中学生が休み時間でも学びたがる「iPad英単語アプリ」とは?「iTeachers TV」最新番組紹介

休み時間にもかかわらず、生徒が英単語学習をしたくなるというiPadアプリとは? 佐賀市立大和中学校の中村純一教諭が明かします。

2016年04月07日 10時30分 公開
[TechTargetジャパン]

関連キーワード

教育IT | iTeachers | 教育


佐賀市立大和中学校の中村純一教諭 iTeachers TV第41回は第40回に引き続き、佐賀市立大和中学校の中村純一教諭が登場《クリックで拡大》

 公立中学校である佐賀市立大和中学校(佐賀県佐賀市)で英語を教える中村純一教諭は、タブレットの「iPad」をはじめとするIT活用事例に積極的に取り組んでいます。「常に『こんなことできないかな』と考えるようにしている」と語る中村教諭。「失敗は成功のもと」ということわざがあるように、教員であっても生徒であっても「失敗を恐れずにチャレンジすることが大事だ」と強調します。

 チャレンジする内容は、必ずしも自分で考え出したものである必要はないというのが、中村教諭の考えです。実際に同教諭も、交流のある他の教員から得た知識を実践に生かすことも多いといいます。その1つが、iPadで使えるスペル学習アプリケーション「Word Wizard」の活用です。大阪大学の岩居弘樹教授から教わったというWord Wizardは、英文字を並べて英単語を作ると英語で発音する機能を搭載。生徒に好評で、同教諭が休み時間にiPadを持ってくると「Word Wizardをやらせて」とせがまれるそうです。

 週替わりのコーナー「教育ICTなんでも3ミニッツ」には、玉川大学の小酒井 正和 准教授が登場。プログラミング教育に役立つ小型ロボット「Ozobot」を紹介します。Ozobotは、紙やタブレットなどに書いた線の上を走り続けるライントレースロボットです。線の色の組み合わせが「OzoCodes」という制御命令となり、回転させたりスピードアップさせたりといった制御ができます。詳しくは番組をご覧ください。

 TechTargetジャパンの会員登録/ログイン後、下の「同意して閲覧する」(注)ボタンをクリックすると番組が閲覧できます。

注:システムの仕様上「同意して閲覧する」と表示されていますが、クリックや閲覧に伴って第三者へ個人情報を提供することはございません。

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

「ダークパターン」の認知は2割にとどまる――クロス・マーケティング調査
調査会社のクロス・マーケティングが実施したダークパターンに関する調査(2024年)の結...

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。