2022年06月06日 08時15分 公開
特集/連載

Windowsの無料セキュリティ「Defender」シリーズ 主要ツールの違いは?「Windows 10」標準ツールで強化するセキュリティ【第3回】

「Windows 10」が標準搭載するセキュリティツール「Defender」シリーズは、安全にWindows 10搭載デバイスを運用する上での助けになる。Defenderシリーズの主要ツールを整理しよう。

[Ed Tittel,TechTarget]

 Microsoftは「Windows 10」に、さまざまなセキュリティ機能を盛り込んでいる。その代表格が「Defender」シリーズだ。IT管理者が知っておきたい、主要なDefenderシリーズの特徴を紹介する。

Microsoft Defenderウイルス対策

 「Microsoft Defenderウイルス対策」(Microsoft Defender Antivirus)は、Windows 10が標準で搭載するアンチマルウェア機能だ。これはWindows 10にセキュリティ対策や運用の簡易化、迅速化、自動化をもたらす。

Microsoft Defender SmartScreen

 フィッシング(情報を入手する詐欺行為)対策ツールの「Microsoft Defender SmartScreen」は、ダウンロードしたアプリケーションの評判をチェックし、評判が見つからない、あるいは評判が悪いとエンドユーザーに警告する。

Windows Defender Credential Guard

 「Windows Defender Credential Guard」は、パスワードのハッシュ値や、認証方式「Kerberos」で利用する認証情報「Ticket Granting Tickets」といった機密データを、仮想化技術を用いたセキュリティ機能で保護する。こうしたデータへのアクセスを、権限のあるシステムやアプリケーションにのみ許可する。


 Windows 10標準ツールではないが、デバイスのセキュリティ強化には、エンドポイントセキュリティ製品「Microsoft Defender for Endpoint」が利用可能だ。Microsoft以外のベンダーのセキュリティ製品を使うことでも、Windows 10搭載デバイスにおける主要なセキュリティ問題に対処できる。具体的にはAvast Software(2021年にNortonLifeLockが買収を発表)、Bitdefender、Webroot、SophosといったセキュリティベンダーがWindows 10向けのセキュリティ製品を提供している。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

ナイキ vs アディダス Z世代の心をつかむアプローチの違い
有名人や人気ファッションブランドとのコラボに加え、環境や社会問題への取り組みなど、...

news025.jpg

求心力のある変革ビジョンに必要な「PECの工夫」
変革ビジョンの策定に当たっては、その内容もさることながら「決め方や伝え方」に心を配...

news045.jpg

マーケティングDXをけん引するリーダーの役割
デジタルツールとデータを活用することで優れた顧客体験を提供するマーケティングDXの推...