2022年05月30日 08時15分 公開
特集/連載

Windowsに無料で付いてくる「Windowsセキュリティ」の“これだけの機能”「Windows 10」標準ツールで強化するセキュリティ【第2回】

「Windows 10」標準搭載の「Windowsセキュリティ」には、さまざまなセキュリティ機能が備わっている。どのような機能があるのか。Windowsセキュリティの基本的な機能をまとめた。

[Ed TittelTechTarget]

 「Windows 10」の標準セキュリティツール「Windowsセキュリティ」(Windows Security)は、脅威からデバイスを守るためのさまざまな機能をそろえる。IT管理者にとって、以下に示すWindowsセキュリティの機能が役立つ可能性がある。

  • ウイルスと脅威の防止
    • マルウェアのスキャン
  • アカウント保護
    • Microsoftサービスの共通アカウント「Microsoftアカウント」(Microsoft Account)での2要素認証
    • 認証機能「Windows Hello」を使ったログイン時の生体認証
    • スマートフォンの物理的な移動を察知して自動でPCをロックする「動的ロック」
  • ファイアウォールとネットワーク保護
    • 認証やアクセス制御を有効にするためのドメインネットワーク(管理下にあるデバイスで構成されたネットワーク)
  • アプリとブラウザーコントロール
    • レピュテーション(評判分析)に基づいた悪質コンテンツのブロック
    • 以下の機能を活用したエクスプロイト(脆弱<ぜいじゃく>性攻撃プログラム)対策
      • アプリケーションを実行するメモリを制限する「制御フローガード」(CFG:Control Flow Guard)
      • メモリ内のデータ専用領域にあるデータをプログラムとして実行するのを防ぐ「データ実行防止」(DEP:Data Execution Prevention)
      • メモリ内のデータ格納領域の位置をランダムに配置する「アドレス空間配置のランダム化」
  • デバイスセキュリティ
    • プロセスをOSやデバイスから隔離して攻撃を受けるのを防ぐ「コア分離」

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

バーガーキングがまた発明 “ワッパー生成AI”でブランドの伝統を現代に
Burger Kingが米国で開始した生成AIを使ったユニークなコンテストは、カスタマイズできる...

news068.png

日本の営業担当者は1日にあとどのくらい顧客と接する時間が欲しい?――HubSpot Japan調査
日本の法人営業担当者は顧客と接する時間を「1日にあと25分」増やしたいと考えています。

news023.jpg

Google「プライバシーサンドボックス」は今どうなっている? ポストCookie代替案の現状を整理する
2024年はいよいよGoogleがWebブラウザ「Chrome」におけるサードパーティーCookieのサポー...