Citrix、VMware、Microsoftを比較 アプリケーション仮想化製品とは?4つの機能から分かる

アプリケーション仮想化製品は、配信インフラ、ホスティング、クライアントアクセス、管理と監視機能といった4つの主要なコンポーネントで構成される。このコンポーネントと、各ベンダーの製品について解説する。

2019年01月08日 05時00分 公開
[Robert SheldonTechTarget]
photo

 アプリケーション仮想化製品のコンポーネントは、製品によって異なる。一般的には、配信インフラ、アプリケーションホスティング、クラウドアクセス、管理と監視の4つのカテゴリーに分類される。

 これらのカテゴリーを必要に応じて組み合わせ、仮想アプリケーションのホスティングや配信、製品全体の管理をする。

配信インフラ

 配信インフラには、IT担当者が仮想アプリケーションをオーケストレーションして、エンドポイントユーザーと接続することに必要なコンポーネントが含まれる。このインフラの中心となるのが、アプリケーションとデバイスの接続を仲介するコントローラーだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news136.png

ジェンダーレス消費の実態 男性向けメイクアップ需要が伸長
男性の間で美容に関する意識が高まりを見せています。カタリナ マーケティング ジャパン...

news098.jpg

イーロン・マスク氏がユーザーに問いかけた「Vine復活」は良いアイデアか?
イーロン・マスク氏は自身のXアカウントで、ショート動画サービス「Vine」を復活させるべ...

news048.jpg

ドコモとサイバーエージェントの共同出資会社がCookie非依存のターゲティング広告配信手法を開発
Prism Partnerは、NTTドコモが提供するファーストパーティデータの活用により、ドコモオ...