2022年06月01日 05時00分 公開
特集/連載

「SAS接続SSD」が使われ続ける理由とは? “容量30TB”で挑むキオクシアの見解112層×SASで勝負するSSD【後編】

キオクシアは容量30TBのSAS接続のSSDを投入する。業界最大規模の容量を持つSSDを提供するに当たって、キオクシアは何にこだわったのか。SAS市場の今後と併せて考える。

[Adam Armstrong,TechTarget]

関連キーワード

SSD | 半導体ストレージ | ストレージ


 フラッシュメモリベンダーのキオクシアは、SAS(Serial Attached SCSI)の後継である「SAS-4」(24G SAS)をストレージインタフェースに採用したSSD、「KIOXIA PM7」(以下、PM7シリーズ)のサンプル出荷を2022年3月に開始した。同シリーズの最大容量は30TBを超えている。

 「PCI express 4.0」(PCIe Gen4)や「PCI express 5.0」(PCIe Gen5)といった他の高速インタフェースが出回る中で、キオクシアはなぜSASの次世代規格にこだわったのか。PM7シリーズの特徴を見ながら、SAS市場の今後を探る。

なぜ「SAS接続のSSD」が使われるのか? 30TBを出したキオクシアの見方は

 PM7シリーズは、データ転送速度が毎秒4.2GB、ランダムリード(データの位置を指定した読み出し)で最大72万IOPS(1秒当たりの入出力数)を実現する。前世代の「KIOXIA PM6」(PM6シリーズ)に搭載済みの機能の幾つかは、PM7シリーズも搭載した。例えば、

  • 電源喪失時のデータ保護
  • エラーを特定して正しい状態に修正する「誤り訂正符号」(ECC)
  • ダイ(半導体チップ)の障害回復
  • データ転送時のエラーを防ぐダブルパリティ(データ復元のための2種のコードを使用)

などがある。

 セキュリティも同様で、PM7シリーズはPM6シリーズの機能を引き継いでいる。例えば、

  • データの復号を防ぐ「サニタイズインスタントイレース」(SIE)を搭載
  • ドライブ自体を暗号化する「自己暗号化ドライブ」(SED)を搭載
  • FIPS(米国連邦情報処理標準)のデータ暗号化規格に準拠

などの特徴がある。PM7シリーズはPM6シリーズと同じく、データ暗号化規格「FIPS-140-3」の取得を済ませている。一歩進んで最新規格「FIPS-140-3」の認定取得に向けた申請も実施済みだ。

 PM7シリーズはPM6シリーズと同じフォームファクター(外装サイズ)の2.5型を採用。提供モデルは、1DWPD(DWPDは1日当たりの書き込み保証数)と3DWPDの2種がある。容量は1.6TBから30.72TBまでラインアップしている。

 30.72TBは商用化しているSSDとしては最大規模だ。キオクシアでSSDのプロダクトマネジャーを務めるスティーブ・ガーソー氏は「大容量SSDの需要は一部の企業にはあるが、限定的だ」と話す。30TBのSSDに障害が起これば、復旧までに長い時間がかかるリスクのあることが主な理由だ。

SAS-4普及の見込みは?

 SAS-4のSSDの採用は、ガーソー氏が当初考えていたよりも進んでいる。主にサーバとハイブリッドストレージ(SSDとHDDの併用)分野で順調だという。

 インタフェース規格「SCSI」を策定する業界団体SCSI Trade Association(STA)によれば、PCIe Gen4やPCIe Gen5など他の高速インタフェース規格と比べると、SAS-4は話題性に乏しい。だがSASのエコシステム(相互依存関係にある領域)には多様な機器が関係している。コンピュータと周辺機器を接続するホストバスアダプター、RAID(Redundant Arrays of Inexpensive Disks)アダプター、各種のケーブルやコネクター、SSD、HDD、ストレージアレイ、サーバなどだ。この相互依存の関係があるので、SASは今後も多種の機器が使用すると考えられる。

 企業がSASを信頼していることもSASへの関心が継続する理由だとガーソー氏はみる。「需要がなければ、ベンダーはSASの次世代インタフェース搭載の製品を開発しない」(同氏)。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...