2015年12月03日 12時00分 UPDATE
特集/連載

500人に調査デスクトップ仮想化導入理由の1位は「情報漏えい対策」ではない

TechTargetは約500人のIT/ビジネスプロフェッショナルを対象に「デスクトップ仮想化を使用する理由」について調査。上位4位には半数以上の回答者が挙げた理由が並んだ。調査結果の概略を紹介する。

[Carl Setterlund,TechTarget]
tt_aa_kaigai.jpg TechTargetが2015年に実施したデスクトップ仮想化調査の結果《クリックで拡大》

 デスクトップ仮想化やアプリケーション仮想化を使用する理由としてIT管理者が挙げる要因はさまざまだが、これらの技術が管理を簡素化するという点については、ほぼ全員が同意するはずだ。

 現に、米TechTargetが実施したデスクトップ仮想化に関する調査「2015 Desktop Virtualization Survey」では、デスクトップ仮想化を導入する主な理由の1つとして、回答者の71%が「エンドユーザーコンピューティングの管理を容易にするため」と挙げた。調査に回答した512人のIT/ビジネスプロフェッショナルは他にも幾つか仮想化技術を使用する理由を挙げている。仮想デスクトップインフラストラクチャ(VDI)やアプリケーション仮想化といったリモートアクセス技術は実際、企業に真のメリットをもたらすことができるということなのだろう。

ITmedia マーケティング新着記事

news009.jpg

Google「Pixel 3a」(SIMフリー版)をメルマガ購読者に差し上げます
メールマガジン「ITmedia マーケティング通信」を新規にご購読いただいた方の中から抽選...

news100.jpg

ファンケル、PLAZA、QVC 小売業が自社アプリを持つべき理由とは?
2019年5月15日に開催された「アプリの虎 Vol.4 〜有名企業のアプリ活用最前線〜」におい...

news016.jpg

先進的なCMOを擁する企業は他社より11%高い株主利益を創出――アクセンチュア調査
アクセンチュアは日本を含む世界の大企業のCMOとCEOを対象にした調査を実施しました。