AIを使いたい金融機関が頭を抱える「データプライバシー」「ツール習得」問題金融業界のAI活用に立ちふさがる課題【後編】

金融業界の企業がAIツールを使いこなすには、解決すべき課題が複数ある。金融業界各社のリーダーが、現場で感じた課題をまとめた。

2022年05月23日 08時15分 公開
[Esther AjaoTechTarget]

関連キーワード

データ分析 | 機械学習


 詐欺検出に人工知能(AI)技術を取り入れたツール(AIツール)を使用する際に「データプライバシー」が障壁となる――。保険会社American International Group(AIG)でシニアプロジェクトマネジャーを務めるベサ・アブラシ氏は、こう指摘する。データプライバシーは、データへのアクセス権限を誰が所有するか、誰がそのアクセス権限を認定するかといった問題だ。

「データプライバシー」問題の回避に必要なもの

 アブラシ氏は「オンプレミスシステムやクラウドサービスといったさまざまなシステム間でデータをやりとりする際には、データプライバシーに関する規制や手続きを順守しなければならない」と話す。金融業界の企業がデータプライバシーの問題を回避できるように、ベンダーはAIツールのインストール場所を自由に選択可能にする必要があると同氏は考える。

 データプライバシーに関する規制は、共有可能なデータの種類をますます厳しく取り締まるようになっている。「氏名だけではなく、何もかもが個人情報として扱われる」(アブラシ氏)

AIツールの習得は手探り

 再保険会社Guy Carpenter & Companyで保険計理人として働くディーン・マーカス氏は「再保険業界でAIツールがさまざまな問題を解決する可能性を秘めている」と語る。一方で複数ツール間の連携、適切なデータの用意、AIモデルのタイムリーな調整といった課題も挙げる。

 「さまざまな課題がある中で、金融機関は競争力を維持するためにAIツールを使用せざるを得ない状況にある」。米銀行Wells Fargoのシニアリードマネジメントオフィサーであるミッシェル・ワン氏はこう語る。

 ワン氏が働くWells Fargoのリスク管理部門は、データ分析にAIツールを使用している。同社はAIツールを導入したばかりで、「使い方を理解する際は、必ず問題に直面していると言っても過言ではない」と同氏は話す。「競争力を維持するには、AIツールの実験をする場を社内に確保する他ない」と同氏は考える。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...