British Gasに就職し、ITの研修を受けながら大卒研修員としてキャリアをスタートした。British Gasに勤務していた時代には、IT分野でアナリストプログラマーとしてさまざまな役割を担い、データベース言語SQLや、Oracleが提供する技術に習熟した。

 その後、英国の保険会社Churchill Insurance(2012年よりDirect Line Insurance Group傘下)に転職し、キャリアの大きな転換期を迎える。当時の同社はスタートアップ(設立後間もない企業)で、グリーン氏は初期メンバー50人の従業員の一人として入社した。

 グリーン氏はChurchill Insurance にIT職の枠で採用されたが、後にマーケティング職に転身する。「Churchill Insuranceは革新的な会社だった」と同氏は当時を振り返る。マーケティング職では、新しい保険商品の投資対効果検討書を策定する業務に携わった。

 マーケティング分野で本格的なキャリアを歩み始めたグリーン氏だったが、1990年代後半に大手保険会社Avivaに転職し、IT職寄りのキャリアに戻った。Avivaでは初代カスタマーマーケティングマネジャーに就任し、「顧客の囲い込み」「抱き合わせ販売」「インサイト(洞察)の提供」を目的に、1500万人に上る顧客のマーケティングデータベースを構築した。この経験をきっかけにグリーン氏はAvivaでデータウェアハウス(DWH)プロジェクトのプログラムマネジャーに起用され、再びIT部門に所属することになった。「この時点でキャリアは振り出しに戻った」とグリーン氏は話す。


 次回は、グリーン氏がUEAに転職した経緯と理由を紹介する。

関連キーワード

CIO | 教育IT


Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news026.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年7月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。

news136.jpg

「Vポイント」「Ponta」と連携したCTV向けターゲティング広告配信と購買分析 マイクロアドが提供開始
マイクロアドは、VポイントおよびびPontaと連携したCTV向けのターゲティング広告配信を開...

news105.jpg

Netflixの広告付きプランが会員数34%増 成長ドライバーになるための次のステップは?
Netflixはストリーミング戦略を進化させる一方、2022年に広告付きプランを立ち上げた広告...