いまさら聞けない「サーバレスの5大メリット」とは?サーバレスコンピューティングの基礎解説【第1回】

アプリケーション開発の効率化に役立つ「サーバレスコンピューティング」が、幅広い業界から注目されている。その基本的な5つのメリットをおさらいする。

2024年06月25日 05時00分 公開
[Liam ClearyTechTarget]

 アプリケーション開発の効率化に役立つサーバレスコンピューティングは、近年さまざまな業界からの関心を集めている。本稿はサーバレスコンピューティングの基礎について、5つの具体的なメリットを通して解説する。

サーバレスコンピューティングを「5つのメリット」から解説

1.インフラ運用の効率化

 誤解されがちだが、サーバレスコンピューティングであってもサーバは使用する。ただし、サーバの設定や管理、定期的なパッチ(修正プログラム)の適用などはクラウドベンダーが実施する。これによって開発者はインフラ管理や開発リソース調達などの手間から解放され、コーディングに集中できるようになる。

2.コスト節約

 サーバレスコンピューティングは多くの場合、従量課金制を採用している。使用したサービスに対してのみ料金を支払えばよいため、事前のリソース確保や、アイドル(休止)状態のリソースに対する支払いが不要だ。つまり、サーバレスアーキテクチャではリソースを無駄にすることなく、コストを節約できる。

3.スケーラビリティ(拡張性)の確保

 サーバレスコンピューティングは、トラフィック(通信量)の変化に応じて自動的にリソースをスケーリングできる。イベントやセール時期など、予測できないトラフィックの増減にも柔軟に対処できるため、システムの応答性を安定させることができる。

4.開発の効率化

 インフラ管理の手間から解放された開発者は、コーディングに集中できるようになる。その結果、アプリケーションの開発速度が向上し、市場投入までの時間短縮につなげることができる。長期的には、サービス品質の向上や、より革新的な機能の実現にもつながる。

 サーバレスアーキテクチャは、小規模のサービスを組み合わせて1つのアプリケーションを構築する「マイクロサービス」との相性が良い。個々のサービスを独立して開発、テストし、それぞれを自由にデプロイし、管理できるからだ。

5.エコシステムの活用

 サーバレスコンピューティング向けにさまざまなサービスを提供しているクラウドベンダーも存在する。例えば、データベースや機械学習などの機能だ。これらを活用することで、より多機能なアプリケーションの開発が可能になる。


 次回は、サーバレスコンピューティングのデメリットについて解説する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news190.jpg

シンフォニーマーケティングが日立グループに「ABM研修特別編」を提供
シンフォニーマーケティングが日立アカデミーと教育プログラムを共同で設計・開発。世界...

news045.jpg

「現金で買い物」は少数派? 意外なポイントの使い道は? 調査で見えたお金への意識の変化
メットライフ生命保険が「全国47都道府県大調査 2024〜社会情勢の変化と将来への備え〜...

news100.png

どこどこJPに「匿名ネットワークアクセスレポート」が追加
Geolocation Technologyは、「どこどこJP」に新機能「匿名ネットワークアクセスレポート...