2022年06月03日 05時00分 公開
特集/連載

VPNなんて要らない――企業がWANを捨てる4つの事情WANを捨てるべきか、生かすべきか【前編】

企業の間でWANの必要性を見直す動きがある。VPNなど拠点間WANを廃止すればコストも手間も削減できる可能性がある。どのような点を検討しているのか。

[John Burke,TechTarget]

関連キーワード

VPN | ネットワーク


 テレワークの広がりを受けて、企業は以前から利用してきたインフラやITツールの見直しを図るようになった。その中でも重要な判断になるのは、「拠点間を接続するWANは必要なのかどうか」という問題だ。

 これは「『MPLS』(マルチプロトコルラベルスイッチング)ベースのVPN(仮想プライベートネットワーク)を『SD-WAN』(ソフトウェア定義WAN)に移行する」というだけの話ではない。VPNを含めた拠点間のWANを完全に廃止すべきかどうか、という点を企業は検討している。

なぜVPN、WANは要らないのか? 企業に迫る事情

 企業が拠点間のWAN廃止を検討する背景には、次の4つの動きがある。

  1. テレワークを導入する企業は、拠点の必要性を見直す。都市部の場合、複数の拠点を維持し続けるよりも、自宅でのテレワーカーを支援する方がコストパフォーマンスに優れる。
  2. 企業の業務アプリケーションはクラウドサービスに移行している。クラウドサービス接続時のネットワーク遅延を減らすには、SD-WANの制御によって各拠点からインターネットに直接接続する方がよい。
  3. 各拠点にいるエンドユーザーは、セキュリティを一元的に管理する「CASB」(クラウドアクセスセキュリティブローカー)を介することで、安全にクラウドサービスに接続できる。
  4. 各拠点のエンドユーザーが自社データセンターに安全に接続する方法は幾つかある。ポリシーに基づいてユーザー認証を実施する「ゼロトラストネットワークアクセス」(ZTNA)の他、ファイアウォールなど従来のネットワーク機器を介して安全な接続ができる。

 これらの4つの動きを前提にすると、小規模な拠点のWANをMPLSベースのVPNからインターネット回線に置き換えることは可能だ。ZTNAや、ソフトウェアによってネットワーク境界を制御する「SDP」(ソフトウェア定義境界)を利用して、セキュリティと拡張性の向上の両立を目指す企業もある。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

営業デジタル化を加速するクラウド顧客獲得ツール「nocoセールス」でできること
営業の人的リソースが足りない組織が短いサイクルで顧客を効率的に獲得する仕組みを作る。

news007.jpg

富士通の「デジタルセールス」が目指すこと
この連載のタイトルにあるように、富士通はインサイドセールスのことを「デジタルセール...

news154.jpg

ナイキ vs アディダス Z世代の心をつかむアプローチの違い
有名人や人気ファッションブランドとのコラボに加え、環境や社会問題への取り組みなど、...