いまさら聞けない「アプリケーション仮想化」3大方式の違いとは?「アプリケーション仮想化」早分かりガイド【前編】

アプリケーションの配備や管理を効率化する「アプリケーション仮想化」技術には、大きく分けて3つのタイプがある。その特徴や違いを簡単におさらいしよう。

2019年04月29日 05時00分 公開
[Yuuki NishidaTechTarget]
画像

 IT担当者は長年、アプリケーションの配備や管理を効率化するために、仮想化したアプリケーションを配信する「アプリケーション仮想化」技術を利用してきた。レイヤー化をはじめ、アプリケーション仮想化の新しい技術が登場してきている。こうした新技術は、既存技術にあった主要な問題を解消し、より扱いやすくなっている。

 本稿では前後編にわたり、さまざまなアプリケーション仮想化技術とツールをまとめて紹介する。この早分かりガイドで、自社のニーズに最も合う選択肢を見つけていただきたい。前編である本稿では、以下の3種のアプリケーション仮想化技術を紹介する。

  • 画面転送型(SBC:サーバベースコンピューティング)
  • レイヤー化型(アプリケーションレイヤリング)
  • ストリーミング型(アプリケーションストリーミング)

画面転送型

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...