2022年05月22日 10時30分 公開
特集/連載

「Windows 11が使えない原因」が一目で分かる「Win11CompChk」とは?「Windows 11」へのアップグレード可否をチェックする【第4回】

既存のPCが「Windows 11」にアップグレードできるのかどうかを確認する際に役立つのが「Windows 11 Compatibility Check」(Win11CompChk)だ。その使い方や機能を説明する。

[Ed Tittel,TechTarget]

 利用中の「Windows 10」搭載PCで、「Windows 11」が使えるかどうかを調べる際に役立つアプリケーションは、Microsoftが提供する「PC正常性チェック」(PC Health Check)だけではない。その代替策として利用可能なWindows 11互換性評価ツールは幾つかある。本稿はその中から「Windows 11 Compatibility Check」(Win11CompChk)を紹介する。

「Win11CompChk」とは? その簡単な使い方

 IT管理者は、ソースコード共有サービス「GitHub」でWin11CompChkを入手できる。Win11CompChkの本体はバッチファイル形式だ。対象のPCの「コマンドプロンプト」「PowerShell」といったコマンド実行ツールで実行する。

 Win11CompChkは、対象のPCがWindows 11のどのシステム要件を満たし、どのシステム要件を満たしていないかを示すリストを生成する(画面6)。チェックを実行するにはバッチファイル「Win11CompChk.bat」が入っているディレクトリでコマンド実行ツールを起動し、このバッチファイルを実行する。

画面 画面6 Win11CompChkは、不足しているシステム要件の情報を詳しく表示する(画面は英語版で、著者が取得)《クリックで拡大》

Windows 10サポート終了に備える

 今回のWin11CompChkを含めて、主要なWindows 11互換性評価ツールには、出力した評価データを保存するエクスポート機能がある。IT管理者が複数の社内PCの評価データを一元管理する場合、後から各PCを識別できるように、マシン名や資産管理IDといった一意の識別子を評価データに記載するとよい。評価データを基に、どのPCがWindows 11のシステム要件を満たしていて、どのPCが満たしていないかを確認できる。

 Windows 11への確実なアップグレードを可能にするには、Windows 11のシステム要件を満たさない古いPCを、要件を満たす新しいPCに刷新することが現実的な手段となる。Windows 10のサポート終了日である2025年10月14日に間に合わなくなる前に、刷新計画を検討するとよい。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news025.jpg

求心力のある変革ビジョンに必要な「PECの工夫」
変革ビジョンの策定に当たっては、その内容もさることながら「決め方や伝え方」に心を配...

news045.jpg

マーケティングDXをけん引するリーダーの役割
デジタルツールとデータを活用することで優れた顧客体験を提供するマーケティングDXの推...

news038.jpg

コロナ禍で変化した採用トレンドとこれからの採用メディア戦略
デジタルシフトで新卒採用の在り方が変化しています。企業と接触するタイミングが早まり...