「クラウド料金が予想外に高い」を防ぐならとにかく"あれ"を徹底すべしFinOps成功の鍵【第4回】

クラウドサービスの利用においてFinOpsが重要だという認識は広がりつつあると考えられるが、ほとんどの企業は具体的な対策を打てていない。企業は何に取り組めばいいのか。

2024年03月14日 05時00分 公開
[Marc Ambasna-JonesTechTarget]

 ほとんどの企業はクラウドサービスの利用料金が想定以上に高くなるまで静観しているだけで、具体的な対策が打てていない。企業はこれからどうすればいいのか。ITインフラサービスプロパイダーのKyndrylのグローバルクラウドプラクティスリーダーであるハリシュ・グラマ氏は以下のようなアドバイスを送る。

クラウド料金を予想外に高くしない方法とは?

  • まずは「どうすればよくできるのか」と自問する文化を醸成する
  • 自社の「FinOps」の成熟度について、現状を把握する
  • 改善すべき点を明確にする。例えば費用を使い過ぎているサービスやその理由を確認する
  • クラウドサービスの運用モデルを定める
  • FinOpsのためのツールを導入し、ベストプラクティスを取り入れる
  • FinOpsについての自社のモデルを定義し、何らかのツールを導入したら、監視と最適化を継続する

 クラウドサービスの利用において、これから欠かせない要素の一つになる可能性があるのがFinOpsだ。FinOpsは「Finance(財務)」と「DevOps」(開発と運用の融合)を組み合わせた造語であり、そのアプローチは、クラウドサービスの利用料金が増大する課題を解消し得るものだ。

 「自社のクラウド環境の要件に応じて、FinOpsを継続的に運用する必要がある。FinOpsを意識付けるため、透明性と可視化に重点を置く。ビジネスを長く続けるためには、FinOps運用という文化の変革を推し進めなければならない」(グラマ氏)

 FinOpsの普及に取り組む非営利団体FinOps Foundationによると、FinOpsを採用することで、IT部門、財務部門、ビジネス部門のリーダーが共通理解を得て、コスト管理プロセスを共有できる。結果、クラウドコストとその配分を共同で管理できるようになる。

 しかし、少なくとも理論上は、FinOpsには意思決定の効率化やクラウドサービスの利用を阻害することなく活性化させるといった、コスト最適化以上のことが可能だ。FinOpsはマインドの状態であり、文化でもある。そしてFinOpsの文化をよりダイナミックに自動化するためのツールは、日々進化している。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...