「サーバレス」で見落としがちな“5つのデメリット”とは?サーバレスコンピューティングの基礎解説【第2回】

サーバレスアーキテクチャの導入を検討する組織は、その欠点を理解しておく必要がある。主なデメリットと、導入前に考えるべきポイントを紹介する。

2024年07月01日 05時00分 公開
[Liam ClearyTechTarget]

 クラウドコンピューティングの進化を背景に、サーバレスコンピューティングへの関心が高まっている。サーバレスコンピューティングには、インフラ管理のコスト削減やスケーラビリティ(拡張性)の向上といったメリットがある。一方で、幾つかのデメリットも存在する。本稿は、サーバレスコンピューティングの5つのデメリットと、導入前に考慮すべき点について解説する。

サーバレスコンピューティングの“弱点”とは?

1.技術面での制約

 サーバレスコンピューティングの構成要素である関数(以下、サーバレス関数)は、一定期間使用されないと休止状態になる。その状態からサーバレス関数を使う(コールドスタート)際に、レイテンシ(実行時間全体の遅延)が発生する。厳しいレスポンスタイムが要求されるシステムでは、この制約が問題となり得る。

 加えて、サーバレスアーキテクチャには以下のような制約が存在する。

  • 実行時間の制限
    • サーバレス関数には最大実行時間が設定されているため、長時間実行するプロセスには向いていない。
  • 実行環境の制限
    • 利用できるプログラミング言語やバージョンが限られているため、使用できる技術に制約がある。

2.ベンダーロックインの懸念

 サーバレスアーキテクチャはしばしば、特定のクラウドベンダーのサービスやツールに依存する。これはベンダーロックインの問題、つまり、将来的に他のクラウドベンダーが提供するサービスへの移行が難しくなったり、費用がかさんだりといった問題を引き起こす可能性がある。

 また、クラウドベンダーはそれぞれ独自のサーバレス関連サービスを提供しており、他のクラウドベンダーは同等のサービスを提供していないことがある。その場合、他のクラウドベンダーへの移行が一層困難になる。

3.インフラの制御面の課題

 サーバレスコンピューティングのサーバ管理は、クラウドベンダーが担う。そのため、開発者側でのOSやハードウェアなどのインフラ制御が難しい。これは、アプリケーションが特定の環境設定が必要な場合に問題となる。

4.セキュリティの課題

 サーバレスコンピューティングのサーバレス関数は、サイバー攻撃の入口となる可能性がある。各クラウドベンダーセキュリティ対策を講じているものの、ユーザー企業側も対策が必要だ。なぜなら、サーバレスコンピューティングのサービスは「インフラのセキュリティについてはクラウドベンダーが責任を担い、データやアプリケーションのセキュリティはユーザーが責任を担う」という共有責任モデルに基づいているからだ。

5.モニタリングとデバッグ(エラー修正)の課題

 サーバレスアプリケーションは、その分散性により、モニタリングとログ管理が困難になりやすい。さらに、サーバレス関数はステートレス(過去の処理状態を引き継がない)で一時的な性質を持つため、問題が発生した際にその条件を再現することが難しい。

「サーバレス」導入前に考えるべきこと

 上述した制約を踏まえて、サーバレスコンピューティングの導入を検討する際は、その潜在的な影響を検討する必要がある。具体的には、以下のポイントを重点的に考えるべきだ。

  • 現状の整理
    • 現在の業務内容と、サーバレスコンピューティング導入によって達成したい目的を明確にする。
  • 運用とコスト管理
    • サーバレスコンピューティングの導入が、クラウド運用チームやコスト管理戦略にどのような影響を与えるのか、既存のプロセスにどのように統合されるのかを評価する。
  • アプリケーションアーキテクチャ
    • サーバレスコンピューティングは、マイクロサービスや、特定のイベントをトリガーにしてプログラムを自動実行する「イベント駆動型プログラミング」への移行促進に役立つ。企業は自社のアプリケーションアーキテクチャを評価し、サーバレス化が可能かどうか、企業にとって有益かどうかを判断する。
    • API(アプリケーションプログラミングインタフェース)やデータベース、その他のクラウドサービスとの互換性を含め、サーバレスアーキテクチャが既存のシステムにどう統合されるか理解する。
  • スキルセット
    • サーバレスコンピューティングの活用には、クラウドサービスやAPI統合、イベント駆動型プログラミングに関する知識が求められる。サーバレスアーキテクチャとクラウドサービスに焦点を当てたワークショップやオンライン講座、実践を通じて、スタッフをトレーニングする。

 次回は、サーバレスコンピューティングの具体例を紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...