“クラウド離れ”まさかの加速 むしろ「クラウドを使わない」が有力な選択肢に蔵出しブックレット

インフラをクラウドサービスからオンプレミスインフラに戻すだけではなく、そもそもインフラとしてクラウドサービスを選ばない動きが広がりつつあります。背景には何があるのでしょうか。分かりやすく解説します。

2024年02月05日 17時00分 公開
[TechTargetジャパン]

TechTargetジャパンの注目記事をまとめて読める、PDF形式のブックレット「プレミアムコンテンツ」。これまでに公開したプレミアムコンテンツの中から、読者の関心を集めた一本をあらためて紹介します。

ダウンロードはこちら

 今回取り上げる「脱クラウドどころか『クラウドを使わない』が有力な選択肢に」は、“クラウドサービス離れ”という、うそのような本当の動きが広がる理由を解説したブックレットです。

 クラウドサービスが普及し、インフラ選定時にクラウドサービスを第一候補として考える「クラウドファースト」の考え方が急速に広まりました。一方でクラウドサービスをやめ、オンプレミスインフラにアプリケーションを戻す「脱クラウド」に踏み切る企業や、最初からクラウドサービスをインフラの選択肢から外す企業も現れています。こうした動きが広がる背景には何があるのでしょうか。


ALT ダウンロードはこちら

中身を読むには、「中身を読む」ボタンを押して無料ブックレットをダウンロードしてください。

「脱クラウド」する企業の言い分

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...

news058.jpg

Web広告施策に課題を感じている企業は9割以上――リンクアンドパートナーズ調査
企業のWeb広告施策を推進している担当者約500人を対象に、課題と今後の取り組みについて...

news183.jpg

TikTokマーケティングの最適解へ スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団M2DKと業務提携
スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団であるM2DKと業務提携。生活者に向けて訴求...