2018年08月14日 05時00分 公開
特集/連載

アプリケーション仮想化ツール選びはここを見よ 重要な6つの検討事項配信方式、アプリの種別、使用感、セキュリティ……

アプリケーション仮想化ツールを選択する際には、使用しているアプリケーションのタイプを把握し、自社に必要なセキュリティのニーズなどを認識しなければならない。6つの重要な検討事項をまとめた。

[Robert Sheldon,TechTarget]

 アプリケーション仮想化製品の市場を調査するに当たって、IT担当者は自社にとって本当に必要な機能は何かを判断しなければならない。最終的には、製品の選択は自社のニーズや自社特有の環境、そしてIT担当者が達成しようとしていることによって決まる。

 アプリケーション仮想化製品について、どれを使用するか決める際にIT担当者がまずやることは、必要な機能を検討し、「必要なアプリケーションを、必要な時に、働く場所にかかわらず、確実に利用させるために必要なものは何か」を見極めることである。ユーザーが個人情報や機微情報を危険にさらすことなくアプリケーションを利用できるようにもしなければならない。

アプリケーション仮想化製品の選択において重要な検討事項とは

ITmedia マーケティング新着記事

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...

news152.jpg

「SFKETO」メンバーが語るMAとSFA連携 レベニュー組織の成果を最大化させるために必要なこととは?
「Marketo Engage」とSalesforceの両方を使う人々が集うコミュニティー「SFKETO(セフケ...