「Windows 365」の2021年登場は“必然”? 専門家が「タイムリー」と評する訳「Windows 365」先取りチェック【後編】

Microsoftはなぜ今、新たなDaaS「Windows 365」を提供するのか。その背景には、新型コロナウイルス感染症の世界的な流行に伴う“ある変化”があると専門家はみる。

2021年07月23日 12時00分 公開
[Mike GleasonTechTarget]

 Microsoftは、IT担当者が少なく仮想化製品の導入経験がほとんどない企業向けに、新しい「DaaS」(Desktop as a Service)の「Windows 365」を設計した。Windows 365は「複雑なシステム構築や運用の負荷なしに、『VDI』(仮想デスクトップインフラ)と同様のスケーラビリティとセキュリティを確保できる」と、調査会社Forrester Researchのアナリスト、アンドリュー・ヒューイット氏は説明する。

 Windows 365はデバイス管理ツールの「Microsoft Endpoint Manager」を組み込んでいる。物理デバイスのセキュリティ保護と管理にMicrosoft Endpoint Managerを使用している企業は、Windows 365でも同様の管理ができる。

Windows 365の登場が「タイムリー」な“あの理由”

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...