AWSやMicrosoftの「クラウドPC」は「ノートPC」の代わりになる、ならない?ノートPC不要の時代がすぐそこに【後編】

AWSのシンクライアント「Amazon WorkSpaces Thin Client」は、企業の業務利用に適した特徴を幾つか備えている。同製品をはじめとしたシンクライアントが、ノートPCに完全に代わる日は来るのか。

2024年01月20日 08時00分 公開
[Don FluckingerTechTarget]

 Amazon Web Services(AWS)は、2023年11月にシンクライアントの「Amazon WorkSpaces Thin Client」を発表した。同製品の登場は、Microsoftなど他ベンダーを含めたシンクライアントおよびノートPC市場の競争を、加熱させる可能性がある。

AWSやMicrosoftの“クラウドPC”で「ノートPC」は不要になるのか?

 Amazon WorkSpaces Thin Clientには、IT部門や企業のエンドユーザーの利用に適している特徴が幾つかある。その一つが、同製品の大きさが幅86ミリ、奥行き86ミリ、高さ77ミリと小型なため、導入と廃棄が簡単である点だ。価格は195ドルで、ノートPCよりも安価に手に入る。アプリケーションやOSの更新、ID管理などはサーバ側で実行でき、端末にデータを保持しないため、ノートPCと比較してセキュリティリスクを小さくできる。

 AWSの新しいシンクライアントは、AWSのアカウントと同社のDaaS(Desktop as a Service)「Amazon WorkSpaces」にひも付けられている。業務にAWSを利用している新興の中小企業にとっては、使いやすいサービスと言える。一方でAmazon WorkSpacesを利用していない企業や、MicrosoftやGoogleが提供する他のDaaSを利用している企業にとっては、導入の負荷が高まる可能性がある。

シンクライアントはノートPCの代わりになるのか

 シンクライアントには、共通して解決が必要な問題がある。シンクライアントはプロセッサの性能が限られているという点だ。AI(人工知能)技術の利用やデータ分析など、大量のデータの入出力を必要とする作業に利用するのは難しい傾向にある。

 シンクライアントが、仕事用のノートPCに完全に取って代わることはあり得るのか。企業の業務に求められる軽さやデータ処理速度の速さ、購入しやすい価格を全て実現したデバイスはまだ登場していないと言える。

 調査会社Forrester Researchのアンドルー・ヒューイット氏は、Microsoftの動向に注目している。「Microsoftは同社のDaaSである『Azure Virtual Desktop』や、Webブラウザで直接動く仮想デスクトップ『Windows 365 Cloud PC』への投資を積極的に進めている」(ヒューイット氏)

 クライアントOSの市場シェアは、Microsoftが優勢だ。しかし同社が手掛けるのは、ノートPC向けのOSだけではない。ヒューイット氏は次のように話す。「Microsoftは『Windows』をモダナイズして、どこからでも利用できるサービスとして提供する試みを進めている」と述べた。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...