Microsoft 365かWindows 365か? その前に「Windows 11」のあれが問題?Microsoftの「365」系サービス【第5回】

Microsoftの各種アプリケーションやWindows 11を利用するための選択肢は多様だ。ニーズに適したプランやライセンスを購入するに当たっては、忘れてはいけない幾つかのポイントを押さえるようにしよう。

2024年01月11日 05時00分 公開
[Gary OlsenTechTarget]

 「Microsoft 365」や「Office 365」や「Windows 365 Cloud PC」(Windows 365)など、Microsoftは名称に「365」を含めた複数のサービスを提供している。それぞれのサービスには、ユーザー企業が必要とする機能やライセンスに応じて複数のプランが用意されている。自組織のニーズに応じてプランを選択できるのはメリットとなる半面、さまざまな選択肢があるだけに、最適なプランがどれなのかを判断するのは容易ではない。

 特にOSとして「Windows 11」の導入を検討するに当たっては、どのプランを選ぶのかという問題に加えて、つまずきがちな点があるので注意を要する。

Microsoft 365かWindows 365かの前に、まず“あの問題”

 Microsoft 365は、オフィススイート「Office 365」を引き継ぐ形で2020年に登場した。ただしOffice 365が完全になくなったわけではない。例えばユーザー数300人以上を対象とする「エンタープライズ」向けのプランにはOffice 365が残っている。基本的にMicrosoft 365は、Office 365のアプリケーションや機能を包含する内容となっている。Windows 365は、MicrosoftがWindowsのOSをサービスとして提供する仮想デスクトップサービスだ。

 Microsoft 365やOffice 365、Windows 365のプランを検討する際、自社のニーズにどれが適するのかを判断するための基本となる検討事項がある。例えば以下の点だ。

  • デスクトップ版が必要なのかモバイル版が必要なのかなど、アプリケーションの利用形態
  • デバイス管理の機能
  • ユーザーグループごとに必要なストレージ容量
  • Windows 11移行の計画
  • セキュリティ機能
  • コラボレーションツール「Microsoft Teams」の機能

 こうした点は、自社の要件を見極める際の基本となる事項だ。検討を詳細に進めると、さまざまな考慮すべき点が出てくる。「Windows 11」の導入計画を含めて購入プランを見極める際、検討過程に次の4ステップを加えると、自社に適したプランを選びやすくなる。

  1. Windows 11のシステム要件
    • Windows 11には厳格なシステム要件があるため、Windows 11への移行計画を立てる際は、現行のデバイスではWindows 11を利用できない場合があることを忘れないようにする。Windows 11への投資を決める前に、まずはデバイスの更改計画を策定することが欠かせない。
  2. ライセンスの選択
    • 個々のライセンスを組み合わせることで、必要な機能だけを追加したり、ユーザーグループごとの基本的なニーズを満たしたりできる。上位プランを購入するよりも、一部については製品や機能ごとに分割して購入した方が有利になる場合がある。
  3. 選定ツールの利用
    • プラン選択の際に便利なのが公式の選定ツールだ。Microsoftは「ビジネスに最適なプランを見つけましょう」というタイトルのWebページで、ユーザー企業が自社に最適なプランを見つけるためのツールを提供している。幾つかの簡単な質問に回答していくと、推奨のプランが提示される。
    • Microsoftが公式Webページで提供している比較チャートは、自社のニーズを満たす製品や機能があるプランを見つけることに役立つ。
  4. Microsoftのパートナー企業に相談
    • Microsoftの製品やサービスについてある程度の知識を得た上で、Microsoftの販売パートナーと接すると内容の濃い話ができる。Microsoftとの協力関係がある経験豊かな販売パートナーと協力することで、導入や運用の仕事が容易になるはずだ。

Windows 11でのライセンスにおけるMicrosoftパートナーの役割

 どのプランを購入したらよいのか、またどのプランでどれくらいのコストがかかるのかといった情報については、Microsoftの販売パートナーがさまざまな情報を提供してくれる。Microsoftの販売パートナーは、Microsoftのライセンスを含めてさまざまな情報に精通する専門家だ。どのプランを選択すべきか、それによってどれくらいのコストがかかるのかをユーザー企業が正確に判断するのは簡単ではない。

 Microsoftの販売パートナーの役割は、ユーザー企業のニーズに最適なライセンスの組み合わせを提案することだ。そうした販売パートナーは、ユーザー企業が複雑なライセンスモデルをうまく選択できるように協力する他、独自のサポートサービスや関連サービスも提供する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news105.jpg

Web担当者を悩ませる「フォーム営業」をブロック 「ヘルプドッグフォーム」に新機能
ノーコードのフォーム作成管理システム「ヘルプドッグフォーム」が「フォーム営業ブロッ...

news070.jpg

Xの「いいね!」非公開化 イーロン・マスク氏の真の狙いは?
Xが「いいね!」を非公開化するアップデートを実施した。狙いの一つは、Xユーザーが他人...

news025.png

「ECプラットフォーム」売れ筋TOP10(2024年6月)
今週は、ECプラットフォーム製品(ECサイト構築ツール)の国内売れ筋TOP10を紹介します。