クラウドストレージの「予算超過」を招く意外な“落とし穴”とはクラウド初心者は気付きにくい?

企業はクラウドストレージを積極的に採用している一方で、予算超過や想定外の出費が発生していることが、調査レポートから明らかになった。企業はどのような出費に頭を抱えているのか。

2024年05月31日 07時15分 公開
[Antony AdsheadTechTarget]

 クラウドストレージの採用が進んでいる。テレワークの拡大に加えて、近年はAI(人工知能)技術を活用するためのデータ保存先としてクラウドストレージの活躍を見込んで採用する企業もある。そうした中で企業が苦しんでいるのが、予期しない料金負担だ。クラウドストレージベンダーWasabi Technologiesが発表したレポート「2024 Global Cloud Storage Index」を基に、企業が直面しているクラウドストレージの料金問題を探っていこう。

クラウド初心者が見落としやすい“あの料金”

 Wasabi Technologiesは、調査会社Vanson Bourneに委託し、2023年11月から12月にかけてクラウドストレージの利用に関する調査を実施した。調査対象者は、従業員数100人以上の企業に勤め、クラウドストレージの導入に関与しているIT意思決定者1200人だ。その結果を2024 Global Cloud Storage Indexにまとめている。

 レポートによると、回答者の過半数である53%が「2023年にかかったクラウドストレージ利用料金が予算を上回った」と答えた。主な原因は以下の通りだ。

  • 計画よりも多くのアプリケーションとデータをクラウドストレージに移行した(45%)
  • クラウドストレージの使用量が計画よりも多くなった(42%)
  • 想定よりも多いAPI(アプリケーションプログラミングインタフェース)呼び出し料金が発生した(39%)
  • 予期しないデータ転送料金が発生した(33%)

 クラウドストレージから外部のインフラにデータを移動する際に発生するのが「エグレス料金」だ。クラウドストレージを使い始めて間もない企業にとっては、こうした追加料金は盲点になりやすい。

利用拡大が進むクラウドストレージ

 クラウドストレージは拡大傾向にある。Wasabi Technologiesの調査では、回答者の93%が「2024年にクラウドストレージの容量を増やす」と答えた。この数字は、2023年の調査で「2023年にクラウドストレージの容量を増やす」と答えた人の割合(84%)よりも9ポイント高い。クラウドストレージを含め、クラウドサービスの導入に関する自社の戦略を「クラウドファースト」だと答えた回答者は40%に達する。

 回答者の90%は、「2024年は2023年よりもクラウドストレージ予算が増える」との見通しを示す。2023年の調査で「2023年は2022年よりもクラウドストレージ予算が増える」と答えた割合は84%だった。2024年の予算が前年よりも増える理由としては、アプリケーション開発やDX(デジタルトランスフォーメーション)推進、データセキュリティ要件への順応などが並ぶ。

 クラウドストレージの利用料金のうち、API呼び出し料金やデータ管理費、エグレス料金などの「データ運用料金」が占める割合の平均は、回答者全体で47%となった。

AIに対する期待と懸念

 クラウドストレージの利用拡大の大きな要因は、AI技術を活用したアプリケーションやサービスの導入だ。

 調査の回答者の99%が、「2024年にAI技術を活用したアプリケーションやサービスの導入を計画している」または「既に導入済み」だと答えた。AI技術を活用したアプリケーションやサービスの導入状況を分野別に見ると、「導入済み」または「導入予定」と答えた回答者が最も多いのが、「生成AIサービス」の49%だった。生成AIは、文章や画像などをAI技術で自動生成する技術のことだ。他には「セキュリティとコンプライアンス」の45%、「製品設計プロセス改善」の39%がこれに続く。

 このように回答者はAI技術に関心を抱く一方で、ほぼ全ての回答者に当たる97%が、「自社にはAI技術を活用する際のストレージについて懸念事項がある」と答えた。「AI技術を活用したアプリケーションやサービスの導入によって、データの保存場所に課題が生じる」と予測する回答者は49%に上る。データをエッジ(データ発生場所の側にあるデバイス)、コア(ネットワークの中核にあるデバイス)、クラウドストレージなど、さまざまな場所に保存する必要があるからだ。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news078.jpg

マーケティングツール活用にまつわる3つの課題とは? ――インキュデータ調査
マーケティングツールを利用する企業は多いものの、利用企業はツールをうまく使いこなせ...

news205.png

広告の「No.1」表記の実態 購入動機の約60%に影響
GMOリサーチ&AIは広告の「No.1」表記に対する消費者の捉え方を把握するために調査を実施...

news188.png

香り体験をデジタル化する「香りリテールメディア」 東芝テックとスコープが提供開始
店頭に香りリテールメディア用のタブレットと香料噴射器が付いた商品棚を設置して、消費...