「Teamsで電話」をもっと身近にする「Operator Connect Accelerator」とは?Teamsに「Operator Connect」がもたらすもの【前編】

Microsoftは「Teams」で利用可能な電話サービスを充実させようとしている。その肝となるのが、通信事業者向け支援プログラム「Operator Connect Accelerator」だ。その中身は。

2022年05月20日 10時00分 公開
[Mike GleasonTechTarget]

 Microsoftは、通信事業者が自社の電話サービスをユニファイドコミュニケーション(UC)システム「Microsoft Teams」(以下、Teams)で利用できるようにするための支援を強化している。2022年4月、同社は「Operator Connect Accelerator」を開始した。Operator Connect Acceleratorは、Teamsで公衆交換電話網(PSTN:Public Switched Telephone Network)の電話サービスを利用可能にする「Operator Connect」(オペレーター接続)の普及に向けた、通信事業者向け支援プログラムだ。

そもそも「Operator Connect Accelerator」とは何なのか

 Operator Connect Acceleratorにより、MicrosoftはTeamsで利用可能な電話サービスを増やすことを狙う。Teamsのユーザー企業は電話サービスの選択肢が増えれば、より有利な条件で電話サービスを契約できるようになる可能性がある。

 インテグレーター(システムやネットワークの構築会社)の力を借り、通信事業者がOperator Connectを利用する際のハードルを下げることが、Operator Connect Acceleratorの目的だ。インテグレーターはAPI(アプリケーションプログラミングインタフェース)を開発したり、ゲートウェイ装置である「セッションボーダーコントローラー」(SBC)をサービス型で提供したりして、通信事業者が電話サービスをTeamsで利用可能にするのを支援する。Operator Connect Acceleratorに参加しているインテグレーターはAudioCodes、NuWave Communications、Ribbon Communications、SIPPIOなど。

 Teamsの研修サービスを手掛けるEmpowering.Cloudの創業者、トム・オーブスナット氏によれば、MicrosoftはOperator Connect Acceleratorによって2種類の企業の需要に応えることを目指している。Operator Connectを使いたいが技術面のハードルが高い通信事業者と、コミュニケーションシステムの見直しに取り組んでいるTeamsのユーザー企業だ。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)を受けて、Teamsの利用を始めたユーザー企業は少なくない。こうしたユーザー企業がこぞって、従来の電話システムを一掃してコミュニケーションシステムをTeamsに一本化させるプロジェクトを進めていると、オーブスナット氏は説明する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news071.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年2月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。

news102.jpg

バーガーキングが挑む「ハイパーパーソナライゼーション」を支えるすごいチーム
Burger KingのCMOパット・オトゥール氏は、ワッパーのカスタマイズに向けてMedia.Monksと...

news034.jpg

良いメルマガと嫌われるメルマガ 違いはどこにある?
B2Bマーケティングにおけるメルマガ施策は簡単そうに見えて難しいもの。どのようなポイン...