「Java」が「Windows」でも「macOS」でも動く“歴史的理由”と“技術的理由”「Green Project」から始まった歴史を振り返る

「Java」プログラムはOSに関係なく動作する。開発元のSun Microsystemsは何を意図して、Javaをこうした設計のプログラミング言語にしたのか。その理由と仕組みを解説する。

2021年07月24日 12時00分 公開
[Cameron McKenzieTechTarget]

関連キーワード

Java | プログラミング


 プログラミング言語および開発・実行環境「Java」のプログラムは、なぜどのOSでも実行できるのか。その問いをさらに分類すると、次の2つに分けることができる。

  1. 開発元のSun Microsystemsは、なぜJavaを「クロスプラットフォーム」(OS非依存)にしたのか
  2. Javaはどのようにクロスプラットフォームを実現しているのか

 以下で、この2つの問いに対する答えを見ていこう。

なぜSunはJavaをWindowsでもmacOSでも動くようにしたのか

ITmedia マーケティング新着記事

news057.png

外注費の実態 「動画制作」「マーケティング」が大きく増加の傾向――ランサーズ調査
フリーランスや専門会社への「外注」について、どのような業務の外注費が増加傾向にある...

news049.png

SEO対策において「古い記事」をどうすべきか? 3つの対処法を解説
SEOの観点では、古い記事は削除した方がいいのか、残しておいても大丈夫か。どのような対...

news023.jpg

「広告のムダ打ち」はなぜなくならない? アドフラウド以外に考慮すべき3つの視点
「アドフラウド」以外に、広告が届けたい相手にきちんと届くようにするために留意すべき...