2018年09月17日 05時00分 公開
特集/連載

キャッシュに読み込めばオフラインでも稼働する「Microsoft App-V」で見るクライアント型“アプリケーション仮想化”の仕組み

アプリケーション仮想化の世界は分かりにくい。Microsoft App-Vを詳しく見ることで、クライアント型仮想アプリケーションの仕組みを理解しよう。

[Robert Sheldon,TechTarget]
画像 アプリケーション仮想化を理解する。

 「Microsoft Application Virtualization」(App-V)は、クライアント型アプリケーション仮想化方式を採用している。この方式では、仮想アプリケーションはリモートサーバではなく、エンドポイントで実行される。

 App-Vのようなクライアント型アプリケーション仮想化製品では、アプリケーションは仮想化により、OSおよび他のアプリケーションから分離する。IT担当者は、仮想化製品のサーバソフトウェアと、ユーザーのエンドポイントにインストールした仮想化製品のクライアントソフトウェアにより、仮想アプリケーションの展開と管理をする。

 クライアント型アプリケーション仮想化の特徴とApp-Vの仕組みを詳しく見ていこう。

App-Vとクライアント型アプリケーション仮想化を知る

 クライアント型アプリケーション仮想化は、アプリケーション間の競合や、OSのバージョンの違いによる互換性問題の防止に役立つ。アプリケーションのインストールとアンインストールを簡素化可能で、データセンターで仮想アプリケーションパッケージを作成し、社内全体のコンピュータに配信もできる。個々のコンピュータでインストールプログラムを実行する必要は一切ない。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

SaaS企業として驚異の継続率97% ServiceNowが考える、CX向上にDXが不可欠である理由
「ガートナー カスタマー・エクスペリエンス&テクノロジ サミット 2019」におけるServic...

news134.jpg

「Tableau 2019.2」発表、コミュニティーからリクエストが多かった新機能を多数追加
位置情報に基づく意思決定を支援するベクターベースのマッピング機能も。