絶好調だったSaaS市場に何が? ベンダーが踏み切る“実質的な値上げ”とはSaaSの大幅な値上げが続く理由【後編】

いっときは好調だったSaaS市場に変化が訪れ、値上げが続いている。SaaSの利用料金が上昇する背景には、単なるインフレではない幾つかの要因が関係している。SaaS市場はどうなってしまったのか。

2024年02月29日 05時00分 公開
[John MooreTechTarget]

 クラウドサービス、とりわけSaaS(Software as a Service)の値上げ問題が浮上している。世界的なインフレの中でSaaS価格が上昇することは自然なことだ。だがSaaSのコスト最適化ツールを提供するVertice Technology(以下、Vertice)によると、SaaSの値上げはその他の物価上昇と同じではない。

 SaaSの値上げが続く背景には、実質的な値上げをもたらす“ある要因”を含めた、複数の理由が関係している。いっときは成長著しい分野の一つだと見なされていたSaaS市場に何が起きているのか。

好調だったSaaS市場に何が……SaaS実質値上げの要因

 Vertice Technologyで北米担当のバイスプレジデントを務めるジョエル・ウィンデルス氏によれば、SaaSが値上げになる要因の一つは、SaaSの成長鈍化だ。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)でテレワークの実施が急速に広がった際、SaaSの導入が加速した。だがその動きがいったん落ち着いてから、SaaSベンダー各社の売上高は伸びにくい状況が続いている。

 SaaSベンダー各社は、売上高を増やす手段の一つとして、価格の値上げを実施しているとウィンデルス氏は見ている。物価が上昇する中でSaaSが値上がりすることは自然な流れではあるものの「SaaSは他の分野に比べて値上げのペースが速い」と同氏は指摘する。

 売上高の成長率が鈍化するのは、SaaSベンダーが新規顧客を以前ほどには獲得できていないからだけではない。「SaaSのアカウント数や使用量が減少する分を相殺するために、SaaSベンダーは価格を引き上げている」。SaaS管理ツールを手掛けるProductivで最高情報責任者(CIO)を務めるアーシシュ・チャンダラナ氏はそう語る。

 マクロ経済の悪化も背景にある。「ユーザー企業のCIOはパンデミックの際に導入したクラウドサービスについて、景気の状況に応じて使用量の適正化を図っている」(チャンダラナ氏)

 SaaSベンダーにとっては、支出が増加することも値上げに踏み切らざるを得ない一因だ。特に半導体不足が続く中で、ハードウェアにかかる費用が上昇する傾向にある。「SaaSベンダーがデータセンターにかけるコストは確実に上昇している」(チャンダラナ氏)

値上げのからくり「シュリンクフレーション」

 そうした厳しい事業運営環境に置かれる中で、SaaSベンダーにとって選択肢になっているのは、単純な値上げに限らない。ウィンデルス氏が挙げるのは、クラウドの「シュリンクフレーション」だ。シュリンクフレーションとは、価格は据え置きで、内容がシュリンク(縮小)する経済現象を指す。SaaSの場合、利用料金は変わらないものの、利用できる機能が減ることになる。

 SaaSのシュリンクフレーションには、幾つかの種類がある。その一つが「アンバンドリング」だ。複数の機能やサービスをまとめて提供する「オールインワン」型のサービスから、個々の機能やサービスを切り離して提供する形態に切り替えることを意味する。アンバンドリングをすることで、SaaSベンダーは個別の機能やサービスごとに利用料金を得ることができるため、ユーザー企業1社当たりの売上高を増やすことができる。

 反対に、複数の機能やサービスを1つにまとめて提供する「バンドリング」を実施するSaaSベンダーもある。単一の機能やサービスしか必要としないユーザー企業でも、バンドルされた機能とサービス群の全体を購入することになるため、価格は必要以上に高くなる可能性がある。ウィンデルス氏によると、SaaSのシュリンクフレーションは、2023年にSaaS利用料金の上昇に影響を及ぼした要因の一つだ。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

news202.jpg

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。