IT予算は3つの視点で考える 「FinOps」「アジャイル」もう一つは?IT予算の最適な利用を支えるFinOps【後編】

経営層にとってIT予算の計画や管理は課題の一つだ。IT予算の可視化と管理を支援する「FinOps」の専門家が、最適なIT予算の組み立てを考える上で大切なポイントを解説する。

2023年12月06日 08時00分 公開
[Aaron TanTechTarget]

関連キーワード

ERP | CEO | CIO | IT部門 | IT投資


 IT予算の適切な組み立てや再配分の検討は、最高情報責任者(CIO)や最高財務責任者(CFO)といった経営層にとって重要な課題の一つだ。

 IT部門、財務部門、事業部門が連携しながら、クラウドサービスのコスト管理に取り組む「FinOps」(注1)という手法がある。FinOpsの支援ツールを手掛けるApptio(2023年6月にIBMが買収)の、アジア太平洋地域担当カスタマーサクセス部門でバイスプレジデント兼ゼネラルマネジャーを務めるピート・ウィルソン氏によると、IT予算の最適化を考える上で重要なポイントは幾つかある。同氏がIT予算と戦略を考える上で重視するものは。

※注1 FinOpsは「Finance」(財務)と「DevOps」(開発と運用の融合)から生まれた造語。

IT予算の最適化に必要な3つの視点

 ウィルソン氏によると、オーストラリアのある大手小売企業は、クラウドサービスへの大規模な移行作業に際してコストを最適化させるためにFinOpsを導入した。この企業はFinOps支援ツールを稼働させた初日からクラウドサービスの費用を可視化し、支出の正当性や予算配分の検証が可能となった。このことはIT予算のガバナンス強化にもつながった。その結果、同社はさまざまな部門にFinOpsを展開し、全社的なIT予算の最適化に取り組んでいるという。

 IT予算と戦略を考える上で必要なのは、小規模な変更を短期間のうちに繰り返す「アジャイル」の視点だ。必要な工程を段階的に区切って順番に進行する伝統的な「ウオーターフォール」の方法論は、不安定な経済状況やデジタル技術の発展スピードに対しては不向きだ。ウィルソン氏はそう指摘する。

 「どの項目にどの予算を充てるか」「その枠組みは適切なのか」を分析する上で、ウィルソン氏が重視するもう一つのポイントは、制限時間を設け、タスクに優先順位を付ける「タイムボクシング」の考え方だ。

 FinOps、アジャイル、タイムボクシング、この3つの視点を組み合わせる。そうすれば、ある特定の期間中に発生する業務に対して、予算の配分やコストの可視化、その分析を実施することが可能になる。例えば決算期を起点とした2〜4週間という短期間の間に、FinOpsの取り組みを通じて取得したデータを基に分析を繰り返し、IT予算の計画を柔軟に調整するのだ。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(感染症の世界的な流行)の発生やそこから派生したサプライチェーンの問題、インフレなどの要因で、企業は予想外の支出を強いられた。そのような状況がいつ改善するのかを予測するのは難しい。2023年度はIT予算の計画に変化が起きる可能性があるが、悲観的な計画を立てる必要はない。「デジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みを停滞させる必要はない」とウィルソン氏は助言する。IT予算を適切に配分して予算計画の検証を繰り返すことで、IT予算の無駄を省く。その上でDXを継続すれば、企業は成長を続けられる可能性がある。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news025.png

「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2024年3月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news175.png

AI同士が議論して商品開発のアイデア出し 博報堂が「マルチエージェント ブレストAI」の業務活用を開始
専門知識を持ったAI同士が協調して意思決定と企画生成を行う仕組みを活用。最適な結論や...

news172.jpg

デジタルサイネージ一体型自動ドアによる広告配信サービス ナブテスコが提供
ナブテスコがデジタルサイネージ一体型自動ドアを広告メディアとして利用する新サービス...