過去記事一覧 (2024 年)

5 月

/tt/news/2405/16/news07.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

「RPA」が近い将来“オワコン”になる理由

「RPA」(ロボティックプロセスオートメーション)は、近い将来に“オワコン”化する運命にある――。こうした見方があるのは、なぜなのか。RPAが宿命的に抱える“限界”とは。

/tt/news/2405/16/news06.jpg
システムの「万が一」に備える【前編】

いまさら聞けない「BCP」「DR」「インシデントレスポンス」の違いとは

ビジネスを継続するためには、システムをいかに停止させないかが重要になる。そのために欠かせないのが「BCP」「DR」「インシデントレスポンス」だ。3つの違いと、具体的な取り組みとは。

/tt/news/2405/15/news07.jpg
「応募」にも「選考」にも生成AI

生成AI選考で「有能人材」はすぐ売り切れ 採用担当はどう向き合うべき?

生成AIの活用が進めば、採用の分野では「応募」も「選考」もより効率的になると考えられる。その一方で、「AI技術では代替できない業務」も存在する。採用担当者はこの状況にどう向き合うべきか。

/tt/news/2405/10/news04.jpg
大量退職が及ぼす影響【前編】

「ベビーブーム世代」がもう働こうとしない本当の理由

労働力不足に追い打ちを掛けるのが、1946年から1964年に生まれた「ベビーブーム世代」の退職だ。ベビーブーム世代が退職する理由は、定年だけではない。何が本当の理由なのか。

/tt/news/2405/10/news02.jpg
企業が求める“理想の人材”に起こった変化とは【後編】

IT人材として活躍する「ニューカラー」とは何者なのか

デジタル化の取り組みが広がる一方、従業員の離職が目立つようになる中で、企業は「ニューカラー」と呼ばれる人材に注目し始めている。どのような人材なのか。

/tt/news/2405/08/news06.jpg
CIOの採用市場【後編】

IT系の転職で「年収が上がる」のはこんなリーダーだ

CIOをはじめとする上級技術職の収入は、IT市場の不調が続く中でも増加傾向にある。収入アップを実現した人にはどのような共通点があるのか。

/tt/news/2405/08/news02.jpg
AIが現場従業員のストレスの種になる?【後編】

オフィスワーカーではなく現場従業員が「AIへの不安」を感じる“切実な事情”

AI技術の活用が広がる中で、フロントラインワーカー(現場従業員)がさまざまな不安を抱え始めている実態が明らかになった。AI技術は現場従業員の仕事にどう影響を与えようとしているのか。

/tt/news/2405/04/news01.jpg
企業が求める“理想の人材”【前編】

ホワイトカラーでもブルーカラーでもなく「ニューカラー」が期待される理由

ホワイトカラーでもなくブルーカラーでもなく、「ニューカラー」と呼ばれる人材が“人材不足の救世主”として注目を集めている。ニューカラー人材はどのような特徴を持っていて、なぜ期待されているのか。

/tt/news/2404/24/news01.jpg
The FAのCIOに聞くデータ活用と意思決定【後編】

伝統のサッカー協会が実践、ファンを幸せにする「プロダクト志向」の開発とは?

イングランドサッカー協会(The FA)は、CIOクレイグ・ドナルド氏の指揮の下でアジャイル型のサービス開発を推進している。どのような取り組みが進んでいるのか。

/tt/news/2405/01/news06.jpg
CIOの採用市場【前編】

CIOの「平均年収」は上位層で“4000万円”級 業種別、規模別のまとめ

厳しい経済情勢の中でも、最高情報責任者(CIO)の給与は伸びる傾向にあるようだ。ただし、その程度は企業によって差がある。特に昇給を見込める企業の特徴とは。

/tt/news/2405/01/news03.jpg
AIが現場従業員のストレスの種になる?【前編】

「仕事も“あれ”もAIに奪われる」 不安が生まれやすいのはどの業界?

労働現場にAI技術が普及することで、従業員は仕事が楽になると思うどころか、ストレスを溜めメンタルの不調さえ感じる場合がある――。そうした動きがある調査から見えてきた。従業員は何に不満を感じているのか。

4 月

/tt/news/2404/29/news03.jpg
調査会社が指摘する半導体問題

AI人気とGPU需要に「待った」 ハードウェア調達に起きた“ある変化”

人工知能(AI)技術の利用が広がる中で、調査会社Forrester Researchは“AI熱”を抑制する必要があると指摘する。背景にあるのは、ハードウェア調達におけるある変化だ。

/tt/news/2404/26/news04.jpg
“DX人材”育成のためのオンラインコース10選【後編】

“DX人材”としての知識とスキルを習得できる「DXオンラインコース」5選

企業がDXを理想的な形で実現するためには、DXに精通している人材が欠かせない。DXを担う人材にはどのような知識やスキルが求められるのか。それを習得できるオンラインコースを紹介する。

/tt/news/2404/19/news07.jpg
“DX人材”育成のためのオンラインコース10選【前編】

一般従業員からマネジメント層まで 世界の名門大学が贈る“DX人材”研修5選

DXは一朝一夕に実現できるものではない。そのための人材の確保も課題の一つだ。多角的な視点でDXを俯瞰して推進できる人材は、どうすれば育成できるのか。そのために活用できるオンライン研修を紹介する。

/tt/news/2404/17/news03.jpg
The FAのCIOに聞くデータ活用と意思決定【前編】

イングランドサッカー協会が「GCP」の導入と「アジャイル」に積極的な理由

イングランドサッカー協会(The FA)のCIOは自身を「大のサッカーファンではない」と評する。そのような人物はどのようにリーダーシップを発揮し、各チームの監督やメンバーをITでけん引しているのか。

/tt/news/2404/11/news07.jpg
VMware仮想デスクトップ事業の今後【後編】

「VMware製品から“VDI”が消える日」が巻き起こす3つの疑問

BroadcomがVMwareのEUC事業を投資会社に売却すると発表した。ユーザー企業やパートナーは大きく3つの疑問を抱いている。Broadcomはこれらの疑問に答えるべきだ。

/tt/news/2404/10/news02.jpg
AI技術がBPMにもたらす変化【後編】

業務プロセス改善に“とりあえずAI技術”は危険 そのリスクと課題とは

ビジネスプロセスマネジメント(BPM)と人工知能(AI)技術の組み合わせによって得られる価値は幾つもある。しかし運用に際しては注意が必要だ。リスクを正しく理解し、メリットを最大化するヒントを探る。

/tt/news/2404/04/news07.jpg
VMware仮想デスクトップ事業の今後【前編】

BroadcomからVMwareの事業を買収する謎の企業「KKR」の正体

BroadcomがVMwareのEUC事業を投資会社KKRに売却することを発表した。KKRとはどのような企業なのか。VMwareのEUC事業はこれからどうなるのか。

/tt/news/2404/03/news05.jpg
AI技術がBPMにもたらす変化【中編】

AIが業務プロセスの穴を埋め「今までできなかったこと」を可能にする4分野

大きな手間や高度な能力を要求されるために達成できなかった業務も、人工知能(AI)技術のおかげで実現できる領域が広がっている。業務プロセスを未知の高みに引き上げる4つの分野を紹介する。

/tt/news/2404/02/news05.jpg
当たり前ができないセキュリティの現実

「VPNが必須」以前にあれをやっては駄目 テレワークを危険にする“NG集”

テレワークの普及によって従業員の働く場所が多様化し、セキュリティの守備範囲は拡大した。従業員のセキュリティ意識を向上させつつ、社内データへの安全なアクセスを確保するには何をすればよいのか。

3 月

/tt/news/2403/30/news01.jpg
ナレッジマネジメントの基本と主要ツール【後編】

SharePoint以外にもこれだけある 「ナレッジ」を蓄積できるツール5選

従業員が持っている知見や情報を業務改善に生かすに当たり、そのデータを集約し共有できる「ナレッジマネジメントツール」の導入は有効な手段の一つだ。主なナレッジマネジメントツール5個を紹介する。

/tt/news/2403/29/news11.jpg
ハイブリッドワークで生じる“偏見”

完全テレワーカーは昇進させない Dell“異例”決断の背景

Dell Technologiesが、テレワーカーの昇進を制限する方針を打ち出した。なぜ、同社は「昇進機会を奪う」という方法を採るのか。専門家は、テレワークに伴う“ある偏見”の問題を指摘する。

/tt/news/2403/28/news08.jpg
管理職を育てる人事施策【後編】

「会社が変わればリーダーは動く」 管理職を育てる“逆転の発想”とは?

企業が成長を維持するためには、各チームを導く管理職が適切な働きをすることが欠かせない。だが管理職の誰もがうまく活躍できるとは限らない。管理職が育つために、企業には何が必要なのか。

/tt/news/2403/27/news10.jpg
AI技術がBPMにもたらす変化【前編】

AIのおかげで業務プロセスが“劇的に進化しそう”なのは、あの分野

IT活用と業務プロセス改善を組み合わせた手法「ビジネスプロセスマネジメント」(BPM)が、人工知能(AI)技術によって新たな展開を見せつつある。AI技術のおかげで劇的な変化が起きている分野とは。

/tt/news/2403/26/news04.jpg
ナレッジマネジメントの基本と主要ツール【中編】

Confluenceだけじゃない「情報共有」も「ナレッジ生成」もできるツール3選

従業員が積み重ねてきた知見や情報を全社で共有し、業務に活用する「ナレッジマネジメント」を実践するには、ツールを有効に活用することが欠かせない。代表的なツールを3つ紹介する。

/tt/news/2403/09/news03.jpg
暑さ回避か、ビジネス優先か

“気候変動と雇用”どう関係? 猛暑でも「むしろ労働者が増えた」都市も

米国では熱関連死亡数が増えているものの、企業は猛暑問題に冷静な対処をしている。研究者は「企業がリスクのある地域を避け、配置転換をする可能性がある」と指摘。一方、猛暑にもかかわらず雇用が増えている地域もある。

/tt/news/2403/22/news09.jpg
AI技術が上司になった方が幸せなのか

「“AI上司”の方がマシ」とまで思わせる上司のNGアクション

ある調査で「人間の上司よりもAIロボットの上司が優れている」と考えるオフィスワーカーの存在が浮き彫りになった。その理由をひも解くと、従業員が上司に不満を募らせる理由が明らかになる。従業員の本音とは。

/tt/news/2403/21/news07.jpg
鍵はQRコードではなくAQRコード

GPT-4で「視覚障害者の自炊」をサポート ユニリーバはどう実現した?

Unileverが開発した視覚障害者向けの調理支援アプリには、OpenAIのAIチャットbot「ChatGPT」が使われている。食品ブランドの一部で運用が開始したそのサービスは、どのような仕組みなのか。

/tt/news/2403/21/news10.jpg
いつも正解とは限らないクラウドの問題点【後編】

企業がクラウドをやめる理由「オンプレミスとは全然違う“あの事情”」とは

クラウドサービスは、どのようなアプリケーションにも適するわけではない。企業がクラウドサービスへの移行に失敗するのはなぜなのか。それを理解するには、クラウドサービスの特徴を理解する必要がある。

/tt/news/2403/21/news08.jpg
管理職を育てる人事施策【前編】

遅刻常習犯の部下をどう指導すればいい? 新米上司の“あるある”な悩み

管理職になった全ての人が実務とマネジメントの両方をバランスよく実施できるわけではない。管理職としての経験が浅い人材が、管理職としてうまく育つためには何が必要なのか。

/tt/news/2403/20/news01.jpg
経営幹部のソーシャルメディア活用【後編】

偉い人はなぜソーシャルメディアで語るのか “なるほど”な発言例

企業の経営幹部は多忙な毎日を過ごす中で、ソーシャルメディアにたびたび登場して情報を発信することがある。それは企業にプラスの影響も、マイナスの影響ももたらす可能性がある。お手本となる発言を紹介する。

/tt/news/2403/19/news01.jpg
半導体ベンダーAMDのAI戦略【後編】

「AIチップはどう進化するのか」を決めるのはムーアの法則じゃない"あの法則"

AI技術用の半導体製品は、これからどう進化するのか。半導体の進化をけん引してきたムーアの法則は、今後の半導体の進化にも当てはまるのか。AMDのCTOに聞いた。

/tt/news/2403/19/news07.jpg
ナレッジマネジメントの基本と主要ツール【前編】

昔は「ナレッジ共有」が当たり前じゃなかった? ChatGPT誕生までの進化とは

社内に散らばる知見や情報を業務に生かす「ナレッジマネジメント」。その仕組みは、生成AIが台頭する昨今に至るまでにどう変わってきたのか。ツール選定の前に押さえておくべきナレッジマネジメントの基本とは。

/tt/news/2403/18/news03.jpg
クラウドサービスによる本当の影響【後編】

「クラウドはエコ」と語るベンダーと「それはうそ」と言う論客、それぞれの根拠

「クラウドサービスを利用する方がエコだ」という点はおおむね事実だとしても、ベンダーの主張をうのみにしてもいいのだろうか。専門家の見解は。

/tt/news/2403/15/news06.jpg
AI機能の利点を問う

Zoomの「Web会議アシスタント」は本当に“コスパ抜群”で使えるのか?

ZoomのAIアシスタント「AI Companion」は、Web会議に関連する業務の生産性向上につながるツールだ。機能やコストの観点で、同ツールの何が特徴的で、どのような利点があるのかをまとめる。

/tt/news/2403/14/news06.jpg
仕事の効率を下げる“魔の時間”の正体

「タイパが悪い」のは“あのITツール”のせいだった?

業務効率を上げるはずのITツールがタイムパフォーマンス(タイパ)を下げる――ハイブリッドワークにおける残念な実態を、あるレポートが明らかにした。企業が対策すべきこととは。

/tt/news/2403/14/news08.jpg
いつも正解とは限らないクラウドの問題点【前編】

クラウドが「安くない」どころか「オンプレミスより高額」になるこれだけの原因

クラウドサービスに移行したものの、想定よりコストが高いと悩む企業は珍しくない。クラウドサービスは常に正しいわけではない。オンプレミスとは異なる高額なコストの原因や欠点とは。

/tt/news/2403/14/news03.jpg
英国内務省とAWSの契約更新を巡る議論【後編】

AWSと英内務省による「前代未聞のクラウド契約」に業界が震えた訳

英国内務省とAWSが2023年末に締結したサービス契約の内容が、専門家の間で議論を呼んでいる。内務省には、プロジェクトに従事するAWS担当者を審査する権限がないためだ。どういう背景があるのか。

/tt/news/2403/12/news06.jpg
クラウドサービスによる本当の影響【中編】

「クラウドコンピューティング」発展の歴史と、ベンダーが環境を語り始めた理由

クラウドサービスの利用が広がるほど、クラウドサービスが環境に及ぼす影響は見過ごせない規模になる可能性がある。クラウドコンピューティングが台頭した当時からの歴史を踏まえて考える。

/tt/news/2403/12/news07.jpg
ネットワークを中心に広がる“買収の余波”

HPEによる「Juniper買収」で何がどうなる? 製品への影響とユーザーの反応

HPEは2024年1月にJuniper Networksの買収を発表した。両社には競合してきた事業領域もあれば、そうでない部分もある。買収の狙いと、それが製品群やユーザーにもたらす影響とは。

/tt/news/2403/11/news03.jpg
半導体ベンダーAMDのAI戦略【中編】

「GPU」でも「APU」でも勝負 AMDが目指す“NVIDIAとの違い”

AI技術が台頭する中で一段と注目を集めるようになったのが、GPUを手掛けるプロセッサベンダーの動向だ。AMDはAI分野の動向をどう見ていて、どのようなプロセッサ製品を提供するのか。

/tt/news/2403/10/news01.jpg
投資家が着目するポイント

ESGの“G”「ガバナンス」が地味過ぎでも無視できない理由

ESG経営において、環境問題や社会課題への取り組みは消費者や従業員の理解を得やすい。一方でガバナンス強化は見過ごされがちだが、等しく重要だ。ガバナンス強化に直結するアクションの具体例を探る。

/tt/news/2403/09/news01.jpg
経営幹部のソーシャルメディア活用【中編】

OpenAIアルトマン氏は切れ味がすごい ソーシャルメディアでの発言“お手本集”

企業の経営幹部によるソーシャルメディア運用は、企業に良い影響も、マイナスの影響も与える可能性がある。著名な企業トップはソーシャルメディアで何を、なぜ発言しているのか。参考になる例を紹介する。

/tt/news/2403/08/news10.jpg
英国内務省とAWSの契約更新を巡る議論【中編】

AWSと英内務省による「謎のクラウド契約」に衝撃が走る その実態とは?

英国内務省が2023年末にAWSと締結したサービス契約料金が「今までにないほどの額」に達していることが、専門家たちの注目を集めている。

/tt/news/2403/08/news02.jpg
2023年11月の米国ランサムウェア攻撃動向【後編】

短期間で二度もランサムウェア攻撃を受けた医療機器メーカー その“悲しい”理由

米国で2023年11月に発生したランサムウェア被害の4事例を紹介する。大手医療機器メーカーが立て続けにランサムウェア攻撃を受けたのはなぜだったのか。

/tt/news/2403/06/news08.jpg
クラウドサービスによる本当の影響【前編】

「クラウドは“ふわふわ”だから環境に優しいはず」はとんでもない勘違いかも?

世界中でクラウドサービスへの依存度が高まるにつれて、環境への悪影響は見過ごせない規模になる可能性がある。クラウドコンピューティングが本質的に抱えている環境リスクとは。

/tt/news/2403/06/news02.jpg
生産管理を支援するERPとAPS【後編】

「ERP」より「APS」が使えるのはどんなとき? 4つの例で解説

ERPでも生産工程を管理することは可能だが、APSが必要になる場合がある。APSが役立つのはどのような場面なのか。4つの例を紹介する。

/tt/news/2403/05/news11.jpg
スタジアム内でのデータ活用も

なぜ「普通の無線LAN」にしなかった? クリケット競技場がOpenWiFiを使う訳

南アフリカのスタジアムが「OpenWiFi」を活用して無線LANを構築した。無線LANによるネットワークを構築した目的と、OpenWiFiを使った理由とは。

/tt/news/2403/05/news10.jpg
半導体ベンダーAMDのAI戦略【前編】

技術者3000人を雇用 AMDがインドで始める半導体開発とは

人工知能(AI)技術でこれからシステムや機械はますます賢くなる。それを支えるのが半導体製品だ。半導体ベンダーAMDがインドで進める半導体製品の開発とは。

/tt/news/2403/04/news11.jpg
港湾業務を変える5G

米バージニア港が無線LANではなく「プライベート5G」を選んだ理由

バージニア港のノーフォーク国際ターミナル(NIT)は、港湾設備の運用効率改善を目指してプライベート5Gのネットワークを構築する。NITの拡張計画において5Gが果たす役割は。

/tt/news/2403/03/news01.jpg
金融犯罪に立ち向かう【後編】

金融犯罪にAIで先手 SymphonyAIが見据える「AI×金融」のこれから

SymphonyAIは、金融機関のさまざまな業務をAI技術で効率化し、金融犯罪を未然に防ぐことを目指している。同社製品ロードマップについて、金融サービス部門プレジデントに話を聞いた。

/tt/news/2403/02/news01.jpg
経営幹部のソーシャルメディア活用【前編】

マスク氏の過激ツイートより“もうけ”になるソーシャルメディアでの行動とは

マスク氏の過激なツイートがプラスに働くことはなかったが、経営幹部はソーシャルメディアをうまく活用することで実益につなげることができる。どのようなメリットがあり、どう行動すればいいのか。

/tt/news/2403/01/news06.jpg
金融犯罪に立ち向かう【中編】

金融機関の反マネーロンダリングに「AIの賢さ」を拡張するアプローチとは

SymphonyAIの反マネーロンダリング(AML)システム「Sensa-NetReveal」は、金融機関を取り巻く法的規制やITインフラなどの制限を問わずに導入を可能とする仕組みを目指したという。同社金融サービス部門のプレジデントに話を聞いた。

/tt/news/2403/01/news07.jpg
2023年11月の米国ランサムウェア攻撃動向【前編】

なぜ米国で2023年11月に「企業のランサムウェア被害報告」が集中したのか

米国で2023年11月に発生したランサムウェア攻撃では企業を標的とする事例が目立った。その背景には何があり、どのような被害が発生したのか。

2 月

/tt/news/2402/29/news12.jpg
英国内務省とAWSの契約更新を巡る議論【前編】

英国内務省とAWSの「4.5億ポンドの契約書」に含まれていた“危うい一文”とは

英国内務省が2023年末にAWSと締結した3年契約は4.5億ポンドもの大型案件だった。政府が公開している契約書の内容と経緯が、専門家の間で議論を巻き起こしている。

/tt/news/2402/28/news04.jpg
レガシーなERPシステムからの脱却【後編】

ERPのモダナイズで製糖会社は「SAPのライセンス問題」とどう折り合いをつけたのか

製糖会社Florida CrystalsはSAPのERPシステムを最新化するに当たり、「RISE with SAP」か「Bring Your Own License」(BYOL)のどちらを選ぶかという問題に直面した。判断の決め手は何だったのか。

/tt/news/2402/26/news08.jpg
生産管理を支援するERPとAPS【前編】

いまさら聞けない「ERP」と「APS」とは? それぞれの役割と違い

ERPは生産管理に利用できるが、ERPだけで生産に関するあらゆる事態に対処できるとは限らない。そこで選択肢の一つになるのがAPSだ。ERPとAPSは何が違い、どう使い分けるべきなのか。

/tt/news/2402/26/news04.jpg
夢の「週休3日制」実現への道【後編】

「週4日勤務」はなぜ実現しない? 導入に後ろ向きな企業の本音

企業の週4日勤務制勤務導入に向けて、米国の複数の州議会で法案が提出された。導入への機運は高まっているように見えるが、実施には至っていない。週4日勤務制の実施で生じるメリットとデメリットを整理する。

/tt/news/2402/29/news02.jpg
“脱Excel”か“活Excel”か

数を数える「COUNT系関数」の落とし穴、基礎的ながら混乱しがちなポイントは?

「Microsoft Excel」で定番の関数「COUNT」は、「データの数を数える」という分かりやすい役割を持ちつつも、「実はあの数は数えてくれない」といった落とし穴があります。注意すべきポイントを確認しましょう。

/tt/news/2402/23/news04.jpg
金融犯罪に立ち向かう【前編】

犯罪防止やマネロン対策に「AI分析」が使える理由 SymphonyAIに聞く

SymphonyAIで金融サービス部門のプレジデントを務めるマイク・フォスター氏は「金融機関がマネーロンダリングに対抗するには、リアルタイムの脅威探知が欠かせない」と話す。危機感の背景にある“現実”とは。

/tt/news/2402/23/news03.jpg
老舗自動車メーカーのデータ活用術【後編】

クラウドDWHは「目標達成に不可欠」 老舗自動車メーカーがデータ品質にこだわる理由

Bentley Motorsの最高データ責任者は、データ戦略の一環としてオンプレミスDWHからクラウドDWHに移行した。製品選定の際に同社がこだわったポイントは何だったのか。

/tt/news/2402/23/news02.jpg
実践事例に学ぶDXの知恵【第4回】

なぜあの会社はうまくいったのか? DX実践企業3社が捨てた“業界の常識”

DXとデジタル化は根本的に違うものだ。利益をもたらすDXにはどのような特徴があるのか。3つの事例から、ポイントを考察する。

/tt/news/2402/21/news08.jpg
レガシーなERPシステムからの脱却【前編】

製糖会社の「S/4HANA」移行 “30年来のSAPユーザー”が直面した老朽化問題

製糖会社Florida Crystalsは古くからSAPのERPシステムを運用している。AWSのパブリッククラウドに移行してシステム設計をシンプルにする前、同社のERPシステムはどのような課題を抱えていたのか。

/tt/news/2402/19/news14.jpg
夢の「週休3日制」実現への道【前編】

“週休3日制”の導入に積極的な米国の州議会 その“切実な理由”

米国の複数の州議会で企業の週休3日制(週4日勤務制)勤務を導入する法案が提出された。米国の各州議会議員が、週4日勤務制の導入に期待するのはなぜか。

/tt/news/2402/17/news02.jpg
ITエンジニアが集まる世界の10大都市【後編】

ITエンジニアのキャリアと年収が伸びそうな「急成長の都市」はここだ

ITエンジニアの需要は世界中で高まり続けている。給与が上がるキャリア形成を考える場合、「どのような技術を身に付けるか」とともに「どの都市で働くか」も考慮したい。成長株の都市を紹介する。

/tt/news/2402/16/news06.jpg
老舗自動車メーカーのデータ活用術【中編】

英自動車メーカーのDXを支える人材育成制度「アプレンティスシップ」とは

Bentley Motors初の最高データ責任者を務めるアンディ・ムーア氏は、同社のデータ戦略において「データサイエンティストの育成と確保」を重視した。その施策の一つ「アプレンティスシップ制度」とは何か。

/tt/news/2402/16/news04.jpg
実践事例に学ぶDXの知恵【第3回】

テスラが壊した自動車の常識 “デジタルの発想”が生んだ3つの成功要因とは

Teslaは自動車の製造販売に新風を巻き起こした。同社のビジネスモデルの中核になる「3つの要素」とは何か。DXを目指す他業界が学べる点はどのようなものなのか。

/tt/news/2402/14/news08.jpg
従業員が納得できる人事評価のこつ

従業員も上司も満足できる人事評価実施の“5つのヒント”

従業員が前向きな気持ちで人事評価に臨めるようにする――そのために上司ができることは何だろうか。専門家の意見を基に、5つの行動例を紹介する。

/tt/news/2402/13/news02.jpg
テクノロジーで変えるネット通販の返品問題【第4回】

顧客エクスペリエンス向上につながる返品処理 その実現方法とは

オンラインショッピングの普及と共に消費者による商品の返品行動が増加した。商品の発信元である小売業者にとっての改善策にはどのようなものがあるのか。

/tt/news/2402/13/news05.jpg
グリーンコンピューティングの基本

電力消費の無駄をなくすデータセンター「エコ化」の8ステップ

データセンターにおける環境配慮の方針を具現化するためのさまざまな方法がある。現状把握から実践まで、環境とビジネスにメリットをもたらす8つのステップを紹介する。

/tt/news/2402/10/news03.jpg
ITエンジニアが集まる世界の10大都市【前編】

「第二のシリコンバレー」はどこだ イケてる高額年収エンジニアが働く都市5選

ITエンジニアとしてのキャリア形成を考えた時、業務内容や給与だけでなく「どの都市で働くか」も重要なポイントになる可能性がある。世界中のITエンジニアが熱視線を送る、IT産業が活況な5都市を紹介する。

/tt/news/2402/09/news06.jpg
老舗自動車メーカーのデータ活用術【前編】

顧客体験の向上で将来を見据える ベントレーモーターズCDOインタビュー

Bentley Motorsのアンディ・ムーア氏は、データ活用の重要性を認識しデータオフィスを設立し、その後最高データ責任者(CDO)になった。CDO登用までの道のりは。

/tt/news/2402/09/news03.jpg
RISE with SAPがもたらした亀裂【後編】

SAPユーザーが陥った「SAP製品の未来が見えない“闇”」の真相

先進的な機能の利用には「RISE with SAP」が必要になる――というSAPの発表が、ユーザー企業の間で波紋を呼んでいる。オンプレミスでSAP製品を利用しているユーザー企業の反応は。

/tt/news/2402/09/news05.jpg
実践事例に学ぶDXの知恵【第2回】

ドミノ・ピザ、ウォルマートなど「顧客視点DX」を追求した企業の実践例3選

普段から利用するあの店の便利さはどこから来ているのだろうか。大手ピザデリバリーチェーンやスーパーマーケットの事例から、DX実践の学びを探る。

/tt/news/2402/08/news05.jpg
ブーメラン社員は人材不足の救世主になるか【後編】

「こんなはずじゃなかった」 ブーメラン社員を安易に受け入れた企業の末路

退職後に再雇用される「ブーメラン社員」は、即戦力が期待できる人材だ。ただし、採用する際にはさまざまな点から情報を整理し、他の従業員に配慮する必要がある。管理職が留意すべきポイントは。

/tt/news/2402/07/news01.jpg
コラボレーションツールの利用とGRC【第4回】

「コラボツールでコンプラ違反」を防ぐ要は、IT部門と“あの部署”

コンプライアンスやリスク管理、ガバナンスの保持を前提としたコラボレーションツールの使用ルールを社内で徹底させるには、IT部門と“あの部署”の連携が重要な鍵を握る。

/tt/news/2402/06/news02.jpg
テクノロジーで変えるネット通販の返品問題【第3回】

返品したら終わりじゃない――小売業者の苦悩を軽減するテクノロジーの力とは

インターネット通販における返品は小売企業にとって頭の痛い問題だ。返品件数を減らし、消費者の顧客満足度を高めるためには、テクノロジーをどう活用すればよいのかを検討する。

/tt/news/2402/02/news04.jpg
RISE with SAPがもたらした亀裂【前編】

SAPユーザーの信頼に“暗い影”を落とした「RISE with SAP」を巡る騒動

SAPが新機能の提供に関して打ち出した方針が、ユーザー企業の間で波乱を呼んでいる。ユーザー企業団体が強い懸念を示すのはなぜなのか。

/tt/news/2402/02/news06.jpg
実践事例に学ぶDXの知恵【第1回】

DXができない企業は「消えるだけ」の現実と、成功者が知る“実践の知恵”

「DXを推進すべき」は世界の流れだが、そもそもDXに取り組む理由は何か。DX をしなければどうなり、“成功するDX”をしたければ何をしないといけないのか。専門家たちの意見を紹介する。

/tt/news/2402/01/news07.jpg
ブーメラン社員は人材不足の救世主になるか【前編】

人材不足の打開策だけじゃない ブーメラン社員を受け入れる「なるほど」な理由

人材不足に悩む企業にとって、退職後に復職する「ブーメラン社員」は注目に値する人材だ。ブーメラン社員を受け入れるメリットには、人材不足の補充の他にどのようなものがあるのか。

/tt/news/2402/01/news01.jpg
アクセシブルPDF作成における4ステップ【後編】

PDFは「作ったら終わり」ではない、アクセシビリティー検証の4ステップ

「Adobe Acrobat」には、アクセシビリティーに配慮したPDFファイルを作成する機能がある。ただし「設定したから大丈夫」ではなく、「適切な設定かどうか」の検証も作成作業に含まれる。具体的な手順は。

1 月

/tt/news/2401/31/news03.jpg
いまさら聞けない「事業目標の立て方」【後編】

専門家がそっと教える「事業目標を設定する10ステップ」

事業目標を設定するに当たって、どこから情報を調達し、どのような過程を踏めばよいのか。専門家の声から、適切な事業目標を設定するための10ステップを紹介する。

/tt/news/2401/31/news02.jpg
コラボレーションツールの利用とGRC【第3回】

シャドーITが罰金刑になるケースも コラボツールの利用ルールはここが難しい

コンプライアンスの問題を回避するために、コラボレーションツールの特定機能を使えないように制御するのは一つの方法だが、シャドーITを生むリスクがある。米国金融機関の事例から、注意すべきポイントを探る。

/tt/news/2401/30/news02.jpg
テクノロジーで変えるネット通販の返品問題【第2回】

返品問題は環境問題? 技術で問題解決に挑む英国ファッション協会の提言とは

コロナ禍を経てオンラインショッピングの利用件数が急増した。その便利さの裏側で、アパレル企業は返品件数の増加に頭を悩ませている。英国ファッション協会の調査レポートから返品問題の解決策を探る。

/tt/news/2401/29/news01.jpg
開発と運用で重みを増す「自動化」【後編】

DXの影で疲弊するIT管理者、AIOpsは救世主になるのか

DXが進展するほど社内には管理対象のシステムが増え、IT管理者は疲弊する。効率化だけではない、AIOps(AI技術を使ったシステム運用)の価値とは。

/tt/news/2401/26/news09.jpg
国家的な金融システムのリプレース

英国中央銀行、30年の「老朽システム」が障害でリプレースが“早急の課題”に

イングランド銀行の即時グロス決済(RTGS)システムが、2023年8月にシステム障害を起こした。このシステムは英国における「金融取引の心臓部」であり、老朽化が課題になっている。

/tt/news/2401/26/news08.jpg
世界的に長期化する採用活動

だから良い人材を雇えない――採用活動が終わらない企業の特徴は?

企業が求人募集を開始してから候補者が入職するまでの期間が、世界的に長期化の傾向を示している。その原因は何か。採用プロセスにおいて改善すべき点はあるのか。

/tt/news/2401/25/news03.jpg
アクセシブルPDF作成における4ステップ【中編】

「Adobe Acrobat」を活用、誰もが利用しやすいPDF作成のこつ

「Adobe Acrobat」を使ってPDFファイルにアクセシビリティー設定をする場合、目的に応じて簡便なやり方か詳細設定のどちらかを選ぶ必要がある。

/tt/news/2401/24/news04.jpg
いまさら聞けない「事業目標の立て方」【中編】

「ビジネスの成功に目標なんか必要ない」が“あり得ない”と言える訳

事業を成功させるために、何か目標を設定する必要はあるのか。目標がなくても事業は成功するのか。専門家の見解を基に、目標を設定する意義を整理する。

/tt/news/2401/24/news02.jpg
コラボレーションツールの利用とGRC【第2回】

「コラボレーションツール」の“あの機能”こそが法務部門にとっての問題児

コラボレーションツールの利用にはコンプライアンスの問題が常に付随する。たとえ導入時に慎重に検討したとしても、導入後に予期しない問題が生じる可能性がある。何がリスク要因なのか。

/tt/news/2401/24/news01.jpg
「Copilot」で変わるWeb会議【後編】

「Teams」の機能強化を素直に喜べない“あの理由”

業務支援ツール「Copilot for Microsoft 365」の機能強化に伴い、「Microsoft Teams」にも数々の新機能が加わる。その結果、Teamsのある変化が、一部の顧客を悩ませる可能性があると専門家は懸念する。

/tt/news/2401/12/news09.jpg
開発と運用で重みを増す「自動化」【中編】

顧客体験を高めるなら「バックエンドの改善」を重視すべき理由

システム開発と運用管理のプロセスに自動化技術を組み込むことの価値は何なのか。通信大手の経営幹部が「顧客中心主義にはITサービス管理(ITSM)が不可欠」と説く理由とは。

/tt/news/2401/23/news01.jpg
「継続的な学習」を普及させる12のヒント【後編】

こんな社内制度で「スター社員」ばかりに? やる気が出る理由とは?

スキルの向上に努力を惜しまない従業員には末永く働いてもらいたい――そのために企業が構築すべき「継続的な学習」の制度とは。

/tt/news/2401/22/news07.jpg
テクノロジーで変えるネット通販の返品問題【第1回】

「返品手数料は無料」はもう終わり? 英国アパレル企業の動きが示すものとは

英国のアパレル企業が相次いで消費者からの返品に手数料を請求する動きを見せている。その背景にはどのような問題があるのか。

/tt/news/2401/22/news09.jpg
生成AIを生かすIT戦略

Gartnerが提唱 「生成AI」導入を成功させる“CIOの行動”とは?

近年急速に普及する生成AIは、ビジネスにチャンスとリスクの両方をもたらす。CIOが生成AIの活用を成功させるために取るべき行動とは。3つの視点から解説する。

/tt/news/2401/19/news01.jpg
米国特許商標庁から学ぶデジタル変革【後編】

数カ月を要した脆弱性対策をたった1日で――「遅い」を払拭した政府機関の改革

政府機関は腰が重い――。そのイメージを、米国特許商標庁(USPTO)はデジタル変革を通じて払拭した。具体的に何を変えたのか。組織面から成功のポイントを考える。

/tt/news/2401/17/news07.jpg
アクセシブルPDF作成における4ステップ【前編】

誰もが利用しやすいPDFを作るには? 定番フォーマットを改善する4ステップ

アクセシビリティーに配慮したPDFの作成は、企業にとってコンプライアンス(法令順守)とインクルージョン(包摂性)に関わる問題だ。具体的な4つのステップを紹介する。

/tt/news/2401/17/news06.jpg
いまさら聞けない「事業目標の立て方」【前編】

だから事業目標を達成できない――適切な目標設定に不足している情報とは

事業目標の通りに成果を得られないとき、まず着目しなければならないのはどの部分なのか。専門家たちの見解を基に、事業目標とは何か、適切な設定には何が必要なのかを整理する。

/tt/news/2401/17/news02.jpg
「Copilot」で変わるWeb会議【中編】

「Copilot搭載のTeams」は“あれ”が全然違う 何がすごいのか

「Microsoft Teams」に、業務支援ツール「Copilot for Microsoft 365」の関連機能が加わり、会議内容の文字起こしを中心とした機能が強化された。専門家が感動したポイントは。

/tt/news/2401/16/news01.jpg
Exxon Mobilが考えるデータ活用とDX【後編】

エクソンモービルのDXが「ERPのモジュール10個停止」に始まる、なるほどな理由

データ活用を全社で推進するならば「標準化」が大事だと、Exxon Mobilでデータ活用を主導する経営幹部のアンドリュー・カリー氏は考えている。それはなぜか。

/tt/news/2401/16/news11.jpg
コラボレーションツールの利用とGRC【第1回】

その発言はコンプラ違反? コラボツールのデータ保存時に決めるべきルール

コラボレーションツールの利用拡大に伴い、蓄積されるデータの管理方針に注意を払う必要がある。コンプライアンス維持のために、どの記録をどう保管すべきか。

/tt/news/2401/16/news06.jpg
「継続的な学習」を普及させる12のヒント【中編】

辞める理由は「成長できないから」では? 何が足りない?

従業員が主体的に学び、さまざまな場面で力を発揮できるようにするための取り組みとして「継続的な学習」は有用だ。支援のために企業は何をすべきか。

/tt/news/2401/15/news06.jpg
開発と運用で重みを増す「自動化」【前編】

「手作業の運用管理は非効率」 調査が示す、IT管理者の悲鳴

手作業によるシステム運用管理は、どれほどの生産性損失につながるのか。調査会社Forrester Researchのレポートから、IT運用に関わる現場の声を紹介する。

/tt/news/2401/13/news02.jpg
世界で深刻化する労働力不足【後編】

売り手市場米国に学ぶ「働きたい条件」 人が“集まる州”にあるものとは?

米国では労働力不足が深刻化しているものの、影響の度合いは州によってグラデーションがある。労働力確保のために、企業が努力できることは何か。

/tt/news/2401/12/news05.jpg
出社を促すオフィスデザイン【後編】

「隠れたメッセージ」でやる気を引き出す、オフィスデザインの現実解

「出社したくなるオフィス」を設計する上で、自然とのつながりを感じられる「バイオフィリックデザイン」は有効なアイデアだが、実現は容易ではない。手の届く範囲で工夫できる「帰属意識を高めるデザイン」とは。

/tt/news/2401/12/news04.jpg
米国特許商標庁から学ぶデジタル変革【前編】

「脱メインフレーム」で“40年の歴史”を終わらせる 米特許機関の決断

米国特許商標庁(USPTO)が2018年に着手したデジタル変革は、システムの不具合が発端だった。さまざまなハードルを乗り越え、USPTOが脱メインフレームを成功させた方法とは。

/tt/news/2401/11/news13.jpg
「Copilot」で変わるWeb会議【前編】

「Teams」がますます便利に? 「Copilot」と「Loop」のお役立ち機能

業務支援ツール「Copilot for Microsoft 365」の登場によって、「Microsoft Teams」にさまざまな機能が加わることになった。ユーザーが喜ぶポイントは。

/tt/news/2401/10/news01.jpg
長距離通勤を有意義な時間にするためのヒント【後編】

今どきの福利厚生って? オフィス回帰なら「通勤」には手厚い待遇

オフィス回帰を促す企業にとって、長距離通勤を選ぶ従業員の管理は課題の一つだ。従業員の離職を防ぎ、スキルアップにもつながる効果的な施策を紹介する。

/tt/news/2401/10/news05.jpg
「継続的な学習」を普及させる12のヒント【前編】

「三日坊主」だった従業員が学習をやめられなくなる簡単な方法とは

従業員のために「継続的な学習」の機会を社内に広げるとどのようなメリットがあるのか。普及に向けてどのような取り組みが必要なのか。

/tt/news/2401/09/news02.jpg
Exxon Mobilが考えるデータ活用とDX【中編】

エクソンモービルがデータ基盤に「Snowflake」を選んだ訳

Exxon Mobilでデータ活用を主導する経営幹部のアンドリュー・カリー氏が、全社でデータ活用を促進するために選んだデータ基盤は何だったのか。導入までのプロセスを紹介する。

/tt/news/2401/09/news09.jpg
VMware買収がもたらす影響

VMware買収の狙いはやはりあれ? レイオフに動くBroadcomの本心

VMwareの買収を2023年11月に完了させたBroadcomは、VMware従業員のレイオフに踏み切った。この動きから、BroadcomがVMware を買収した狙いの一部が見えてきた。

/tt/news/2401/09/news01.jpg
トムソン・ロイターが考える倫理的なAI活用【後編】

「生成AI」対「法規制」 企業はどう備える?

生成AIの進化とともに、生成AIを安全に利用するための法規制も日々洗練されている。Thomson Reutersでデータガバナンスを管轄する経営幹部が重視する「監視体制」と心構えのバランスは。

/tt/news/2401/06/news02.jpg
世界で深刻化する労働力不足【中編】

コロナ禍後に人手不足のダメージを受け続けているのは“あの業界”

コロナ禍に端を発した労働者不足の問題がまだ継続しているのはどの業界だろうか。米国において労働力の獲得が難しくなった理由を探る。

/tt/news/2401/05/news04.jpg
出社を促すオフィスデザイン【前編】

「明るい職場」で社員呼び戻し? 注目の「バイオフィリックデザイン」

自然素材や採光などの環境要素は、従業員の健康と生産性にどこまで寄与するのか。キーワードとなる「バイオフィリックデザイン」について説明する。

/tt/news/2401/04/news03.jpg
採用活動における健全な生成AI利用【後編】

履歴書作成に「生成AIを使う」はOK、むしろ「内容がつまらない」が問題?

「採用活動を生成AIで効率化したい」と考えるのは企業も求職者も同じだ。どのような利用方法なら「健全」と言えるのか、採用担当者は生成AI利用のルールを検討する必要に迫られている。