2022年05月21日 10時30分 公開
特集/連載

Windowsに無料で付いてくる「Windowsセキュリティ」とは? その使い方「Windows 10」標準ツールで強化するセキュリティ【第1回】

「Windows 10」搭載デバイスのセキュリティの基礎固めには、Windows 10標準の「Windowsセキュリティ」が有用だ。Windows 10ユーザーであれば無料で使えるWindowsセキュリティの基本的な使い方を紹介する。

[Ed TittelTechTarget]

 Microsoftは、サイバー攻撃に対する「Windows 10」のセキュリティ強化に力を入れている。IT管理者がWindows 10のセキュリティを適切に設定、運用することは、エンドユーザーが安全にPCを利用する助けとなる。そのために活用できるのが、Windows 10の標準セキュリティツール「Windowsセキュリティ」(Windows Security)だ。Windowsセキュリティは、以前は「Windows Defenderセキュリティセンター」(Windows Defender Security Center)という名称だった。

Windowsセキュリティの使い方

 IT管理者はWindowsセキュリティで、Windows 10に関するさまざまなセキュリティ項目を設定できる。Windowsセキュリティを表示するには、

  1. スタート(「Windows」のロゴマーク)
  2. 設定(歯車のアイコン)
  3. 更新とセキュリティ
  4. Windowsセキュリティ

の順にクリックする。

 Windowsセキュリティの管理画面では、以下の項目に関する保護状態が一目で確認できる。それぞれの項目のアイコンに添えられた緑のチェックマークは、セキュリティが健全で良好な状態にあることを表す。

  • ウイルスと脅威の防止
    • マルウェアからデバイスを保護する。
  • アカウントの保護
    • Microsoftサービスの共通アカウント「Microsoftアカウント」(Microsoft account)を保護する。
  • ファイアウォールとネットワーク保護
    • パーソナルファイアウォールの管理と、ネットワークを利用できるエンドユーザーやアプリケーションの設定を実施する。
  • アプリとブラウザーコントロール
    • 有害なアプリケーションやWebサイトからデバイスを保護する。
  • デバイスセキュリティ
    • デバイスに組み込まれたセキュリティ機能を管理する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news041.jpg

2024年の広告業界大予測(無料eBook)
Forrester Researchは2024年を「大手メディアが活気を取り戻す瞬間」としています。マー...

news067.jpg

Xにおける「バレンタイン」を含む言及数は過去4年間で最多だがUGC数は最少 どういうこと?
ホットリンクは、X(旧Twitter)に投稿されたバレンタインに関するUGCについて調査しまし...