2022年06月19日 09時00分 公開
特集/連載

Windows信奉者がLinuxにはまる兆候「フォルダをディレクトリと呼ぶ」Windowsしか知らなかった人のための「Linux」入門【第4回】

「Windows」ユーザーが「Linux」を利用する上で、Windowsの各要素がLinuxでは何に相当するのかを理解することは重要だ。Linuxの頻出用語「ディレクトリ」「root」が、それぞれWindowsの何に相当するのかを整理する。

[Damon Garn,TechTarget]

関連キーワード

Linux | Windows


 「Windows」で慣れ親しんだ用語が、「Linux」用語では何に当たるのか。こうした用語の関係性を整理することは、OSをWindowsからLinuxへスムーズに切り替えを進める上で役立つ。LinuxとWindowsの主要な8つの違いのうち、6つ目と7つ目を紹介する。

6.ファイルを「ディレクトリ」で管理する

 Linuxは、ファイルを特定のディレクトリ(Windowsのフォルダに相当)に保管する。Linuxが採用する「FHS」(Filesystem Hierarchy Standard)は、ファイル/ディレクトリ管理の仕様を定める標準規格だ。FHSにより、アプリケーションやエンドユーザーは、設定ファイル、ユーザーデータ、システムログファイルなどが、それぞれどのディレクトリに格納されているかを把握できる。

 特に重要なディレクトリは、以下の3つだ。それぞれのディレクトリ名の先頭にある「/」は、最上位のディレクトリである「ルートディレクトリ」を指す。

  1. /etc
    • 設定ファイルを格納する。
  2. /home/<ユーザー名>
    • エンドユーザー固有のファイルを保持する、プライベートのホームディレクトリを示す。
  3. /var/log
    • システムとサービスのログを格納する。

7.管理者アカウントは「root」である

 セキュリティの理由から、どうしても必要な場合を除き、管理者アカウントでのログインは避けた方がよい。Linuxにおける管理者アカウントは「root」だ。rootはWindowsの管理者アカウント「Administrator」に相当し、強力な権限を持つ。そのため不正使用のリスクがある。

 Windowsには特定のコマンドを実行する際に、一時的に権限を昇格させるコマンド「runas」がある。Linuxは、標準アカウントを超える権限を付与するためのコマンド「sudo」を用意する。ドキュメントには、次のようなコマンドが表示されることがある。

sudo systemctl restart rsyslog

 上記のコマンドは、sudoにより標準アカウントから一時的にrootに昇格させた上で、システム管理ソフトウェア群「systemd」の制御コマンド「systemctl」を使用。サブコマンド「restart」により、ログ管理システムである「rsyslog」を再起動させる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...