2022年05月15日 10時30分 公開
特集/連載

「Windows 11が使えない理由」を教えてくれる「WhyNotWin11」とは?「Windows 11」へのアップグレード可否をチェックする【第3回】

「Windows 11」へのアップグレード可否を判断する手段は「PC正常性チェック」だけではない。PC正常性チェックが正常に動作しない場合でも利用できるのが「WhyNotWin11」だ。その特徴を簡潔に紹介する。

[Ed TittelTechTarget]

 「PC正常性チェック」(PC Health Check)は、利用中の「Windows 10」搭載PCで、「Windows 11」を利用できるかどうかを調べるのに役立つアプリケーションだ。何らかの理由でPC正常性チェックを利用できない場合、サードパーティーのWindows 11互換性評価ツールの使用を検討するとよい。まずは「WhyNotWin11」を紹介しよう。

「Windows 11がなぜ使えないのか」を教えてくれる「WhyNotWin11」

併せて読みたいお薦め記事

連載:「Windows 11」へのアップグレード可否をチェックする


 PCのアップデートを制御している企業では、PC正常性チェックが正常に機能しないことがある(画面4)。PC正常性チェックアプリを正常に実行できないPCに対し、IT管理者が試してみることのできるサードパーティーツールは幾つかある。

画面 画面4 企業が集中管理しているPCでは、PC正常性チェックアプリを正常に実行できないことがある(画面は英語版で、著者が取得)

 オープンソースソフトウェア(OSS)のWhyNotWin11は、スタンドアロンの「Windows」アプリケーションとして実行できる。ソースコード共有サービス「GitHub」で入手可能だ。

 WhyNotWin11は、対象のPCでCPUやストレージなどのスペックをチェックし、結果をレポートする。Windows 11のシステム要件の一覧を表示し、対象のPCがどのシステム要件を満たし、どのシステム要件を満たしていないかを示す(画面5)。

画面 画面5 WhyNotWin11は、PCがWindows 11のシステム要件を満たしているかどうかを示す。この例ではCPUと、セキュリティデバイス規格「TPM」(Trusted Platform Module)の要件を満たしていないことが分かる(画面は英語版で、著者が取得)《クリックで拡大》

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news180.jpg

電通「2023年 日本の広告費」 総広告費、インターネット広告費は2年連続で過去最高に
電通が「2023年 日本の広告費」を発表しました。主なトピックスを抜粋して紹介します。

news041.jpg

2024年の広告業界大予測(無料eBook)
Forrester Researchは2024年を「大手メディアが活気を取り戻す瞬間」としています。マー...

news196.jpg

アニメ世界の「ワクドナルド」が公式に McDonald'sが日本人アーティストのAcky Bright氏と始めたこと
McDonald'sがアニメやマンガでよく描かれる「WcDonald's(ワクドナルド)」をオマージュ...