「ゼロトラストセキュリティを選ばざるを得ない企業」がコロナ禍で続出の訳テレワークで変わる企業のセキュリティ【第1回】

ロックダウンやオフィス閉鎖を受けて、企業はテレワークへの移行を急ピッチで進めることになった。その中で企業が注目しているのが「ゼロトラストセキュリティ」だ。どのような点にメリットを感じているのか。

2021年07月19日 05時00分 公開
[Arielle WaldmanTechTarget]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的大流行(パンデミック)を引き金に、企業のテレワークへの移行が加速した。その流れを受けて、企業が「ゼロトラストセキュリティ」に目を向け始めている。ゼロトラストセキュリティは、デバイスの状態に基づいてデバイスやエンドユーザーに適切なアクセス権限を与えるセキュリティアーキテクチャだ。具体的には、デバイスにパッチが適用されているかどうか、デバイスの所有者は誰か、デバイスはどのネットワークに接続しているのかといった状態を基に、アクセス権限を付与する。

「もうゼロトラストしかない」 コロナ禍で高まる需要の“必然”

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...