Google Cloudをやめるときの「データ転送」が無料に なぜなのか?NEWS

Googleは顧客が「Google Cloud」の利用を停止し、他のクラウドサービスベンダーやオンプレミスのデータセンターに移行する場合のデータ転送を無料にすると発表した。

2024年01月18日 05時00分 公開
[TechTargetジャパン]

 Googleは2024年1月12日(米国時間)、顧客がクラウドサービス群「Google Cloud」の利用を停止し、他のクラウドサービスベンダーやオンプレミスのデータセンターに移行する場合に、無料でデータ転送を利用できるようにしたと発表した。同社はこの無料データ転送プログラムに関して、利用の手順や条件をWebページで案内している。同プログラム提供の背景と共に見てみよう。

データ転送を“無料”にする条件や理由

 無料データ転送プログラムを利用する手順は次の通りだ。

  1. Google Cloudアカウント担当者がいる場合は、担当者に連絡する
  2. 案内ページ」に掲載されている説明を確認する
  3. 無料データ転送のリクエストフォームに記入して送信する
  4. Google Cloudのサポートチームがリクエストを確認し、Google Cloudから他のクラウドサービスベンダーやオンプレミスのデータセンターへの無料データ移行を開始できるタイミングを通知する。この通知から60日以内にGoogle Cloudからの移行を完了する必要がある
  5. 指定された60日以内にGoogle Cloudからの移行が完了したら、契約条項に従ってGoogle Cloud契約を終了する必要がある

 無料データ転送プログラムには、以下の条件が適用される。

  • Google Cloudの利用終了に伴う無料データ転送は、ネットワークサービス層の「Premium Tier」で利用できる
  • Google Cloudのストレージサービスおよびデータ管理サービスで保存されているデータのみが、無料データ転送の対象となる
  • リクエストフォームに記載の移行スケジュールに変更があった場合は、Google Cloud Supportチームに報告する必要がある
  • Google Cloud契約の終了前に、無料データ転送のリクエストを提出する必要がある
  • Google Cloudは、プログラムの利用規約に準拠しているかどうかを確認するため、Google Cloudからのデータ移行を監査する権利を留保する

 Googleはこの無料データ転送プログラムを発表したブログのエントリ(投稿)で、オープンかつ安全で、相互運用可能な“クラウドエコシステム”の繁栄に向けて取り組んでいる姿勢を強調した。

 その一方で同社は、クラウド市場ではオンプレミスソフトウェアでの独占的地位を利用し、競争をゆがめる制限的なライセンス慣行によって顧客の選択を制限しようとするライセンス慣行が見られると指摘。「クラウド市場における顧客の選択とベンダー間競争の障壁となっている制限的なライセンス慣行を終わらせるために、より多くのことがなされなければならない」と同エントリで強調した。

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

Threadsで目立つ投稿をするには? Metaがフィードアルゴリズムの仕組みに関する洞察を公開
X(旧Twitter)に変わるものとして期待されるMetaの短文投稿SNS「Threads」。Metaが公開...

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...