2022年05月07日 10時30分 公開
特集/連載

格安「Galaxy A」でも高級機の機能が利用可能に――その“深い意味”とはSamsungの「One UI 4.1」とは【前編】

Samsungはスマートフォン/タブレット「Galaxy」シリーズの高価格帯機種に向けて提供していた「One UI 4.1」を、中低価格帯から低価格帯の機種でも利用可能にする。そのインパクトとは。

[Maxim Tamarov,TechTarget]

 Samsung Electronicsは、同社製スマートフォン/タブレット「Galaxy」シリーズの高価格帯機種に提供していたユーザーインタフェース(UI)を、中価格帯から低価格帯の機種でも利用できるようにする。そのUIは、Galaxyシリーズ向けUI「One UI」のバージョン4.1だ。One UI 4.1には、文章の文法やスタイル調整を支援する編集ソフトウェアや、Web会議をしながらアプリケーションの画面を共有する機能が付属する。

 従来Samsungは、スマートフォンの「Galaxy S22」シリーズとタブレットの「Galaxy Tab S8」シリーズ向けにOne UI 4.1を提供していた。One UI 4.1は、Googleが発表したオープンソースのデザイン仕様群「Material You」をベースにしている。

「Galaxy AでもOne UI 4.1が使える」ことの“深い意味”

 SamsungはOne UI 4.1で、標準キーボードアプリケーション「Samsung Keyboard」を使った文章入力時に、ワープロアプリケーションベンダーGrammarlyが開発した文章チェック機能を利用できるようにした。One UI 4.1では、エンドユーザーはGoogleのビデオ通話アプリケーション「Google Duo」とSamsungのノートアプリケーション「Samsung Notes」を併用しながら、画面を共有することもできる。

 2022年3月の発表によると、Samsungはまずスマートフォンの「Galaxy Z Fold3」「Galaxy Z Flip3」でOne UI 4.1を利用できるようにする。その後、スマートフォンの「Galaxy S21」シリーズや「Galaxy A」シリーズ、「Galaxy S20」シリーズ、タブレットの「Galaxy Tab S7 FE」や「Galaxy Tab S」シリーズなどに提供を開始する。

 ITコンサルティング会社451 Researchのアナリスト、ラウル・カスタノン氏によると、SamsungはGalaxyシリーズについて、映像や文章などのコンテンツ制作時に役立つ機能を拡充させている。One UI 4.1の機能を手ごろな価格の機種と組み合わせれば、Galaxyシリーズは「一層魅力が増す」とカスタノン氏は解説する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news032.jpg

Amazonの「ブランド広告力」が調査で判明、GoogleとFacebookを圧倒する理由は?
大手ECサイトの広告媒体としての価値がますます高まっている。リテールメディアへの広告...

news009.jpg

複雑化するマーケティング、CMOがまず着手すべきこととは?
本連載では、これからのデジタルマーケティングで継続的に成果を創出するために必要な新...