2021年07月19日 05時00分 公開
特集/連載

「ゼロトラストセキュリティを選ばざるを得ない企業」がコロナ禍で続出の訳テレワークで変わる企業のセキュリティ【第1回】

ロックダウンやオフィス閉鎖を受けて、企業はテレワークへの移行を急ピッチで進めることになった。その中で企業が注目しているのが「ゼロトラストセキュリティ」だ。どのような点にメリットを感じているのか。

[Arielle Waldman,TechTarget]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的大流行(パンデミック)を引き金に、企業のテレワークへの移行が加速した。その流れを受けて、企業が「ゼロトラストセキュリティ」に目を向け始めている。ゼロトラストセキュリティは、デバイスの状態に基づいてデバイスやエンドユーザーに適切なアクセス権限を与えるセキュリティアーキテクチャだ。具体的には、デバイスにパッチが適用されているかどうか、デバイスの所有者は誰か、デバイスはどのネットワークに接続しているのかといった状態を基に、アクセス権限を付与する。

 ロックダウン(都市封鎖)やオフィスの閉鎖が始まって以降、企業はVPN(仮想プライベートネットワーク)からゼロトラストセキュリティを基にしたネットワーク(ZTN:ゼロトラストネットワーク)へと移行しつつあるというのが、セキュリティ専門家に共通する見解だ。ZTNは位置情報やエンドユーザーの行動といった情報を用いて、各アクセス要求を検証する。これによって、きめ細かいアクセスの制御や管理が容易になる。ZTNのこうした特徴は、さまざまな場所で勤務するテレワーカーからのアクセスが殺到している状況で役立つ。

 調査会社Gartnerでアナリストを務めるロブ・スミス氏は、「ゼロトラストセキュリティは非常に注目を集めており、顧客企業との話し合いではほぼ毎回ゼロトラストセキュリティについて語っている」と話す。

 例えば5000人の従業員を擁する企業は、テレワークによってオフィスが実質的に5000カ所になるようなものだ。「テレワークへの移行は、企業のIT管理やセキュリティを根本から覆す。数十年かけて構築してきたシステムを投げ捨ててやり直し、全てを基礎から作り直すことになる」とスミス氏は指摘する。

「もうゼロトラストしかない」 コロナ禍で高まる需要の“必然”

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...