2022年05月26日 05時00分 公開
特集/連載

HDDがこれからも売れ続ける“これだけの根拠”専門家が語る「HDDの運命」【第2回】

記録容量20TBのHDDが登場した。ユーザー企業の反応はどうなのか。HDDベンダーの幹部や調査会社のアナリストに、20TBのHDDの需要について聞いた。

[Adam Armstrong,TechTarget]

 1950年代の登場から60年以上の歴史を持ち、2020年代に入っても広く企業の支持を得ているHDD。だがSSDが普及し、HDDの役割は変わりつつある。今後、どうなるのか。HDDの歴史を振り返った第1回「“HDD不要論”をなくす『20TBのHDD』の衝撃」に続き、第2回となる本稿は20TBのHDDが登場したインパクトを考える。

「問い合わせ殺到」――HDDベンダーがうれしい悲鳴の“謎”

HDDに「大容量」「安い総所有コスト」を求める顧客

ストレージベンダーWestern Digitalのバイスプレジデント(HDD事業部門担当)兼ゼネラルマネジャー、アシュレイ・ゴラクポワラ氏 当社は20TBのHDD製品を市場投入したばかりだ。ストレージ業界では、2022年中に20TBのHDDへの移行が進むとみる。当社の顧客は「より大きな容量」「より高い記録密度」「より安い総所有コスト」を求めている。そのため、20TBのHDDの需要が活性化する見込みだ。

20TB製品への問い合わせが殺到

ストレージベンダーSeagate TechnologyのCTO(最高技術責任者)室シニアディレクター、コリン・プレスリー氏 ストレージ市場の成長はデータセンター事業者に支えられている。データセンター事業者はストレージのイノベーション(技術革新)、つまり20TBのHDD普及のけん引役だ。当社にデータセンター事業者から20TBのHDDに関する問い合わせが殺到している。製品開発部隊は一息つく暇もなく、20TBのHDDの需要拡に応じている。

クラウドベンダーが大量のHDDを購入

調査会社IDCのリサーチバイスプレジデント(インフラシステム、プラットフォームおよびテクノロジーグループ部門)、エリック・バーガナー氏 アーカイブするデータ量の増加がHDDの販売に刺激を与えている。特にクラウドベンダーは大量のHDDを購入する。データアーカイブ用のストレージクラス「Amazon S3 Glacier」を手掛けるAmazon Web Services(AWS)がその一例だ。AWSはAmazon S3 Glacierのユーザー企業から「アーカイブ内のデータが必要になり、数秒で取り出したい」といった要求を受けることがある。そのためAWSは、HDDを使うことでデータを取り出しやすくしている。

 クラウドベンダーは20TBのHDDを採用することにより、必要な購入台数を減らし、アーカイブストレージサービスの価格を抑えている。

2022年に20TB製品の大量出荷が始まる

IDCのリサーチディレクター(HDDおよびストレージテクノロジー部門)、エドワード・バーンズ氏 2022年中頃までに20TBのHDDは大量に出荷されるようになるとみている。2022年末までには18TBの出荷台数に迫り、将来は20TBが出荷台数の最も多いHDD製品になる可能性がある。それを背景に、Seagate TechnologyやWestern Digitalからの大量出荷が見込める。


 第3回は、HDDとSSDを連携させたストレージの仕組みについて専門家のコメントを取り上げる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

営業デジタル化を加速するクラウド顧客獲得ツール「nocoセールス」でできること
営業の人的リソースが足りない組織が短いサイクルで顧客を効率的に獲得する仕組みを作る。

news007.jpg

富士通の「デジタルセールス」が目指すこと
この連載のタイトルにあるように、富士通はインサイドセールスのことを「デジタルセール...

news154.jpg

ナイキ vs アディダス Z世代の心をつかむアプローチの違い
有名人や人気ファッションブランドとのコラボに加え、環境や社会問題への取り組みなど、...