2018年12月07日 05時00分 公開
特集/連載

デスクトップ仮想化やアプリケーション仮想化に踏み切る前に解決したい4つの疑問各方式のメリットや選び方を紹介

企業のIT部門が社内のワークステーションについて決めなければいけないことは2つある。1つは仮想デスクトップの提供方法、もう1つはデスクトップとアプリケーションのホスト方法だ。

[John Powers,TechTarget]
画像 仮想化によるメリットは何か

 仮想アプリケーションと仮想デスクトップを導入すれば、リモートワークステーションの提供が容易になり、IT部門の管理業務がシンプルになる。だがコストなどの要因から、仮想化が必ずしも理にかなっているとは限らない。

 仮想アプリケーションと仮想デスクトップを導入すると、個々人の端末ではなくデータセンターにデスクトップとアプリケーションをまとめて保管できる。そうすることで、システム管理者はユーザーの行動をより直接的に管理あるいは監視でき、イメージを一元的に編集できるようになる。

 企業がアプリケーションとデスクトップの仮想化をしようとした時、IT部門が下さなければならない重要な判断が数多く生まれる。例えばデスクトップをホストする方法や仮想アプリケーションを提供する方法などだ。

なぜ仮想デスクトップを使うのか

ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

コロナ禍で「たすけあいの意識」が高まったと回答した人が66.9%――こくみん共済 coop調査
コロナ禍の意外な効用? 人と人との「たすけあい」の気持ちが強くなっているという調査...

news056.jpg

企業コミュニケーションの「ニューノーマル」を語ろう
マーケティングやPRの従事者は今、かつてない難問を突きつけられている。「3密」回避など...

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...