2018年12月07日 05時00分 公開
特集/連載

各方式のメリットや選び方を紹介デスクトップ仮想化やアプリケーション仮想化に踏み切る前に解決したい4つの疑問

企業のIT部門が社内のワークステーションについて決めなければいけないことは2つある。1つは仮想デスクトップの提供方法、もう1つはデスクトップとアプリケーションのホスト方法だ。

[John Powers,TechTarget]
画像 仮想化によるメリットは何か

 仮想アプリケーションと仮想デスクトップを導入すれば、リモートワークステーションの提供が容易になり、IT部門の管理業務がシンプルになる。だがコストなどの要因から、仮想化が必ずしも理にかなっているとは限らない。

 仮想アプリケーションと仮想デスクトップを導入すると、個々人の端末ではなくデータセンターにデスクトップとアプリケーションをまとめて保管できる。そうすることで、システム管理者はユーザーの行動をより直接的に管理あるいは監視でき、イメージを一元的に編集できるようになる。

 企業がアプリケーションとデスクトップの仮想化をしようとした時、IT部門が下さなければならない重要な判断が数多く生まれる。例えばデスクトップをホストする方法や仮想アプリケーションを提供する方法などだ。

なぜ仮想デスクトップを使うのか

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...