2021年07月26日 05時00分 公開
特集/連載

「ゼロトラストセキュリティ」はなぜ必要か? “急造テレワーク”問題の解決策テレワークで変わる企業のセキュリティ【第2回】

新型コロナウイルス感染症の影響で急きょテレワークを導入した企業は、顕在化した課題の解決策として「ゼロトラストセキュリティ」に目を向けているという。それはなぜなのか。

[Arielle Waldman,TechTarget]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)により、企業はテレワークへの移行を余儀なくされた。この移行については、初期段階にある企業が少なくない。

 「誰も準備ができていなかった。それはどの業種でも同じだ」。GoogleでGoogle Cloud Security部門の製品管理担当シニアディレクターを務めるアーモル・キャベ氏はそう述べる。政府、金融、軍事など、どの業種も準備はできていなかった。「準備していないのだから、災害復旧(DR)も機能しなかった」とキャベ氏は説明する。

 調査会社Gartnerでアナリストを務めるロブ・スミス氏によると、オフィス勤務からテレワークへの移行には3つの段階が存在するという。同氏の説明によると以下の通りだ。

  • 第1段階
    • 従業員全員がテレワークを実施し、できるだけ早くオンラインで業務できるようにしようとする。
  • 第2段階
    • 使っているシステムやネットワークのセキュリティ確保を目指す。
  • 第3段階
    • 急いで整えたテレワーク環境を整え直して正しく取り組もうとする。
      • 現在はほぼ全ての企業がこの段階にある。
      • この段階ではゼロトラストセキュリティをはじめ、多くの方法が解決策になり得る。

「ゼロトラストセキュリティ」はなぜ“不可欠”なのか

 「企業は2020年のテレワーク移行でさまざまなことを学んだ後、『ゼロトラストセキュリティ』に移行しつつある」。セキュリティコンサルティング企業Cerberus Cyber Sentinelでマネージングディレクターを務めるクリスチャン・エスピノサ氏は、こう説明する。ゼロトラストセキュリティは、デバイスの状態に基づいてデバイスやエンドユーザーに適切なアクセス権限を与えるセキュリティアーキテクチャだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news212.jpg

面白い広告は記憶に残るが、ユーモアを活用できている企業は少ない――Oracle調査
ユーモアを取り入れたブランドは支持され、ロイヤルティーが高まり、顧客は再び購入した...

news054.jpg

マクドナルドvsバーガーキング ネット戦略がウマいのはどっち?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news118.jpg

マーケターなら知っておきたい「Googleが次に可能にすること」 Google I/O 2022で発表の新機能まとめ
「検索」「地図」「ショッピング」他、Googleが年次開発者会議「Google I/O 2022」で紹介...