「SSD」のPCIe新世代とは何なのか? NVMeの外せない動きSSDの今後を一歩先読み【前編】

NVMe接続のSSDは、これからどう変わるのか。キオクシアはPCIeの世代移行を見据えて新製品を発表した。アナリストやベンダーの見方は。

2022年06月06日 05時00分 公開
[Adam ArmstrongTechTarget]

関連キーワード

SSD | 半導体ストレージ | ストレージ


 コンピュータと周辺機器を接続するインタフェース規格「PCI express」(PCIe)。フラッシュメモリベンダーのキオクシアが発表したNVMe(Non-Volatile Memory Express)接続SSD、「KIOXIA CD8」(以下、CD8シリーズ)は、PCIeの5世代目である「PCIe 5.0」を採用した。

 調査会社IDCのアナリストであるジェフ・ヤヌコビッチ氏は、「PCIeの規格が新しくなると帯域幅(データ転送速度)が向上し、アプリケーションの通信速度を高めることができる」と話す。PCIeのSSDは、以前はクラウドベンダーによる採用が目立っていた。ヤヌコビッチ氏によれば企業のデータセンターでも利用が一般的になった。

専門家がみる“新しいSSD”の動向

 CD8シリーズは、データセンターのSSDとしては一般的な2.5型のフォームファクター(サイズや形状の仕様)を採用している。インタフェースにPCIe 5.0を使った点が特徴的だ。PCIe 5.0を採用したSSDは、キオクシア製品としては2代目に当たる。

 キオクシアのシニアプロダクトマネジャーを務めるイリヤ・チェルカソフ氏によると、CPUやマザーボードなど、PCIe 5.0に準拠したハードウェアはまだ市場に広く普及していない。チェルカソフ氏によると、各ベンダーによるPCIe 5.0の製品ラインアップが充実し始めるのは、2022年後半になる見込みだ。

 「ほとんどのユーザー企業は『PCIe 3.0』を使用している。『PCIe 4.0』への移行が進行中だ」とチェルカソフ氏は述べる。そうした中でキオクシアは、2022年後半に始まり、2023年に本格化すると考えられるPCIe 5.0の普及期を視野に入れる。

 調査会社TRENDFOCUSのバイスプレジデントを務めるドン・ジャネット氏によれば、SSDを取り扱うほとんどのベンダーはPCIe 5.0の製品をロードマップに入れている。既にPCIe 4.0接続のSSDを採用しているユーザー企業は、徐々にPCIe 5.0に移行するとジャネット氏はみる。その際、CD8シリーズは候補の一つになる。「移行が一斉に進む可能性は低いが、PCIe 4.0からPCIe 5.0への移行は着実に進む」と同氏は予測する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。

news102.jpg

GoogleがIABのプライバシーサンドボックス批判に猛反論 完全論破へ42ページのレポートを公開
Googleは、米インタラクティブ広告協会から寄せられた批判について「多くの誤解と不正確...

news060.jpg

広報担当者の悩みあるある「取材を受けたのに思ったような記事にならないのは何故?」
自社や自社の製品・サービスについて広く知ってもらうためにメディアの取材を増やすこと...