過去記事一覧 (2020 年)

10 月

/tt/news/2010/27/news03.jpg
クラウドステージング戦略のススメ

クラウドベースのデスクトップ(DaaS)に円滑に移行する方法

新型コロナウイルス感染症対策としてDaaSを検討する企業は多いが、移行には課題も多い。従業員の反発を招くことなく円滑に移行するためには、クラウドステージングという戦略が有効だ。

/tt/news/2010/27/news10.jpg
「開発するか、利用に徹するか」が分かれ道

「CPaaS」を“理想のテレワーク”の実現に生かす方法

「CPaaS」は有用なクラウドサービスだが、導入後すぐにメリットが得られるわけではない。CPaaSをベースに新たなテレワーク体制を整えるためには、どのような事前計画を立てるべきなのか。

/tt/news/2010/23/news10.jpg
マーケティングにGCPを活用するMcDonald's【前編】

マクドナルドに「GCPでスマホアプリ開発」を促した“マスマーケの限界”

McDonald'sは「Google Cloud Platform」(GCP)を利用して開発したスマートフォンアプリケーションをマーケティングに生かしている。マスマーケティング以外の手段を模索する背景には何があるのか。

/tt/news/2010/22/news03.jpg
在宅前提のセキュリティを考える【後編】

「クラウドデータ衛生」「SaaS衛生」とは? 在宅勤務時の公私混同をなくす

クラウドサービスを使って在宅勤務などのテレワークを安全に進めるために、企業は何をすればよいのか。それを考えるヒントが「クラウドデータ衛生」と「SaaS衛生」だ。それぞれの基本をまとめた。

/tt/news/2010/21/news07.jpg
AWSの9大ネットワークサービス【中編】

いまさら聞けないAWSの「Amazon Route 53」「Amazon CloudFront」「AWS Direct Connect」の基礎

目的に応じた複数のネットワークサービスをそろえるAWS。その中から「Amazon Route 53」「Amazon CloudFront」「AWS Direct Connect」の3種のネットワークサービスを説明する。

/tt/news/2010/20/news09.jpg
「AWS」「Azure」「GCP」を安く使う方法【後編】

「Azure」や「GCP」が安くなる主な割引プログラムとは?

クラウドサービスを利用する場合、リソースの利用を確約したり、制限を受け入れたりすることで料金の割引が受けられることがある。「Microsoft Azure」と「Google Cloud Platform」の割引プログラムを紹介する。

/tt/news/2010/19/news04.jpg
クラウドサービスを使った災害対策

「DRaaS」「クラウドDR」の基本的な違いとは? 2大DR手段を比較

「DRaaS」と「クラウドDR」はDR(ディザスタリカバリー)を実現するという最終的な目標は同じだが、それぞれ異なる長所と短所がある。両者は何が違うのか。

/tt/news/2010/16/news06.jpg
「安さ」は判断基準にならない?

「Zoom」「Teams」「Webex」使うならどれ? Web会議ツールの選び方

Web会議ツール「Zoom」「Teams」「Webex」のどれを使うかを決める際、利用料金は重要な選定ポイントにはならないと専門家は指摘する。何を基準に選べばよいのか。

/tt/news/2010/15/news04.jpg
「AWS」「Azure」「GCP」を安く使う方法【前編】

AWSが安くなる「リザーブドインスタンス」「スポットインスタンス」「Savings Plans」とは

AWSには利用料金の割引プログラムが幾つかある。それぞれどのような条件で、どの程度の割引が受けられるのか。主な割引プログラム「リザーブドインスタンス」「スポットインスタンス」「Savings Plans」を紹介する。

/tt/news/2010/15/news02.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

AWS、Azure、GCP以外の“ニッチクラウド”を選ぶ理由

AWSとMicrosoft Azure、GCPだけがクラウドサービスではない。用途やニーズによっては、他ベンダーのクラウドサービスが最適な場合がある。こうした“ニッチクラウド”を選ぶメリットと注意点を説明する。

/tt/news/2010/14/news03.jpg
「Power Systems」の変化に潜むIBMの狙い【後編】

IBMが「OpenShift」「Ansible」などのRed Hat製品を取り込む“本当の狙い”

IBMはサーバ製品群「IBM Power Systems」と、「OpenShift」や「Ansible Automation」といったRed Hat製品を組み合わせた提案を進めている。その狙いとは。

/tt/news/2010/13/news04.jpg
RDBMSの運用を容易にするクラウドデータベース

AWSのRDBMSサービス「Amazon RDS」「Aurora Serverless」の基本的な違い

「Amazon RDS」と「Amazon Aurora Serverless」は、どちらもAWSが提供するRDBMSサービスだ。両サービスの機能と制約を整理した上で、自社に適したサービスを選ぶための判断基準を説明する。

/tt/news/2010/12/news02.jpg
充実した開発者サポートが魅力

AWSが提供する量子コンピューティングサービス「Amazon Braket」

やや旧聞になるが、AWSの量子コンピューティングサービス「Amazon Braket」を紹介する。さまざまな量子コンピュータへのアクセスや支援ツールに注目だ。

/tt/news/2010/12/news08.jpg
AWSの9大ネットワークサービス【前編】

いまさら聞けないAWSの「Amazon Virtual Private Cloud」「Elastic Load Balancing」の基礎

AWSは複数のネットワークサービスを提供している。その中から仮想ネットワークの「Amazon Virtual Private Cloud」とロードバランサーの「Elastic Load Balancing」を説明する。

/tt/news/2010/07/news01.jpg
Computer Weekly製品ガイド

最適なDR(災害復旧)製品の選定

災害復旧を導入する際のさまざまな選択肢を取り上げ、それぞれどの程度の価値があるのかを検討する。

/tt/news/2010/07/news05.jpg
テレワークのためのクラウド導入ガイド【後編】

「テレワークのためのクラウド導入」に失敗しないためにやるべきこと

在宅勤務などのテレワークを実現する上で、クラウドサービスは大いに役立つ。クラウドサービスのメリットを引き出すために、導入時に考慮すべき点を紹介する。

/tt/news/2010/07/news04.jpg
「Power Systems」の変化に潜むIBMの狙い【前編】

IBMは今なぜ「従量課金型Power Systems」を売るのか

IBMはサーバ製品群「IBM Power Systems」に従量課金型の料金体系を導入した。ユーザー企業にとって、どのようなメリットがあるのか。

/tt/news/2010/05/news01.jpg
Computer Weekly製品ガイド

最適なDR(災害復旧)方法の選び方

災害復旧の選択肢として利用できるフェイルオーバー、社内および社外施設、クラウドについて検討する。

/tt/news/2010/02/news01.jpg
オブジェクトストレージのデータを直接アーカイブ

テープをAmazon S3ストレージ化する「FUJIFILM オブジェクト アーカイブ」

FujifilmのFUJIFILM オブジェクト アーカイブは、S3プロトコルを使ってオブジェクトストレージのように振る舞い、S3のデータを直接アーカイブできる。

/tt/news/2010/01/news01.jpg
クラウド時代のベンダーロックインを考える【後編】

「ベンダーロックインが嫌だからクラウドを利用しない」は賢明か?

ベンダーロックインのリスクと引き換えに、それに見合ったメリットを提供するクラウドベンダーもある。ユーザー企業はクラウドサービスの利用を検討する際、何を重視すべきなのか。

9 月

/tt/news/2009/30/news11.jpg
テレワークのためのクラウド導入ガイド【前編】

クラウド初心者に贈る「テレワークのためのクラウド導入」のヒント

クラウドサービスは在宅勤務などのテレワークに適した手段だ。クラウドサービス初心者の企業がテレワーク推進のためにクラウドサービスを導入する際のヒントを紹介する。

/tt/news/2009/25/news07.jpg
クラウドニュースフラッシュ

情報漏えいの“真犯人”は「クラウドサービスの設定ミス」だった?

クラウドサービスと情報漏えいの関係を示す調査結果や、オンプレミスのインフラで「SAP HANA Enterprise Cloud」を動かす新サービスなど、クラウドに関する主要なニュースを6本取り上げる。

/tt/news/2009/25/news03.jpg
クラウドデータベースの選び方【第4回】

レガシーアプリのDBMSを「クラウドデータベース」に移行させる賢い方法

オンプレミスのインフラで稼働させているレガシーアプリケーションをクラウドサービスに移行させる際の課題が、DBMSの移行だ。移行先として「クラウドデータベース」を選ぶ場合、失敗しないためには何をすべきか。

/tt/news/2009/24/news07.jpg
クラウド時代のベンダーロックインを考える【中編】

クラウド選びで「ベンダーロックイン」が問題にならない“これだけの根拠”

クラウドサービスを選ぶとき、ユーザー企業はベンダーロックインを気にしなくなりつつあると同時に、クラウドベンダーもベンダーロックインの不安を解消するために工夫をしている。

/tt/news/2009/24/news01.jpg
Computer Weekly製品ガイド

サービスとしての災害復旧(DRaaS)の主な選択肢

災害復旧の構築に際して、完全なセルフサービス型かアシスト型かマネージド型かの選択は、何を守る必要があるのか、そしてどんな社内リソースがあるのかにかかっている。

/tt/news/2009/19/news01.jpg
知っておきたいITエンジニアと雇用の関係【後編】

“テレワーク転居”で年収ダウン? 「生活費連動給与」の是非

テレワークによって、ITエンジニアは生活費の安い地域に暮らしながら遠隔で働けるようになる。ただしこうした転居は、ITエンジニアに給与ダウンをもたらす可能性がある。それはなぜなのか。

/tt/news/2009/18/news06.jpg
「OPEX」での導入に合理性

ストレージの「サブスクリプション」「従量課金」がオンプレミスでも広がる理由

クラウドストレージの魅力の一つは、従量課金型の継続課金で導入できることだ。この料金体系は、いまやオンプレミス製品でも当たり前の選択肢になりつつある。

/tt/news/2009/18/news02.jpg
クラウドデータベースの選び方【第3回】

オンプレミスDBMSをやめて「クラウドデータベース」に移るべき企業の特徴

データベース管理システムの機能をクラウドサービスとして利用できる「クラウドデータベース」への移行が適している企業は、どのような企業なのか。その条件を説明する。

/tt/news/2009/03/news02.jpg
クラウド時代のネットワーク最適化【第2回】

“遅いMicrosoft 365”や“遅いAWS”をネットワークで解消する4つの方法

従来のネットワークのままクラウドサービスの利用が増えると、ボトルネックが生じて快適なクラウドサービスの利用が阻害される場合があります。その問題を解消する4つの方法を紹介します。

/tt/news/2009/17/news02.jpg
プロビジョニングや運用はもう要らない

データベース絡みの悩みから解放するDBaaS(DataBase as a Service)

IT技術者はデータベースに関連する多くの要素に悩まされてきた。これらはDBaaSによって解決するという。DBaaSは本当に有用なのだろうか。

/tt/news/2009/17/news01.jpg
「ネットワークセキュリティ」と「クラウドセキュリティ」の違い【後編】

いまさら聞けない「クラウドセキュリティ」の基礎 機能とその役割は?

「クラウドセキュリティ」は、具体的にどのような機能を持ち合わせているのか。保護対象を中心にクラウドセキュリティの基本事項を整理した上で、「ネットワークセキュリティ」との関連性を解説する。

/tt/news/2009/16/news07.jpg
クラウド時代のベンダーロックインを考える【前編】

クラウドユーザーが「ベンダーロックイン」を恐れないシンプルな理由

ユーザー企業はIaaSやPaaSといったクラウドサービスを導入するときに、ベンダーロックインの心配をしなくなりつつある。その背景には何があるのか。

/tt/news/2009/12/news01.jpg
知っておきたいITエンジニアと雇用の関係【前編】

年収1000万円超えが狙える「クラウドエンジニア資格」とは?

新型コロナウイルス感染症の影響で、クラウドエンジニアの需要が高まりつつある。採用や給与にプラスの影響を与える可能性が高いクラウド関連資格を説明する。

/tt/news/2009/11/news08.jpg
クラウドデータベースの選び方【第2回】

「クラウドデータベース」選びで見落としてはいけない5大ポイント

クラウドベンダーはさまざまな種類の「クラウドデータベース」を提供している。自社にあったクラウドデータベースを選定するには、どのような基準で評価すればよいのか。

/tt/news/2009/10/news01.jpg
「Azure VMware Solution」と「VMware Cloud on AWS」を比較【後編】

「Azure VMware Solution」「VMware Cloud on AWS」のどちらを選ぶべきか?

VMware製品をクラウドサービスで利用できる「Azure VMware Solution」と「VMware Cloud on AWS」。オンプレミスのインフラからクラウドサービスへアプリケーションを移行させるときは、どちらを選べばよいのか。

/tt/news/2009/09/news07.jpg
主要ベンダーの「DBaaS」を比較【後編】

AWS、Microsoft、Google、Oracleの「DBaaS移行サービス」を機能で比較する

「DBaaS」(Database as a Service)の主要ベンダーは、オンプレミスのDBMSからDBaaSへの移行を支援するサービスを提供している。各社の移行サービスを確認していこう。

/tt/news/2009/08/news02.jpg
「脱クラウド」の要否【後編】

「脱クラウド」「オンプレミス回帰」で見落としてはいけない“2大コスト”

コスト削減が「脱クラウド」の主な理由ではなくても、脱クラウドによるコストの変化を把握することは重要だ。当然ながら脱クラウドの作業そのものにも、それなりのコストがかかる。どのようなコストが発生するのか。

/tt/news/2009/08/news01.jpg
「SASE」普及期へ【後編】

SASEの構成要素を寄せ集めた“なんちゃってSASE”が危険な理由

「SASE」はセキュリティとネットワークのさまざまな製品機能を集約した、新たな製品分野だ。個別の製品を組み合わせて、SASEと同様の機能を実現することも可能だが、避けるべきだと専門家は語る。それはなぜなのか。

/tt/news/2009/07/news01.jpg
コントローラーの機能をオフロード

スタートアップ企業Nebulonが提案する「クラウド定義ストレージ」

ストレージコントローラーの機能の一部をクラウドにオフロードしてハードウェアコストを削減するというクラウド定義ストレージ。ソフトウェア定義ストレージと何が異なるのか。

/tt/news/2009/05/news01.jpg
テレワーク時の印刷をより手軽に

ドライバが要らないMicrosoftのクラウド印刷「ユニバーサル印刷」とは?

インターネット経由でプリンタ管理と印刷を可能にする「Universal Print」(ユニバーサル印刷)。Microsoftが「Microsoft 365」ユーザー向けにパブリックプレビュー版の提供を始めた、同サービスの特徴を説明する。

/tt/news/2009/04/news02.jpg
「ネットワークセキュリティ」と「クラウドセキュリティ」の違い【前編】

いまさら聞けない「ネットワークセキュリティ」の基礎 何を保護するのか?

「ネットワークセキュリティ」の主な役割とは、どのようなものなのか。社内LANへの不正アクセス防止にとどまらない、ネットワークセキュリティの基本事項を整理する。

/tt/news/2008/11/news02.jpg
新型コロナウイルスとクラウドサービスのコストの関係【後編】

エネルギー会社が「AWSによるロックイン」を選んだ“合理的な理由”

大手エネルギー企業TC Energyは、「SAP ERP」をはじめとした主要な業務システムのほぼ全てをAWSに移行させた。なぜ単一ベンダーのクラウドサービスだけを利用するのか。

/tt/news/2009/02/news08.jpg
主要ベンダーの「DBaaS」を比較【前編】

AWS、Microsoft、Google、Oracleの「DBaaS」をラインアップで比較する

「クラウドデータベース」とも呼ばれる「DBaaS」には、用途に合わせた幅広いサービスがある。主要ベンダーであるAWSとMicrosoft、Google、Oracleの各社が提供する主要なDBaaSを紹介する。

/tt/news/2009/01/news07.jpg
クラウドデータベースの選び方【第1回】

「クラウドデータベース」が売れる理由 DBMS市場の7割超えへ

大手クラウドベンダーはさまざまな「クラウドデータベース」を提供するようになった。Gartnerの調査結果を基に、クラウドデータベース市場が拡大する理由を探る。

8 月

/tt/news/2008/31/news09.jpg
クラウドニュースフラッシュ

クラウドサービスを医療業界が利用したくなる最大の理由とは?

クラウドサービスの利用に踏み切る理由には、業種ごとの特徴はあるのか。医療関連企業がクラウドサービスを使う「ある理由」を明らかにした調査結果など、クラウドサービスに関する主要なニュースを6つ紹介する。

/tt/news/2008/28/news06.jpg
「Microsoftが保護してくれる」との思い込みは危険

「Microsoft 365」(Office 365)バックアップの要チェックポイント

「Microsoft 365」のユーザー企業が、データの確実なバックアップやリストアを実現するには、何をすればよいのか。確認すべきポイントを紹介する。

/tt/news/2008/26/news04.jpg
テレワークニュースフラッシュ

「テレワーク」をやめて「オフィス出社」せざるを得ない理由とは?

新型コロナウイルス感染症拡大に伴う緊急事態宣言下でテレワークを導入した企業が、オフィス出社に切り替え始めている。その背景には宣言解除だけではない、各社の事情がある。テレワークを取り巻く動向をまとめた。

/tt/news/2008/27/news01.jpg
「Microsoft 365」と「G Suite」を比較する【後編】

「Microsoft 365」と「G Suite」の違いをストレージ容量と月額料金で比較する

サブスクリプション形式の2大オフィススイート「Microsoft 365」と「G Suite」は、どう違うのか。利用できるファイル同期サービスのストレージ容量と、利用料金の違いで比較する。

/tt/news/2008/25/news08.jpg
「Azure VMware Solution」と「VMware Cloud on AWS」を比較【前編】

VMware Cloud on AWSにはない「Azure VMware Solution」の利点とは?

「Azure VMware Solution」は、VMware製品をクラウドサービスで利用できる点で「VMware Cloud on AWS」と似ている。Azure VMware Solutionを選ぶべき理由は何か。

/tt/news/2008/05/news03.jpg
クラウドサービスのトラフィック最適化【第4回】

ローカルブレークアウトより効果的? “遅いMicrosoft 365”を防ぐ手段とは

クラウドサービスの遅延が発生する原因の一つは、物理的に離れたサーバに接続することにあります。この問題を解消し、業務効率を低下させずにクラウドサービスを有効活用するための手段を紹介します。

/tt/news/2008/24/news04.jpg
「脱クラウド」の要否【中編】

「脱クラウド」「オンプレミス回帰」を失敗させない“2つの考慮点”

「脱クラウド」が必要だと判断したとしても、実際にクラウドサービスからオンプレミスのインフラにシステムを移行させるのは簡単ではない。脱クラウドを成功させるには、どのような点を考慮すればよいのだろうか。

/tt/news/2008/20/news05.jpg
クラウドファイルストレージ

AWS、Azure、GCPのファイルストレージ

クラウドではAmazon S3をはじめとするオブジェクトストレージの利用が拡大しているが、ファイルストレージが必要なユースケースも多い。3大クラウドプロバイダーが提供するファイルストレージを理解しておこう。

/tt/news/2008/19/news01.jpg
AWS、MS、Googleのクラウドストレージ【後編】

AWS、MS、Googleのクラウドストレージオプション総まとめ

クラウドサービスのオプションは複雑化して全体像を把握するのは容易ではない。本記事ではAWS、MS、Googleのクラウドストレージオプションを整理する。

/tt/news/2008/19/news02.jpg
「Microsoft 365」と「G Suite」を比較する【中編】

SharePointとDrive Enterpriseの違いは? Microsoft 365とG SuiteのECM比較

社内のデータを共有する手段として「Microsoft 365」と「G Suite」のどちらが適しているのか。両者のコンプライアンス支援の取り組みと、エンタープライズコンテンツ管理(ECM)ツールを比較する。

/tt/news/2008/18/news12.jpg
複数あるサービスの役割を整理

AWS、Azure、GCPの「ロードバランサーサービス」の違いを理解する

クラウドベンダー大手3社は「ロードバランサー」サービスを複数提供している。それぞれ何が違うのか。AWS、Google、Microsoftの主要なロードバランサーサービスと、それぞれの役割を見ていこう。

/tt/news/2008/18/news10.jpg
「脱クラウド」の要否【前編】

「脱クラウド」「オンプレミス回帰」を招く“クラウド3大問題”とは?

クラウドサービスからオンプレミスのインフラにシステムを戻す「脱クラウド」に踏み切る企業は、クラウドサービスでのシステム運用に何らかの問題を抱えている。どのような問題が脱クラウドにつながるのか。

/tt/news/2008/18/news05.jpg
「脱クラウド」が意味するもの【第4回】

オンプレミスとクラウドを賢く使い分ける4つのポイントとは?

「脱クラウド」で考えさせられるのは、結局オンプレミスのインフラとクラウドサービスは何が違うのかという点だ。両者の間で明確に異なる点を考察する。

/tt/news/2008/18/news01.jpg
「SASE」普及期へ【中編】

新型コロナ禍で「SASE」が求められる理由と、賢く導入する方法は?

新型コロナウイルス感染症対策として在宅勤務などのテレワークが広がる中、脚光を浴びる製品分野が「SASE」だ。SASEへの関心が高まる背景と、導入の際に注意すべき点を紹介する。

/tt/news/2008/17/news02.jpg
AWS、MS、Googleのオンプレミスハードウェア【前編】

Amazon Web Services(AWS)のオンプレミスハードウェアを再チェック

大手クラウドベンダー3社はオンプレミスハードウェアの提供やサポートを通じてハイブリッドクラウド戦略を推し進めている。まず3社のアプローチの違いとAWSの製品を紹介する。

/tt/news/2007/27/news01.jpg
クラウドが変えるセキュリティ市場【前編】

「SECaaS」はなぜ必要か? 従来型セキュリティ製品の“3大限界”を打破

クラウドサービスの普及が、セキュリティ製品の在り方も変えようとしている。その象徴的な存在が「SECaaS」(Security as a Service)だ。調査会社が国内市場の成長を見込むSECaaS。注目の背景を探る。

/tt/news/2007/23/news03.jpg
「脱クラウド」が意味するもの【第3回】

「脱クラウド」したくなるセキュリティ問題 クラウドが狙われる理由とは?

クラウドサービスの利用で企業が懸念するポイントの一つがセキュリティだ。これがクラウドサービスからオンプレミスのインフラに回帰する「脱クラウド」の主要な要因にもなっている。

/tt/news/2008/06/news02.jpg
アプリとインフラを分離

MicrosoftとAlibaba Cloudが立ち上げた「Open Application Model」とは

MicrosoftとAlibaba Cloudが提携し、「Open Application Model」(OAM)を立ち上げた。OAMとは何か。OAMによって何が実現するのか。

/tt/news/2008/06/news01.jpg
AWS、Microsoft、Googleのハイブリッドクラウド製品・サービス【後編】

Googleをハイブリッドクラウドの“最重要ベンダー”に変えた「Anthos」とは?

Googleはコンテナオーケストレーションツール「Kubernetes」を中核としたハイブリッドクラウド戦略を進めている。MicrosoftやAWSと比較したときの同社の強みとは。

/tt/news/2008/05/news07.jpg
「BaaS」の利点と課題【後編】

クラウドバックアップ「BaaS」選びを失敗させる“あの問題”とは

「BaaS」はバックアップのコストや作業負荷を軽減してくれる。だが選び方によっては想定外の問題に直面する可能性がある。BaaSの選定時に注意すべき点とは。

/tt/news/2008/05/news06.jpg
「Microsoft 365」と「G Suite」を比較する【前編】

「Microsoft Teams」と「Google Chat」「Google Meet」の違いとは?

サブスクリプション形式の2大オフィススイート「Microsoft 365」と「G Suite」のどちらを導入すべきか。判断する際の材料はさまざまだ。まずはコミュニケーションツールを比較する。

/tt/news/2008/05/news05.jpg
「SASE」普及期へ【前編】

セキュリティとネットワークの新製品「SASE」を今すぐ導入したくなる理由

セキュリティとネットワークの運用を簡略化し得る新たな選択肢が、Gartnerの提唱した「SASE」だ。専門家は在宅勤務などのテレワークが企業の間に広がるとともに、SASEの採用も進むとみている。それはなぜか。

/tt/news/2008/04/news05.jpg
新型コロナウイルスとクラウドサービスのコストの関係【中編】

新型コロナで脚光の“格安クラウドサービス”は買いなのか?

新型コロナウイルス感染症の拡大は、クラウドサービスの料金競争に影響する可能性がある。コスト効果を武器に、AWS、Microsoft、Googleの大手クラウドベンダー3社を追うOracleとDigitalOceanの戦略を追う。

/tt/news/2008/03/news01.jpg
AWSのマルチクラウド戦略【後編】

AWSが「マルチクラウド」に消極的なままだと何が起こるのか?

マルチクラウドへの消極的な姿勢は、AWSやそのユーザー企業にどのような影響をもたらすのか。AWSのマルチクラウドに関連する取り組みと共に整理する。

7 月

/tt/news/2007/22/news04.jpg
クラウドニュースフラッシュ

“クラウド拒否”の企業がIaaS/PaaSを使いたくなる条件とは?

複数の調査会社が、クラウドサービスの企業導入は2020年以降も進むと予測している。その理由とは。クラウドサービスの導入事例やクラウド移行を支援する新サービスと併せて紹介する。

/tt/news/2007/31/news01.jpg
クラウドとオンプレミスを比較する4つのポイント【後編】

クラウドとオンプレミス、必要な「コスト」と「スキル」が多いのはどっち?

クラウドサービスはハードウェアの購入が不要だが、オンプレミスのインフラと比べてコストが下がったり、必要なスキルが少なくなったりするとは限らない。2つのインフラの「コスト」と「必要なスキル」の違いとは。

/tt/news/2007/29/news09.jpg
AWS、Microsoft、Googleのハイブリッドクラウド製品・サービス【中編】

「Azure Stack」だけじゃない、Microsoftのハイブリッドクラウド製品とは?

オンプレミスのインフラ向け製品を長く提供してきたMicrosoftは、クラウドベンダーの中でもいち早くハイブリッドクラウドに目を向けてきた。同社のハイブリッドクラウド向け主要製品・サービスを紹介する。

/tt/news/2007/29/news07.jpg
「SASE」を解剖する【前編】

新たな製品「SASE」はどのような機能で構成されているのか?

クラウドサービスの普及など、ITの変化がもたらす課題の解決策となり得るのが「SASE」だ。ネットワークやセキュリティに関する複数の機能で構成されるSASE。その主要な構成要素を解説する。

/tt/news/2007/27/news02.jpg
AWS、MS、Googleのクラウドストレージ【前編】

ユースケース別に見るAWS、Microsoft、Googleのクラウドストレージ

ファイル、ブロック、オブジェクトストレージそれぞれに対応したクラウドストレージサービスがあり、3大プロバイダー(AWS、Microsoft、Google)に限っても多岐にわたる。まずはユースケース別に整理しよう。

/tt/news/2007/24/news02.jpg
Citrix、VMware、MicrosoftのVDIでCADを動かす

「VDI」で「CAD」を快適に使うための5大ポイント

CADソフトウェアは扱うファイルのサイズが大きくグラフィックスを多用するため、VDIで動かしたいときは構築時や運用時に気を付けるべきことがある。主要な5つのポイントを説明する。

/tt/news/2007/22/news07.jpg
AWS、Microsoft、Googleのハイブリッドクラウド製品・サービス【前編】

AWSが提供する「ハイブリッドクラウド」に役立つ主要サービスとは?

Amazon Web Services(AWS)とMicrosoft、Googleのハイブリッドクラウド戦略は、何が違うのか。まずはAWSの主要な取り組みを見ていこう。

/tt/news/2007/21/news05.jpg
メリットと注意点を整理

いまさら聞けない「ハイブリッドクラウド」と「マルチクラウド」の違いとは?

「ハイブリッドクラウド」と「マルチクラウド」。混同されがちなこの2つの言葉は、どう違うのか。それぞれの要点と構築時の注意点を説明する。

/tt/news/2007/15/news06.jpg
「ハイブリッドクラウド」の8大用途【後編】

クラウドが使いたくても使えなければ「ハイブリッドクラウド」を選ぶべき理由

企業データはガバナンスやコンプライアンスの観点から、クラウドサービスで扱うことが難しい場合がある。このような場合に考慮すべき選択肢が「ハイブリッドクラウド」だ。それはなぜなのか。

/tt/news/2007/16/news05.jpg
「SASE」とは何か【後編】

「SASE」導入時に注意すべきこととは? Gartnerが語る

ネットワークとセキュリティに関する機能を一体化させた「SASE」。その導入時に気を付けるべきこととは何か。市場はどのように動いているのか。

/tt/news/2007/15/news05.jpg
新型コロナウイルスとクラウドサービスのコストの関係【前編】

FinTech企業が新型コロナ対策のVDIを「AWS」で構築 無交渉・10営業日導入の“弊害”は

新型コロナウイルス感染症といった緊急事態の対策として、企業が急いでクラウドサービスを契約するときは、平時以上に注意する必要がある。それはなぜなのか。FinTech企業の事例から探る。

/tt/news/2006/17/news05.jpg
クラウド時代のネットワーク最適化【第1回】

“遅いMicrosoft 365”の真犯人、残念な「社内ネットワーク」が招く2つの問題

クラウドサービスの利用はもはや当たり前の選択肢になりました。ただしクラウドサービスへの移行に伴う社内ネットワークの問題は、まだ広く認識されているとは言えません。どのような問題があるのでしょうか。

/tt/news/2005/29/news03.jpg
クラウドサービスのトラフィック最適化【第3回】

Microsoft 365(Office 365)の遅延解消に役立つ「ADC」「SD-WAN」の実力とは?

データセンターに一極集中する従来型のネットワークのままでクラウドサービスを利用すると、遅延などのネットワークの問題が発生することがあります。どのような対策が求められるのでしょうか。

/tt/news/2007/10/news01.jpg
AWSのマルチクラウド戦略【中編】

AWSが「マルチクラウド」を無視できなくなる理由

複数のクラウドを併用する「マルチクラウド」に対して、AWSは積極的ではない。自社サービスのみでユーザー企業のニーズを満たそうとするAWSの戦略は、長く続かない可能性がある。それはなぜなのか。

/tt/news/2007/09/news05.jpg
クラウドとオンプレミスを比較する4つのポイント【前編】

クラウドとオンプレミスはどちらがより「安全」で「信頼」できるのか

クラウドサービスよりも、ハードウェアを自社で制御できるオンプレミスのインフラの方がセキュリティが高いかというと、必ずしもそうではない。2つのインフラの違いを「セキュリティ」「信頼性」の観点で比較する。

/tt/news/2007/08/news14.jpg
「SASE」とは何か【前編】

「SASE」とは? CASBやZTNAを包含したクラウド、IoT時代の新製品

Gartnerが新たに提唱するネットワークとセキュリティ運用の製品分野が「SASE」だ。SASEはなぜ必要であり、どのようなものなのか。

/tt/news/2007/06/news06.jpg
メリットと注意点を整理

「Google Cloud VMware Engine」とは? VMwareの仮想マシンをGCPで動かす

Google Cloud PlatformでVMware製品を利用できる「Google Cloud VMware Engine」は、企業にどのようなメリットをもたらすのか。利用を検討する際の注意点とは。

/tt/news/2007/02/news10.jpg
Storjがオブジェクトストレージ化

分散クラウドストレージサービス「Storj」がAmazon S3互換サービスを開始

ユーザーのストレージを利用して利用料を還元するクラウドサービスのStorjが、Amazon S3互換オブジェクトストレージサービスTardigradeを開始。QNAP製品をTardigrade化するアプリもリリースした。

/tt/news/2007/02/news14.jpg
「ハイブリッドクラウド」の8大用途【中編】

「ハイブリッドクラウド」が役に立つ理由をDRや新製品導入の観点で考える

「ハイブリッドクラウド」はクラウドサービスとオンプレミス両方の「いいとこ取り」を実現できる可能性があるが、考慮すべき点もある。ハイブリッドクラウドのメリットと注意点を、用途ごとに説明する。

/tt/news/2006/02/news02.jpg
“正義のハッカー”に聞くリスクと対策【後編】

クラウドサービスを安全に使うためのセキュリティ製品とは?

攻撃者はオンプレミスからクラウドサービスへの移行など、システムが脆弱な状態になりがちな変化のタイミングを狙っている。対策として、どのようなセキュリティ製品を導入するべきなのか。

/tt/news/2006/08/news02.jpg
Dropboxの脱クラウド以前と以後【後編】

Dropboxがオンプレミス回帰後も「AWS」を使い続ける理由

Dropboxは脱クラウド後も部分的にAWSの利用を続けている。独自のストレージシステムを構築したオンプレミスのデータセンターを含め、どのようにインフラを運用し、どのような方針で製品を導入しているのだろうか。

6 月

/tt/news/2006/30/news11.jpg
急成長するHPC市場とAIの関係

Microsoft、HPE、IBMが注力 「スパコン」などのHPC市場が盛り上がる理由

Microsoftが新しいスーパーコンピュータ(スパコン)を発表するなど、HPC市場の動きが活発化している。ベンダー各社がHPC市場に注力する理由は何か。Microsoftのスパコンの情報と併せて解説する。

/tt/news/2005/29/news04.jpg
“正義のハッカー”に聞くリスクと対策【中編】

ハッカーが明かす「クラウドサービス」に潜む“2つの危険”

クラウドサービスには具体的にどのような脆弱性があり、どのような攻撃に気を付けるべきなのか。ホワイトハッカーが解説する。

/tt/news/2006/26/news06.jpg
AWSのマルチクラウド戦略【前編】

なぜ“AWS縛り”ではなく「マルチクラウド」が選ばれるのか

ベンダーロックインの防止やコスト最適化などの観点から「マルチクラウド」を採用するユーザー企業は少なくない。AWSやMicrosoft、Googleといった企業は、この流れにどう戦略を立てているのか。

/tt/news/2005/27/news03.jpg
“正義のハッカー”に聞くリスクと対策【前編】

サイバー犯罪者にとって「クラウドかオンプレミスか」よりも重要なこととは?

システムがクラウドサービスで稼働しているのか、オンプレミスのインフラで稼働しているのかを認識することはIT部門にとって重要だが、攻撃者にとっては必ずしもそうではないという。それはなぜなのか。

/tt/news/2006/25/news08.jpg
Googleのハイブリッドクラウド戦略の目玉

Google新「Anthos」の「AWSで利用可能になった」こと以外の変化とは?

Googleの「Anthos」がAmazon Web Services(AWS)を含むマルチクラウドで利用可能になった。これ以外にもAnthosでできるようになったことは幾つかある。主要な変化をまとめた。

/tt/news/2006/24/news08.jpg
「在宅勤務」長期化に備える【前編】

コロナ市やLenovoに聞く 「在宅勤務」を継続するために必要なITとは?

新型コロナウイルス感染症対策のために急いで在宅勤務などのテレワークに移行した企業は、長期化を見据えたIT環境を整える必要がある。具体的に何をすればよいのか。

/tt/news/2006/01/news03.jpg
Dropboxの脱クラウド以前と以後【前編】

Dropboxはなぜ「AWS」からオンプレミスへの回帰を選んだのか

AWSで運用していた大規模なストレージシステムをオンプレミスに移行したDropbox。同社はなぜ、クラウドサービスからオンプレミスに回帰する「脱クラウド」の判断をしたのだろうか。

/tt/news/2006/23/news02.jpg
優位を主張するRed Hat

Kubernetesプラットフォームを巡り過熱するRed HatとVMwareの競争

仮想マシンとコンテナの統合管理が課題になり、Kubernetesの仮想マシン対応が主戦場となりつつある。Red HatはVMwareとの競争をどう見ているのか。Red Hatの主張を紹介する。

/tt/news/2006/23/news05.jpg
Google Cloud Platformの7つのデータベースサービス【後編】

GCPの「Memorystore」「BigQuery」とは? 特徴と機能を解説

Googleが提供するインメモリデータストアサービス「Cloud Memorystore」やクラウドDWH「BigQuery」を利用することで何ができるのか。両サービスの特徴を説明する。

/tt/news/2006/23/news03.jpg
コロナ禍の「VDI」導入計画【後編】

“全面在宅勤務”でも快適に使える「VDI」の作り方

在宅勤務などのテレワークを全社的に実施する手段として「VDI」を利用するには、検討しなければならない事柄が幾つかある。主に導入時や運用時に注目すべきポイントを説明する。

/tt/news/2006/22/news03.jpg
“クラウド破産”の理由と対策【後編】

“クラウド破産”を防ぐには? 利用料金を予算内に収める選び方

想定外に高額になりがちなクラウドサービスの利用料金。予算内に収めるためには、どのような観点でクラウドサービスを利用し、選べばよいのか。

/tt/news/2006/19/news06.jpg
「ハイブリッドクラウド」の8大用途【前編】

「ハイブリッドクラウド」はなぜ必要か? DXとクラウド移行の観点で考える

企業がハイブリッドクラウドのメリットを引き出すには、どのような用途で構築するのかを明確にしておく必要がある。ハイブリッドクラウドの主な用途と、構築前に確認しなければならないことを説明する。

/tt/news/2006/16/news04.jpg
IBMに聞く「量子コンピュータ」の今【後編】

なぜ「量子コンピュータ」について知らないとまずいのか

「量子コンピュータ」の知識はなぜ必要なのか。IBMが量子コンピュータのクラウドサービス「IBM Quantum Experience」を提供する理由とは。同社の量子コンピュータ部門責任者に聞く。

/tt/news/2006/15/news07.jpg
コロナ禍の「VDI」導入計画【前編】

「オンプレミスVDI」「DaaS」を比較 在宅勤務でのVDI全社導入ならどっち?

オンプレミスのインフラにVDIを構築するか。VDIの機能をサービスとして使えるDaaSを利用するか。在宅勤務などのテレワーク全面実施に適したVDIの選び方を説明する。

/tt/news/2005/19/news06.jpg
“クラウド破産”の理由と対策【前編】

“クラウド破産”はなぜ起こるのか? 利用料金が想定外に高くなる理由

クラウドサービスを使っていると、利用料金が想定していたよりも高額になることがある。なぜこうしたことが起こり得るのか。

/tt/news/2005/11/news04.jpg
クラウドが浮き彫りにするリスク【後編】

クラウドユーザーのための“クラウド専用”のセキュリティ対策とは?

クラウドサービスのセキュリティ対策には、オンプレミスのシステムと共通しているものもあれば、クラウドサービスの利用を前提として生まれたものもある。それぞれどのような対策があるのか。専門家に聞いた。

/tt/news/2006/04/news06.jpg
Google Cloud Platformの7つのデータベースサービス【中編】

「Cloud Bigtable」「Firebase Realtime Database」「Cloud Firestore」の違い

Googleは複数の「クラウドデータベ―ス」を提供している。その中からNoSQLの「Cloud Bigtable」「Firebase Realtime Database」「Cloud Firestore」を紹介する。それぞれ何がどう違うのか。

/tt/news/2006/02/news01.jpg
プライベートクラウドへの移行計画の立て方【後編】

「プライベートクラウド」移行を経営陣に納得させるためにやるべきこと

プライベートクラウドへの移行を実行に移すためには、経営陣の承認を取り付ける必要がある。IT担当者は何をすればよいのか。

/tt/news/2005/22/news03.jpg
「クラウドファースト」と「M&A」を推進

不動産サービス企業がOffice 365を遅くしないために「SD-WAN」を選んだ訳

「Office 365」などのクラウドサービスの利用拡大に伴い、不動産サービス企業のCushman & Wakefieldは「SD-WAN」でネットワークを再構築した。なぜSD-WANを採用し、どのような成果を得たのか。

5 月

/tt/news/2005/29/news02.jpg
Computer Weekly製品ガイド

クラウドファーストの終焉――クラウドへの集約とエッジへの分散

エッジコンピューティングはIT業界で最も重要なトレンドの一つであり、クラウドに取って代わるかもしれないという見方もある。

/tt/news/2006/01/news06.jpg
クラウドニュースフラッシュ

新型コロナウイルス感染拡大でも急成長する“あのクラウド”とは

国内の企業は、重要なシステムにどのくらいパブリッククラウドを使用しているのか。新型コロナウイルスの感染が拡大する中でもクラウド市場が成長を続ける理由は。クラウド関連のニュースを紹介する。

/tt/news/2005/28/news04.jpg
クラウド移行でありがちな「失敗」とその防止策【後編】

“脱クラウド”に踏み切ったHR企業 原因は中途半端な「リフト&シフト」

アプリケーションをクラウドサービスに移行してもメリットが得られず、“脱クラウド”“オンプレミス回帰”に踏み切る企業と、クラウドサービスへの移行に成功する企業は何が違うのか。2社の事例を基に探る。

/tt/news/2005/27/news09.jpg
Chromeなど主要Webブラウザで利用可能

いまさら聞けない「WebRTC」とは? Web会議に不可欠な基礎技術

Webブラウザを使ったコミュニケーションツールを実現する上で、重要な役割を果たしている技術が「WebRTC」。どのような技術であり、どのようなメリットをもたらすのか。

/tt/news/2005/21/news08.jpg
Google Cloud Platformの7つのデータベースサービス【前編】

Googleのクラウドデータベース「Cloud SQL」「Cloud Spanner」とは?

データベース管理システムのコストとパフォーマンスを最適化する手段となり得るのが「クラウドデータベース」だ。Googleが提供する豊富なクラウドデータベースの中から「Cloud SQL」「Cloud Spanner」を取り上げる。

/tt/news/2005/18/news11.jpg
プライベートクラウドへの移行計画の立て方【前編】

「プライベートクラウド」への移行に失敗しないためにまず何をすべきか

プライベートクラウドへのアプリケーションの移行を実行する際は、移行計画の策定が不可欠だ。移行を円滑に進めるために踏むべき手順を説明する。

/tt/news/2005/07/news05.jpg
クラウドが浮き彫りにするリスク【前編】

「クラウドサービス」は何が危険か? オンプレミスとの違いが生むリスク

IaaSやPaaSといったクラウドサービスは企業にメリットをもたらす一方、オンプレミスとの違いが新たなリスクを生む可能性がある。どのような点に気を付けるべきか、専門家に話を聞いた。

/tt/news/2005/14/news03.jpg
クラウドからオンプレミスへの移行計画【後編】

“脱クラウド”を成功させる5つのポイント

オンプレミスからクラウドに移行したアプリケーションを再びオンプレミスに戻すときには、入念な準備が必要になる。移行を安全に成功させるポイントを説明する。

/tt/news/2005/12/news04.jpg
クラウド移行でありがちな「失敗」とその防止策【前編】

なぜ企業は“脱クラウド”“オンプレミス回帰”に踏み切るのか

オンプレミスのインフラからクラウドサービスに移行したアプリケーションを、再びオンプレミスに戻す“脱クラウド”は、なぜ起こるのか。事例と調査結果を基に説明する。

/tt/news/2005/07/news09.jpg
クラウドからオンプレミスへの移行計画【前編】

あなたの会社が“脱クラウド”すべき理由

パブリッククラウドを利用することでさまざまなメリットを得ることができるが、それでもクラウドからオンプレミスに回帰する企業が存在する。それはなぜか。

/tt/news/2005/07/news08.jpg
「DX」に適したインフラ

「コンポーザブルインフラ」とは? クラウドやHCIとの違いと類似点を解説

「コンポーザブルインフラ」は企業が文化的あるいは技術的に変化するために役立つインフラだ。具体的にどのように利用することで変化をもたらせるのかを考えてみよう。

4 月

/tt/news/2004/30/news03.jpg
Google Cloud Platformのメインフレーム戦略【後編】

「IBM Z」などのメインフレームからクラウドへの移行がすぐには進まない理由

GoogleはCornerstone Technologyの買収でメインフレームからクラウドへの移行手段を充実させている。IBMなどのメインフレームベンダーもニーズを維持するための対策に乗り出している。その中身とは。

/tt/news/2004/16/news09.jpg
クラウドニュースフラッシュ

国内パブリッククラウド市場が1兆円規模に、新型コロナでDaaSも急拡大か

企業や自治体が重要なシステムをクラウドに移行する動きが広がっている。それを象徴するクラウド関連の主要なニュースを紹介する。

/tt/news/2004/28/news07.jpg
自社に適した手法選択のヒント

“期待外れのマルチクラウド”を生まないためのセキュリティ4カ条

シングルクラウドに存在する幾つかの課題は「マルチクラウド」の採用で解消できるという考え方がある。本当にそうなのか。マルチクラウドが自社に適しているかどうかを見てみよう。

/tt/news/2004/28/news02.jpg
マルチクラウド管理ツールの選び方【後編】

マルチクラウド管理に役立つ「IaC」「Kubernetes管理」「CASB」とは?

マルチクラウドの運用管理に役立つ「マルチクラウド管理ツール」。コンテナを運用する場合、セキュリティを強化したい場合に向けてどのようなツールがあるかを見てみよう。

/tt/news/2004/28/news01.jpg
新型コロナウイルス対策としての「VDI」【後編】

新型コロナウイルス対策で脚光の「DaaSで在宅勤務」 メリットと課題は?

新型コロナウイルスの感染対策として在宅勤務を導入する動きが広がっている。その手段として「DaaS」を活用するメリットと注意点を解説する。

/tt/news/2004/23/news02.jpg
Google Cloud Platformのメインフレーム戦略【中編】

Googleが「メインフレーム」からのクラウド移行に目を付けた納得の理由

Googleはメインフレームからクラウドへの移行を手掛けるCornerstone Technologyを買収した。背景には何があるのか。

/tt/news/2004/22/news06.jpg
クラウド利用状況の調査結果から見る

“なんちゃってマルチクラウド”を防ぐには? 日本企業が直面する課題と対策

インフラとして複数のクラウドを利用する企業の動きが広がり、新たな課題が浮上している。調査で判明したマルチクラウド管理の課題と、その解決策を説明する。

/tt/news/2004/22/news05.jpg
プロセスと人員配置の改善

「マルチクラウド」運用に失敗しないための3つのステップ

複数のクラウドで構成する「マルチクラウド」の運用には特有の課題が存在する。それに対処するために、IT部門はどのようなプロセスを踏めばよいのか。主要な3ステップを紹介する。

/tt/news/2001/24/news02.jpg
クラウドサービスのトラフィック最適化【第2回】

Office 365やG Suiteの「遅い」「つながらない」を招くネットワーク4大問題

SaaSは業務効率の向上につながるツールを簡単に導入できる利点がありますが、従来のネットワーク構成で利用すると業務効率を低下させてしまう場合もあります。どのような問題に対処しなければならないのでしょうか。

/tt/news/2004/20/news02.jpg
Alibaba vs. AWS、MS、Google【後編】

Alibaba Cloudが欧米市場に進出するための条件

トップクラスのクラウドプロバイダーに成長したAlibaba Cloudだが、欧米市場への進出には苦戦している。欧米のユーザー企業はAlibabaをどう見ているのか。採用の可能性はあるのか。

/tt/news/2004/20/news04.jpg
マルチクラウド管理ツールの選び方【前編】

「マルチクラウド管理ツール」とは? 主要な5大機能と選定ポイントを解説

マルチクラウドの構成になると運用管理の複雑性が増してしまう。そこで重要になるのが「マルチクラウド管理ツール」だ。どのような機能を持つのか。どのような点を考慮して導入すればいいのだろうか。

/tt/news/2004/07/news04.jpg
ハードウェアの保守は学生が担当

“業務フルクラウド化”の東京工科大学が学生システムをオンプレミスに残した訳

東京工科大学は、学生が利用するシステム群をハイブリッドクラウドで運用し、学内データセンターの保守を学生が担当している。その理由とは。

/tt/news/2004/16/news01.jpg
「ビッグスリー」以外のクラウドサービス4種類を比較【後編】

開発者向けクラウド「DigitalOcean」と“謎のクラウド”「Alibaba Cloud」とは

クラウドサービスの中には、小規模ながら特定の機能や用途に注力した「ニッチクラウド」が存在する。ニッチクラウドの中から「DigitalOcean」と「Alibaba Cloud」について詳しく説明する。

/tt/news/2004/15/news07.jpg
Google Cloud Platformのメインフレーム戦略【前編】

Googleが買収したCornerstoneとは? メインフレームアプリをクラウドへ

Googleはメインフレームからクラウドへの移行を手掛けるCornerstone Technologyを買収した。Cornerstoneはどのようなベンダーで、「Google Cloud Platform」(GCP)に何をもたらすのか。

/tt/news/2004/14/news07.jpg
新型コロナウイルス対策としての「VDI」【前編】

大学や自治体が新型コロナウイルス対策に「VDI」を生かす理由

新型コロナウイルスの流行に対処するためのテクノロジーとして重要性が高まっているのが「VDI」だ。シドニー大学や米カリフォルニア州コロナ市の取り組みから、VDIの効果を探る。

/tt/news/2004/09/news01.jpg
「ビッグスリー」以外のクラウドサービス4種類を比較【中編】

AWS、Azure、GCPではなく「IBM Cloud」「Oracle Cloud」を選ぶべき理由と課題

クラウドサービスを選定するときは、ビッグスリー以外のクラウドベンダーにも目を向ける価値はある。本稿は老舗ITベンダーのクラウドサービスである「IBM Cloud」と「Oracle Cloud」について詳しく説明する。

/tt/news/2004/07/news01.jpg
中核データベースでSaaSを連携

東京工科大学が「Azure」活用のフルクラウド化でかなえた“ゼロ情シス”とは?

東京工科大学は2015年にオンプレミスのサーバを撤廃し、「Microsoft Azure」や各種SaaSを利用してほぼ全ての業務システムをクラウド化した。クラウド移行で得た成果とは。

/tt/news/2004/08/news04.jpg
Alibaba vs. AWS、MS、Google【前編】

Alibaba Cloudの世界進出は成功するか

今、Alibaba Cloudが世界中に拠点を築いてビジネスを拡大しようとしている。Googleを抜き市場シェア3位となったAlibaba Cloudはこのままシェアを拡大し続けるのか。

/tt/news/2004/08/news07.jpg
ロボットの自律走行を目指す

竹中工務店が建築ロボットの制御を「AWS RoboMaker」で実現へ 効果と課題は

建築現場用ロボットと、その制御システム「建築ロボットプラットフォーム」を開発する竹中工務店。それらの中核要素として採用したのが「AWS RoboMaker」などのAWSサービスだ。選定理由とメリット、課題を整理する。

/tt/news/2004/08/news03.jpg
“専用”と“汎用”のクラウド比較【後編】

「CDN」「PaaS」はAWS、Azure、GCPとニッチクラウドのどれを選ぶべきか

「CDN」や「PaaS」は、AWSやAzure、GCPといった「ハイパースケールクラウド」だけにあるわけではない。より小規模な「ニッチクラウド」にも選択肢はある。どのような視点で選定すべきか。

/tt/news/2004/02/news06.jpg
「ビッグスリー」以外のクラウドサービス4種類を比較【前編】

「AWS」「Azure」「GCP」だけからクラウドサービスを選ぶべきではない理由

クラウドサービスはAWSとAzure、GCPの「ビッグスリー」が提供するサービスだけではない。ビッグスリー以外のサービスの方が、自社のニーズに適している場合がある。その理由とは。

/tt/news/2003/25/news09.jpg
IT予算計画で重視するもの【後編】

2020年こそ未来に向けてアプリケーションのモダナイズを 鍵は「柔軟性」

ITインフラやアプリケーションがレガシーなままでは変化に適応することは難しい。アプリケーションのモダナイゼーション(最新化)を目指す上で重視すべきポイントと、現状を把握するために確認すべきことは何か。

/tt/news/2003/31/news08.jpg
“専用”と“汎用”のクラウド比較【中編】

「クラウドストレージ」3大選定ポイント AWS、Azure、GCPかニッチクラウドか

「クラウドストレージ」を導入する際、大規模かつ汎用的な「ハイパースケールクラウド」と、小規模で特定の用途に適した「ニッチクラウド」のどちらを選択すべきか。選定のポイントを説明する。

/tt/news/2004/01/news04.jpg
「脱クラウド」はなぜ起きる?【後編】

クラウドからオンプレミスへの回帰を誘発する“コスト”以外の問題とは?

パブリッククラウドからオンプレミスにシステムを戻そうとする企業は少なくない。主な要因はコストだが、コストが全てではない。どのような問題があるのだろうか。

3 月

/tt/news/2003/18/news06.jpg
「脱クラウド」が意味するもの【第2回】

「脱クラウド」はなぜ起きる? “コスト”や“運用管理”における企業の悩み

オンプレミスに回帰する「脱クラウド」の動向を追うと、企業がパブリッククラウドでどのような問題に直面し、なぜオンプレミスを選択するのかが見えてくる。企業がパブリッククラウドで直面する問題とは。

/tt/news/2003/27/news07.jpg
低遅延を実現するが利用には制限も

AWSを自社のすぐ近くで動かせる「AWS Local Zones」とは?

AWSのITインフラをユーザー企業の近くに展開できるサービス「AWS Local Zones」が登場した。その用途と利用方法、課題を説明する。

/tt/news/2002/21/news10.jpg
「Viptela」の選定理由も紹介

朝日新聞社が「SD-WAN」でコスト削減できた理由 Office 365も快適に

朝日新聞社はSD-WANを導入してネットワークの逼迫に対処するとともに、ネットワークコストを削減した。どのようにして実現したのだろうか。

/tt/news/2003/26/news05.jpg
IT予算計画で重視するもの【前編】

2020年のIT予算計画、まず「事業部門の目標」と「既存IT環境の問題」を見極めよ

IT予算計画の策定は概してストレスが多く複雑な作業だ。まずは事業部門のリーダーやユーザーとコミュニケーションを取り、既存のIT環境にどのような問題があるか洗い出す必要がある。どう進めればよいのか。

/tt/news/2003/25/news08.jpg
「脱クラウド」はなぜ起きる?【前編】

クラウドをやめて“オンプレミスに回帰した方がいい”と判断すべき理由は?

パブリッククラウドではコストや運用管理、コンプライアンスに関する問題を抱える可能性がある。どのような場合でクラウドからオンプレミスにシステムを戻すことが適切な判断となるだろうか。

/tt/news/2003/25/news02.jpg
AWSの障害対策における4つのポイント【後編】

AWS障害からの復旧計画時に意識したい「RPO」「RTO」とは?

「Amazon Web Services」(AWS)に障害が起きたときのために、どのように復旧計画を立てればよいのだろうか。「復旧対象のデータの評価」「復旧計画に使う指標」「復旧の訓練」の観点から説明する。

/tt/news/2003/24/news09.jpg
専門家が占う2020年VDI市場【前編】

「Windows Virtual Desktop」と「Linux仮想デスクトップ」がVDIの“主役”になる?

2019年、VDI(仮想デスクトップインフラ)市場は大きな変化に見舞われた。2020年もこの状況は続くのだろうか。VDI市場の2020年のトレンドを専門家に予測してもらった。

/tt/news/2003/24/news06.jpg
“専用”と“汎用”のクラウド比較【前編】

「ニッチクラウド」と「ハイパースケールクラウド」の4つの違いとは?

比較的小規模な「ニッチクラウド」と大規模な「ハイパースケールクラウド」にはそれぞれメリットとデメリットがある。どちらのクラウドが適しているかを判断するための4つのポイントを紹介する。

/tt/news/2003/19/news11.jpg
「Windows Virtual Desktop」の弱点とは【後編】

「Windows Virtual Desktop」の管理機能が持つ4つの制約

「Windows Virtual Desktop」は、管理面ではまだ完成度が足りない。本稿で取り上げる4つの機能は、CitrixやVMwareの製品ほど強力ではない。

/tt/news/2003/19/news02.jpg
「Windows Server 2008」サポート終了後の選択肢【後編】

Windows Server 2008の移行手段「コンテナ」「Storage Migration Service」とは

オンプレミスの「Windows Server 2008/2008 R2」で稼働させていたアプリケーションやファイルサーバを新環境にどう移行すべきか。主要な手段である「Windowsコンテナー」「Storage Migration Service」を解説する。

/tt/news/2003/18/news08.jpg
AWSの障害対策における4つのポイント【前編】

AWSの可用性を確保する方法とは?

適切なデータ保護と復旧の対策は、障害が起きる前に講じておかなければならない。「Amazon Web Services」(AWS)の障害に備えてやるべきことは幾つかある。主要な対策を紹介しよう。

/tt/news/2003/17/news03.jpg
ゼロトラストセキュリティとは何か【後編】

「ゼロトラストセキュリティ」に賢く取り組む3つのベストプラクティス

「ゼロトラストセキュリティ」は、クラウドによって多様化する企業ITを保護するための有力なアプローチだ。どのように実現すればよいのか。必要な要素とベストプラクティスを紹介する。

/tt/news/2003/16/news02.jpg
重い処理をクラウドにオフロード

クラウドでAndroidアプリを実行して配信する「Anbox Cloud」

コンテナ化したAndroidアプリをクラウドで実行して配信できる「Anbox Cloud」が登場した。端末の性能や差異に依存しない単一のアプリを開発するだけでよく、大容量ファイルも扱えるようになる。

/tt/news/2003/14/news01.jpg
「Windows Virtual Desktop」の弱点とは【前編】

Microsoft純正DaaS「Windows Virtual Desktop」はどう進化する? 課題は?

MicrosoftはDaaS「Windows Virtual Desktop」(WVD)の機能拡充やパートナーとの協業を進めている。WVDでは今後、どのようなことができるようになるのか。WVDの課題とは。

/tt/news/2003/12/news07.jpg
ゼロトラストセキュリティとは何か【前編】

「ゼロトラストセキュリティ」とは? クラウドが求めたセキュリティモデル

「ゼロトラストセキュリティ」とは何か。その目的とは。クラウドの普及で企業ITが変化する中、有力なセキュリティモデルとして注目すべきゼロトラストセキュリティを概観する。

/tt/news/2003/11/news11.jpg
曖昧になるインフラ【後編】

「HCI」と「IaaSのオンプレミス版」のどちらを選ぶべきか?

HCI製品から、パブリッククラウドのソフトウェアやハードウェアをオンプレミス側で運用するアプライアンスまで企業が選択できるインフラは多様になり、境界が曖昧になってきた。どのような観点で選ぶべきなのか。

/tt/news/2003/11/news10.jpg
「Windows Server 2008」サポート終了後の選択肢【前編】

「Windows Server 2008」の移行先はクラウドとオンプレミスのどちらを選ぶ?

サポート終了の「Windows Server 2008/2008 R2」を安全に使うには「拡張セキュリティ更新プログラム」が必要だ。その利用条件を検討すると、クラウドへ移行すべきか、オンプレミスにとどまるべきかが見えてくる。

/tt/news/2003/10/news05.jpg
ネットワークの安定性やコスト面で課題も

クラウドにSAPのERPシステムを移行するメリットと注意点

SAPのERPシステムのホスト先をオンプレミスからクラウドに移行すると、ITインフラの運用負荷を軽減できる可能性がある。ただし目を向けなければならない問題もある。それは何なのか。

/tt/news/2003/02/news11.jpg
曖昧になるインフラ【前編】

「真のHCI」とは何か? 「CI」との違いを見極める方法

さまざまなHCI製品が登場するにつれて、CI製品とHCI製品の境界線が曖昧になってきた。最近登場した製品を含めて、HCI製品の特徴を整理する。

/tt/news/2001/20/news04.jpg
大規模システムへのPaaS活用

SOMPOグループが保険代理店向けシステムを「Heroku」に移行した理由

クラウドが広く普及する中、運用コストや拡張性などを考慮して、PaaSを導入する企業は少なくなくなった。その中から、「Heroku」で保険代理店向けシステムを構築したSOMPOシステムズの事例を紹介する。

2 月

/tt/news/2002/25/news02.jpg
専門家が語る2020年のクラウド動向【後編】

クラウドの「責任共有モデル」が2020年に崩壊する?

2019年に起こった金融大手Capital Oneの情報流出事件は、クラウドの「責任共有モデル」を変える可能性がある。この変化は、クラウドサービスのラインアップにどう影響を及ぼすのか。

/tt/news/2002/25/news06.jpg
D-WaveのCEOに聞く「量子コンピュータ」の可能性【後編】

D-Waveが語る「量子コンピュータ」のコスト問題を解決する方法は?

量子コンピュータの魅力とは何か。コスト問題にどう対処すべきなのか。量子コンピュータベンダーD-WaveのCEOに聞く。

/tt/news/2002/21/news04.jpg
岐路に立つオープンソース精神

ライセンス変更によるOSSのクラウド利用制限を巡る懸念

AWSはオープンソースを搾取している。OSS企業のライセンス変更に始まりNew York TimesによるAWS批判記事へと発展した騒動は今、ライセンス変更に対する疑問に進展した。他のOSS企業・団体の意見とは?

/tt/news/2002/18/news04.jpg
専門家が語る2020年のクラウド動向【前編】

「Docker」と「説明可能なAI」が2020年のクラウドで注目の理由

2020年に、クラウド市場にはどのような変化が起こるのか。特にコンテナと人工知能(AI)技術に関する動向を予測する。

/tt/news/2001/17/news05.jpg
クラウドサービスのトラフィック最適化【第1回】

「Office 365」はなぜ遅くなるのか? SaaSが引き起こすネットワーク問題

SaaSなどのクラウドサービスは生産性向上につながる一方で、ネットワークの逼迫(ひっぱく)といった問題も招きます。本稿はネットワークの問題を生じさせるクラウドサービスの特性を考察します。

/tt/news/2002/13/news07.jpg
パブリッククラウドとの比較が分かりやすい

「プライベートクラウド」「パブリッククラウド」「コロケーション」の違いは?

コロケーション施設を使ってプライベートクラウドを構築することはできる。ただしコロケーション施設を使えば常にプライベートクラウドになるわけではない。パブリッククラウドも含めて、3つの用語の違いを探る。

/tt/news/2002/13/news04.jpg
「MaaS」で広がる可能性【後編】

「MaaS」(Market as a Service)がSaaS開発者を楽にする理由と、2つの課題

アプリケーションをSaaS(Software as a Service)として開発、提供しやすくする「MaaS」(Market as a Service)の商用サービスが登場した。何を可能にし、どのような課題があるのか。

/tt/news/2002/12/news03.jpg
自社で構築するのは大変

Kubernetes向けオープンソース管理ツールスイートSaaS登場

Kubernetesの運用管理に役立つオープンソースツールなどを統合したSaaSが登場した。この環境を独自に構築するのは容易ではない。SaaSとして利用できるなら合理的かもしれない。

/tt/news/2002/12/news06.jpg
ハイブリッドクラウドを利用する5つのメリット【後編】

「ハイブリッドクラウド」がコンプライアンス問題に対処しやすい理由

ハイブリッドクラウドによって、パブリッククラウドとプライベートクラウドの“いいとこ取り”が可能になる。セキュリティとコンプライアンス、一貫性の面でのハイブリッドクラウドのメリットについて説明する。

/tt/news/2002/07/news06.jpg
西日本の企業以外も注目の理由

AWSの新「大阪リージョン」と「大阪ローカルリージョン」の違いとは?

AWSは2021年初頭に「大阪リージョン」を新設する。すでに大阪で運用している「大阪ローカルリージョン」とは何が違うのか。

/tt/news/2002/10/news01.jpg
手帳ブランドによるデジタル革命

モレスキンのツール&アプリが提案する「PowerPoint文化からの脱却」

手帳ブランドとして知られるMoleskineが今、紙とデジタルの融合による新たな文化を提案している。同社の製品は“PowerPoint疲れ”している企業文化に一石を投じる。

/tt/news/2002/07/news04.jpg
NYTいわく「AWSはストリップマイニングしている」

オープンソース利用方法の批判報道にAWSが反論「全く筋違いの主張だ」

New York Timesが、AWSはオープンソースプロジェクトに貢献せずに利益だけを得ていると批判する記事を掲載。AWSは「全く筋違いの主張だ」と反論した。

/tt/news/2002/06/news08.jpg
クラウド接続用ネットワークの基礎【後編】

クラウド間をまたいで動くデータを監視する「クラウド管理ツール」とは?

ハイブリッドクラウドやマルチクラウドなど、複数のインフラでのアプリケーション運用が当然の時代になった。こうした中、異なるインフラ間を接続するネットワークのデータ監視はどうすればいいのだろうか。

/tt/news/2002/05/news08.jpg
ハイブリッドクラウドを利用する5つのメリット【前編】

「ハイブリッドクラウド」がインフラコスト削減とリソース不足解消に役立つ訳

「ハイブリッドクラウド」はどのような用途があるのか。利用することでどのようなメリットがあるのだろうか。コスト管理とアジリティの観点から説明する。

/tt/news/2002/05/news07.jpg
「MaaS」で広がる可能性【前編】

「MaaS」とは? SaaSを手軽に開発するための新たな選択肢

開発したアプリケーションをSaaS(Software as a Service)として提供する環境を整えることは簡単ではない。そのための場として利用できる「MaaS」(Market as a Service)とは何だろうか。

/tt/news/2001/17/news04.jpg
「脱クラウド」が意味するもの【第1回】

クラウドをやめてオンプレミス回帰する「脱クラウド」は日本で広がるのか

企業ITにとって欠かせない存在になったクラウド。運用管理の効率化などさまざまな利点があるが、使い方を間違えると「オンプレミスの方が良かった」という結果になる。そこで生まれる選択肢が「脱クラウド」だ。

/tt/news/2002/04/news03.jpg
「クラウドホスト型VDI」と「DaaS」を理解する【後編】

「仮想デスクトップインフラ」(VDI)の選定がより難しくなった理由

クラウドホスト型VDIやDaaSなど、VDIの運用負荷が軽減する動きはあるものの、製品やサービス選定はより難しくなっている。背景にはVDI市場を取り巻く変化がある。

1 月

/tt/news/2001/31/news07.jpg
クラウド接続用ネットワークの基礎【前編】

クラウドのネットワーク構築で検討すべき「クラウド性能監視ツール」選びの勘所

クラウドを利用するためのネットワーク構築時には、クラウドの性能への影響を監視することが重要だ。こうした作業を効率化する「クラウド性能監視ツール」を適切に検討するには、どのような観点を持つべきか。

/tt/news/2001/30/news05.jpg
ハイブリッドクラウドを構築するための4つのヒント【後編】

「ハイブリッドクラウド」で高額請求を回避できるデータ配置方法とは?

ハイブリッドクラウドを構築するときは、データの配置方法とセキュリティ対策を検討することが必要だ。それぞれどのようなリスクがあり、どう対処すべきなのか。

/tt/news/2001/29/news03.jpg
活性化するベアメタルクラウド市場

Google「Bare Metal Solution」とAWS、Microsoft、IBMのベアメタルの違いは?

Googleのベアメタルクラウド「Bare Metal Solution」は、高パフォーマンスのハードウェアが必要な企業の関心を集めそうだ。競合サービスとの比較を通じて、同サービスの特徴を説明する。

/tt/news/2001/28/news05.jpg
「クラウドホスト型VDI」と「DaaS」を理解する【前編】

「クラウドホスト型VDI」と「DaaS」の違いとは 楽なのはどちらか

VDI市場では「クラウド型VDI」と「DaaS」が台頭しつつある。この2つの違いと、VDIの管理負荷を軽減するために、選定の際留意しておきたい点について説明する。

/tt/news/2001/22/news06.jpg
ハイブリッドクラウドを構築するための4つのヒント【前編】

「ハイブリッドクラウド」の構築で最初に検討すべき2つの運用モデルとは

ハイブリッドクラウドは適切に構築すれば、オンプレミスとクラウド、両者のいいとこ取りが可能になる。ハイブリッドクラウドを構築するための最初のステップについて説明する。

/tt/news/2001/17/news02.jpg
ワイン醸造業者が出した答え【後編】

ワイン醸造所がオンプレミス回帰でストレージも刷新 譲れなかった条件とは?

ワイナリーのPalmaz Vineyardsは、いったんオンプレミスからパブリッククラウドに移したワイン発酵プロセス監視システムのインフラを、オンプレミスに戻した。ただし単純に以前と同じ構成に戻したわけではなかった。

/tt/news/2001/16/news02.jpg
保存データを外部に流出させない

「Amazon S3」の“うっかり”設定ミスを防ぐ「IAM Access Analyzer」とは

Amazon Web Services(AWS)のセキュリティ新機能「AWS Identity and Access Management Access Analyzer」は、ユーザーが保存したデータを“うっかりミス”で漏えいさせる事態を防止するという。その詳細とは。

/tt/news/2001/15/news06.jpg
それぞれのメリット・デメリットやコストの違いを解説

VMware Horizonはどこで運用? クラウド、オンプレミス、ハイブリッドを比較

「VMware Horizon」はオンプレミスやクラウドの他、ハイブリッドクラウドでも運用でき、運用方法によってメリットやデメリットが異なる。どの運用方法を選ぶべきなのか。

/tt/news/2001/09/news01.jpg
パブリッククラウドがベストとは限らない

企業に広がる「パブリッククラウドからオンプレミス」への移行

パブリッククラウドからオンプレミスにアプリケーションを戻す動きが広がっているという調査結果が発表された。これは何を意味するのか?

/tt/news/2001/09/news04.jpg
「Neo」と「Cloud Foundry」が中核要素

「SAP Cloud Platform」とは? クラウド版SAP S/4HANAとの違いは

SAPのPaaS「SAP Cloud Platform」は、同社の他のサービスとどう違うのか。主要な機能と特徴を説明する。

/tt/news/2001/09/news03.jpg
ワイン醸造業者が出した答え【前編】

ワイン醸造所がクラウドに移した発酵監視システムをオンプレミスに戻した理由

ワイナリーのPalmaz Vineyardsは、機械学習によって発酵タンク内の状態を監視するシステムを開発した。パブリッククラウドにデータを保存する仕組みにしたが、問題が発生した。それはどのようなものだったのか。