2021年07月16日 05時00分 公開
特集/連載

いまさら聞けない「MDR」の基礎 サービスの中身は? 利用するメリットは?「MDR」を理解する【前編】

「MDR」の利用を検討している企業は、自社のニーズに合うサービスを探すためにMDRとは何かをよく理解する必要がある。MDRが果たす役割を整理しよう。

[Diana Kelley,TechTarget]

 さまざまなセキュリティベンダーが、企業内でマルウェアを検出・対処するマネージドサービス「MDR」(Managed Detection and Response)を取り扱うようになった。MDRは大きく分けて「MEDR」「MNDR」「MXDR」の3タイプがある。

 MDRとはそもそも何なのか。MEDR、MNDR、MXDRは何が違うのか。各サービスは、どのような企業に適しているのか。前後編を通じて、MDR選定の際に覚えておきたい基礎知識を整理する。

そもそも「MDR」とは何か 具体的に何ができるのか

 セキュリティに関する業務の一部をアウトソーシングしたいと考えている企業や、アウトソーシングを必要としている企業の間で、MDRのニーズが高まっている。MDRでのマルウェア検出・対処はソフトウェアで自動処理する場合もあるが、ほとんどは人の専門知識と技術を組み合わせたものだ。

 一般的にMDRは次のサービスを提供する。

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...