2019年01月08日 05時00分 公開
特集/連載

Citrix、VMware、Microsoftを比較 アプリケーション仮想化製品とは?4つの機能から分かる

アプリケーション仮想化製品は、配信インフラ、ホスティング、クライアントアクセス、管理と監視機能といった4つの主要なコンポーネントで構成される。このコンポーネントと、各ベンダーの製品について解説する。

[Robert Sheldon,TechTarget]
photo

 アプリケーション仮想化製品のコンポーネントは、製品によって異なる。一般的には、配信インフラ、アプリケーションホスティング、クラウドアクセス、管理と監視の4つのカテゴリーに分類される。

 これらのカテゴリーを必要に応じて組み合わせ、仮想アプリケーションのホスティングや配信、製品全体の管理をする。

配信インフラ

 配信インフラには、IT担当者が仮想アプリケーションをオーケストレーションして、エンドポイントユーザーと接続することに必要なコンポーネントが含まれる。このインフラの中心となるのが、アプリケーションとデバイスの接続を仲介するコントローラーだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...

news021.jpg

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

news058.jpg

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...