「Amazon S3」がもたらしたストレージの根本的な変化とは?AWSと共に生まれたストレージ「S3」【後編】

2006年に提供開始した「Amazon Simple Storage Service」(Amazon S3)は、さまざまな進化を遂げた。老舗ストレージベンダーが競合してきた市場に、Amazon S3は何をもたらしたのか。

2024年06月21日 07時15分 公開
[Tim McCarthyTechTarget]

関連キーワード

Amazon Web Services | Amazon S3 | 人工知能


 クラウドベンダーAmazon Web Services(AWS)のオブジェクトストレージサービス「Amazon Simple Storage Service」(Amazon S3)は、2006年の提供開始以来、さまざまな進化を遂げてきた。Amazon S3があったことで、ストレージ市場は大きく変わったという見方がある。Amazon S3は老舗ベンダーが競合するストレージ市場でどのような存在になり、これまでに何をもたらしたのか。

「Amazon S3」がもたらしたストレージの根本的な変化

 「NetAppは30年間にわたって企業向けストレージの分野で取り組みを続けてきた。AWSはそのNetAppに追い付くことを目指している」。米TechTargetの調査部門Enterprise Strategy Group(ESG)のアナリストであるサイモン・ロビンソン氏はそう述べる。

 AWSが老舗のストレージベンダーに追い付くためにはまだ課題がある。ストレージベンダーのNetAppがAWSで提供するファイルストレージサービス「Amazon FSx for NetApp OnTap」は、スループット(データ転送速度)を改善し、2024年3月時点で読み取り速度を36GBpsから72GBpsに向上させた。それに対してファイルストレージサービスの「Amazon Elastic File Service」(Amazon EFS)の最大読み取り速度は20GiBps(ギビバイト:2の30乗で表す単位で1GiBは約1.074GB)だ。

 ITコンサルティング会社Silverton Consultingの創設者兼プレジデントのレイ・ルチェシ氏によると、クラウドストレージの分野で覇権を狙うストレージベンダーはNetAppだけではない。「Dell Technologies、日立ヴァンタラ、IBMもクラウドストレージを次世代の収益源と見ており、立ち止まることはない」とルチェシ氏は言う。

 AWS Pi Day 2024に合わせてAWSが発表した新機能は、ハイパースケーラー(大規模データセンターを運営する事業者)がさまざまな企業の生成AI戦略に沿えるように開発されている。

 「顧客はストレージに柔軟性を求めている。企業は特定のストレージタイプへの適応に関わる余分な努力を顧客から取り除くために、必要なAPI(アプリケーションプログラミングインタフェース)を提供しようとしている」とAWSのバイスプレジデントであるアンディ・ウォーフィールド氏は語る。

 現在はAmazon S3および関連するAPIの採用が進んだことにより、アプリケーションや企業利用においてオブジェクトストレージの導入が加速し、それがAWSの成長を支える土台となっている。

 「オブジェクト」を最小単位とするオブジェクトストレージは保存期間やコピー回数などのメタデータを単独で保存できる。インターネット通信に利用するプロトコル「HTTPS」(Hypertext Transfer Protocol Secure)で接続できる点もオブジェクトストレージのメリットだ。

 一方で、他のベンダーは、特定の用途に適したオブジェクトストレージの代替品を提案している。ただしウォーフィールド氏は「クラウドサービスにおけるストレージの基盤としてのオブジェクトストレージは今後も盤石だ」と分析する。

 「Amazon S3がストレージ業界の様相を根本から変えたと言っても過言ではない。ストレージアーキテクチャだけでなく、アプリケーションの風景も変化させた」とロビンソン氏は強調する。

 ニッチ市場に属していたデータセンターのストレージを、よりアクセスしやすく、費用効果の高いクラウドストレージという形に変革したのがAmazon S3だと、ルチェシ氏は指摘する。

 「オブジェクトストレージ技術が出た当初は『何に使うのか』という問題があった。Amazon S3は今やオブジェクトストレージが探求してきたアプリケーションそのものとなった」とルチェシ氏は述べる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news136.jpg

「Vポイント」「Ponta」と連携したCTV向けターゲティング広告配信と購買分析 マイクロアドが提供開始
マイクロアドは、VポイントおよびびPontaと連携したCTV向けのターゲティング広告配信を開...

news105.jpg

Netflixの広告付きプランが会員数34%増 成長ドライバーになるための次のステップは?
Netflixはストリーミング戦略を進化させる一方、2022年に広告付きプランを立ち上げた広告...

news094.png

夏休み予算は平均5万8561円 前年比微減の理由は?――インテージ調査
春闘での賃上げや定額減税実施にもかかわらず、2024年の夏休みは円安や物価高の影響で消...