「結局、NaaSとは何?」に答えを出す“セルフサービス機能”とは NaaSの本質と誤解【第4回】

企業がNaaSを利用するとネットワークインフラの所有者はNaaSベンダーになる。そのため、自身ではネットワークを変更できないという懸念がある。だがこれは誤解だ。

2024年02月05日 05時00分 公開
[Deanna DarahTechTarget]

 「NaaS」(Network as a Service)では、企業はネットワークインフラをサブスクリプション形式で利用することになる。基本的にネットワークインフラを所有するのはNaaSベンダーだ。ITコンサルティング企業Grundemann Technology Solutionsのマネージングディレクターであるクリス・グルンデマン氏は、これを「所有するネットワークからアクセスするネットワークへの移行」と表現する。ただしこれは、ネットワークに変更を加えるときを含めて、NaaSベンダーへの全面的な依存を意味するものではない。それはなぜか。

NaaSは“ベンダー依存”ではない 結局NaaSとは何?

 NaaSを導入することがベンダーに依存することにはならないのは、NaaSにはユーザー企業が自身で設定を変更するための「セルフサービス機能」が搭載されているからだ。企業はネットワークインフラを自社で所有してなくても、このセルフサービス機能によってNaaSのネットワークに変更を加えることができる。

 「ネットワークの専門知識があれば、GUI(グラフィカルユーザーインタフェース)でボタンをクリックするだけで、オーケストレーション(デプロイや管理の自動化)や帯域幅の変更などを自社で管理できる」。NaaSベンダーPacketFabricの市場調査・分析担当シニアディレクターであるケン・グレー氏はそう説明する。

 グルンデマン氏によれば、セルフサービス機能はNaaSに欠かせない要素であり、もしなければMSP(マネージドサービスプロバイダー)が手掛ける従来のマネージドサービスと変わりがなくなってしまう。「セルフサービス機能はユーザー企業とベンダー、双方にとってメリットがある。なぜなら、ユーザー企業は自社でネットワーク機能を向上させることができ、NaaSベンダーは管理や運用のコストを削減できるからだ」(グルンデマン氏)

NaaSの未来

 企業がNaaS導入に関心を寄せる背景には、幾つかの要因がある。グレー氏によると、NaaSは企業が望むアジリティー(俊敏性)やSLA(サービスレベル契約)をもたらすからだ。

 グルンデマン氏は、企業ネットワークがより広範なエコシステム(複数の企業による共存共栄の仕組み)に変化してきていることも要因だと指摘する。企業ネットワークは、もはや1つの企業内における複数のLANやWANの集合体ではない。「現在の企業ネットワークは複数のデータセンターやパートナー企業のネットワーク、アプリケーション、クラウドサービス、その他の分散システムに接続している」(同氏)。NaaSは、その複雑な接続の仕組みを簡素化する。

 2024年はNaaSの導入が進むと見込まれる。しかし、ネットワークの他のトレンドと同様、完全な移行はすぐには起きないだろう。一部の企業はオンプレミスのシステムをクラウドサービスに移行する段階にあり、これに時間を費やすことになる。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

「伊右衛門」「日清麺職人」「鍋キューブ」に見る2024年上半期食品・飲料トレンドは「うま濃い余韻」
食品メーカーの商品開発やマーケティング支援などを行う味香り戦略研究所は、2024年の食...

news076.jpg

オラクルが広告事業から撤退へ ポストCookie時代の業界地図は変わるか?
Oracleは「Responsys」「Moat」「BlueKai」などの買収を重ねて広告部門を構築してきた。...

news068.jpg

琉球泡盛「残波」「海乃邦」の海外展開を例に考える日本のブランドが持つべき視点
日本のブランドが海外展開で持つべき視点とはどのようなものか。2024年4月にI&CO APAC代...