2015年05月12日 08時00分 公開
特集/連載

会社は従業員のiPhoneの何を見ている? AppleがiOS 8でMDMの情報開示BYODでやっぱり心配

社員の個人的な利用が監視されるのではないかとの不安からなかなか導入が進まないモバイルデバイス管理(MDM)。Appleが取り組んだMDMプログラムの開示でどう変わるか。

[Matt Schulz,TechTarget]
Appleの公式サイトよりデバイス管理機能の説明《クリックで拡大》

 米Appleはモバイル向けOS「iOS 8」のリリースに伴い、iOSネイティブアプリケーションのモバイルデバイス管理(MDM)を拡張する一環として、リモート管理用のユーザーインタフェース(UI)を導入した。

 iOSのリモート管理UIは、会社側のMDMプログラムの詳細をユーザーが知ることができるように作られている。そのため、同UIはIT部門とユーザーの間にあるMDMに関するコミュニケーションギャップの橋渡し役となる。ほとんどのMDMやエンタープライズモバイル管理(EMM)製品は、それなりに管理のしやすい構成テンプレートを提供し、デバイス設定を定義できる。だが重要なのは、Appleがその情報をユーザーに開示したことだ。その恩恵はユーザーだけでなくIT部門にも及ぶ。情報を開示することにより、MDMプログラムの透明性が高くなり、私物デバイスへのMDM導入率が高くなると同時に、ユーザーがシャドーITに頼る可能性は低くなることが期待される。

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...